坂田ヶ池の水鳥

2017.01.20.Fri
2017年1月20日

坂田ヶ池(千葉県成田市)を紹介して下さったのは、泉自然公園で
鳥見をしている方でした。
坂田ヶ池の隣には房総のむらもあり、一日中楽しめる公園だそうです。

DSCN9931s.jpg

池には越冬のために数多くの水鳥が飛来していました。




DSCN9900s.jpg

双眼鏡で水鳥をつぶさに見ていると見慣れない一羽がいます。
パンダ模様の雄のミコアイサは何度か撮ったことがあるので
雌ではないかと思いました。     冬鳥(撮影:1 / 11 )




DSC_0929s.jpg

散歩中の地元の方に訊くと「まだ居ましたか!」と言われ、鳥見の方には
「最初は雄も居て、先に抜けてしまい・・」との事でした。




DSC_0951s.jpg


羽繕いの仕草が可愛らしいです。


DSC_0963s.jpg




DSC_0939s.jpg

潜水して魚を捕っていましたが、水面に顔を出すと、人との距離に驚き
慌てて遠ざかって行きました。


                ***



DSC_0990s.jpg

オシドリは泉自然公園(千葉市)と川村記念美術館の池(佐倉市)で
お馴染みですが、坂田ヶ池では対岸に回って撮る事が出来ます。




DSCN9925s.jpg

オシドリ(雄)の若鳥は未見でしたが、初見・初撮りが叶いました。




DSC_0984s.jpg


成鳥には帆のような銀杏羽がありますが、若鳥にはまだありません。


DSCN9957s.jpg




DSCN9915s.jpg      DSCN9916.jpg

表情もあどけない若鳥です。




DSCN9963s.jpg

成鳥と若鳥のツーショットが撮りたくて、チャンス到来を待ちました。


                ***



DSC_1074s.jpg

水鳥の多い坂田ヶ池ですが、目立つのはハシビロガモの群れです。




DSC_1071s.jpg


越冬のために飛来した雌雄のハシビロガモ(右)と雄のコガモ。


DSC_1069s.jpg




DSCN9972s.jpg

潜水上手なカイツブリ  (留鳥 / 漂鳥)




DSC_1104s.jpg

ハクセキレイは何処でも見かけますが、セグロセキレイはあまり
出合うことがない私です。  (留鳥 / 漂鳥)




DSC_1099s.jpg

カメラに気付くと、平均台を思わせる長い板の上を猛スピードで駆け
抜け、飛び去って行きました。


                ***



DSC_1170s.jpg

鳥見をしていると、様々な自然観察をしている方々と出合います。
茸専門のその方は写真を撮り、試食することがあるそうです。




DSC_1163s.jpg

教えて頂いた天然のヒラタケ(径5-15cmの半円形)は肉厚で美味し
そうですが、採取出来ない高い位置に重なって自生していました。


初めての坂田ヶ池でしたが、雌のミコアイサと若鳥のオシドリに
出合い、訪ねた甲斐がありました。
次回は坂田ヶ池の山野の鳥をご報告したいと思います。

ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック