小鳥たち&自然の水場

2016.12.23.Fri
  2016年12月23日

DSCN9074s.jpg

落葉樹のほとんどが裸木になる中、通称「クロジ谷」と呼ばれる
此処のイロハモミジは紅葉をほんの少し残していました。あたり
一面、落葉の絨毯です。




DSC_7714s.jpg


イロハモミジに日が当たると、メジロがひときわ映えます。


DSC_7717s.jpg



               ***


今季は何処もアトリの当たり年で、この日は雑木林から10羽、続いて
20羽と飛び出し、ウォッチャーを驚かせました。

DSC_7609s.jpg

カメラを向けただけで、ファインダー内に数羽は入ってきます。




DSC_7659s.jpg

越冬のためにアトリはシベリア方面から飛来しました。黄褐色に黒と白が
加わった羽色で胸は橙褐色です。(全長16cm・スズメ大・冬鳥)




DSC_7922s.jpg 
左が雄、羽色の薄い右が雌です。




雑木林は前日の雨で、積もった落葉にたっぷり水が溜まっていました。

DSC_7620s.jpg


安全を見計らってアトリが次々に舞い降りて来ました。


DSC_7624s.jpg





DSC_7626s.jpg


水を飲みながら常に周囲を警戒しています。


DSC_7629s.jpg




DSC_7918s.jpg     DSC_7919s.jpg




DSCN9059s.jpg

枝で羽を休めている間、時々ストレッチの仕草も見られました。




DSC_8000s.jpg

やがて群れは隣の木に移動し、一斉に木の実を啄み始めました。




DSC_7998.jpg


太く頑丈な嘴で堅い種子を噛み砕いて食べています。


DSC_8001s.jpg



               ***



DSC_7866s.jpg

その後、水場にやって来たのはメジロたちでした。
(全長12cm・スズメより小さい・留鳥)




DSC_7870s.jpg 

それぞれ水を飲んだり水浴びをしたりと、何時も通り活発です。




DSC_7880s.jpg

目のまわりが白く、パッチリとした目で周囲を警戒しています。




DSC_7820s.jpg

木の枝に移ると身体を精一杯伸ばして採食していました。


               ***


DSC_7902.jpg

小鳥たちは一斉に来て一時去って行きましたが、その合間をぬって
キジバト(別名ヤマバト・33cm・留鳥)が水飲みに来ました。




DSC_7899s.jpg     DSC_7900s.jpg

一瞬目をつぶり、如何にも水が美味しそうな様子でした。

降り積もった落葉に1~2cm位の水位がありますが、水飲みや
水浴びには最適なようです。山野の鳥にとっては、園内の中でも
此処は素晴らしい自然環境かもしれません。


ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック