坂田ヶ池 山野の鳥

2017.01.24.Tue
2017年1月24日

DSCN9951s.jpg

3日後に再び坂田ヶ池に立ち寄りましたが、ミコアイサ(雌)の姿は
見当たりませんでした。やはり抜けてしまったようです。
鳥は一足違いで出合えないことがあり、その日その時の巡り合わせに
よるものと何時も痛感します。




DSC_1091s.jpg

ジョウビタキ(雄)が先日と同じ寒紅梅に来ていました。

  鳥影に はや一幅の寒梅図     コウコ



DSC_1089s.jpg

散歩中の婦人は「冬になると、毎年ここで見かけますよ」と言われ
地元でも楽しみにしている様子です。




DSC_1184s.jpg

寒気と枯色の中で、紅梅が凛と鮮やかな色彩を放っています。




DSC_1179s.jpg




DSC_1205s.jpg

寒紅梅に遅れて咲く白梅は2輪目が開いたところでした。


                ***


DSC_1185s.jpg

まだ蕾の固い隣の梅にやって来たのはツグミです。




DSC_1199s.jpg

カメラを向けていると軽やかに雪が舞い始めました。なんと風花です。
ひとひら一片、風にのって果てしなく広がってゆくようです。

  はなやかに風花舞へり 無音界     コウコ

冬の青空の下、風花はほんのひと時の夢のような情景でした。




DSC_1204s.jpg

ツグミは羽の間に空気を取り込み、身体を膨らまして寒さから身を
守っています。




DSC_1135s.jpg


芝生広場で採餌中のツグミをカメラで追っていると、折よく大きな
ミミズを捕まえました。呑み込むまで2秒の早業です。


DSC_1136s.jpg



                ***

                
 

DSC_1116s.jpg

年が明けてから泉自然公園でルリビタキ(雄)を撮りましたが
坂田ヶ池では3日前にも別の場所で雌と出合いました。



DSCN9943s.jpg

被写体までは遠くて暗く、肉眼ではてっきりジョウビタキの雌と
思ったのですが、画像を明るくするとルリビタキの雌でした。



DSCN9949s.jpg


枝から下に降りて採餌をしている様子です。


DSCN9948s.jpg 


                ***


DSC_1057s.jpg

池を巡る散策路では2日ともメジロとエナガの混群に出合いました。
                      (留鳥  / 漂鳥)


DSC_1035s.jpg 

エナガは細い枝に止まったかと思うと、次に太い幹に移動したりして
採餌に忙しい小鳥です。スズメより小さく尾羽を含んで13cmです。


DSC_1026s.jpg 

尾が長い分、体重はスズメの三分の一程度だそうです。


DSC_1024s.jpg 
以前、初めてエナガの群れに出合った時、あまりにも小さいので
この世にこんな小鳥がいるのだろうかと感動しました。 

                ***

 
DSCN9967s.jpg 
坂田ヶ池に隣接する「房総のむら」に足を踏み入れると、国の史跡に
指定されている龍角寺古墳群・岩屋古墳が現れました。時間が無くて
引き返しましたが、いつの日か是非訪ねたいと思います。

ご覧下さり有り難うございました。[全文表示」
スポンサーサイト

トラックバック