小春のマリーナ

2016.11.22.Tue

2016年11月22日

ふらっと「夢の島マリーナ」へ自転車を走らせました。
自宅から3㎞余りで要15分、身近に水辺がある地元江東区です。

DSCN8316s.jpg 
春は満開の桜、この時季は桜紅葉を愛でながらマリーナに向かいます。




DSC_4078s.jpg

振り向くと、桜並木ならぬ桜紅葉の景色です。

DSC_3925s.jpg



               ***



DSCN8328s.jpg

この日はふと、マリーナに毎年飛来する冬鳥が見たくなりました。




DSCN8317s.jpg

停泊するヨットやボートの間を泳ぐキンクロハジロ(冬鳥)です。

DSCN8318s.jpg




DSC_3902s.jpg

マリーナを餌場とするカワウ(留鳥)は必ず見かけます。

DSC_3906s.jpg




DSC_3918s.jpg

モーターボートの映り込みがある水面擦れすれに疾走。



DSC_3901s.jpg

映り込みの綺麗な水面をゆくスズガモ(冬鳥・雌)をカメラで追うと
こちらに気づいてか、カメラ目線です。




DSC_3900s.jpg

スズガモの羽繕いを見ていると、他の仲間(下)も痒いかゆいと面白い
仕草を見せました。

DSC_3956s.jpg




DSC_3944s.jpg

オオバン(留鳥 / 漂鳥)も羽繕いです。




DSC_4110s.jpg

こちらは映り込みに見た水面の揺らぎ模様で、自然が創りだす素敵な
アートでした。

DSC_4111s.jpg




DSC_4103s.jpg

カメラを向けると浮き寝の鴨たちに気付かれ、警戒態勢です。




DSC_4101s.jpg

一斉に背を向けられ、距離を置かれてしまいました。
中央に3羽のキンクロハジロ、その他は雌雄のホシハジロ(冬鳥)。




DSC_4090s.jpg

鴨の群れの端っこに赤い虹彩のハジロカイツブリ(冬鳥)もいました。




DSCN8193s.jpg

手すりにちょっと止まったイソヒヨドリ(留鳥・雌)です。磯の名が
付くだけに海岸でよく見かけますが、青い羽の雄とは最近出合って
いません。




DSC_3935s.jpg

頭に耳羽のあるミミズク?と思いきや、なんと置物でした。
ファインダーを覗きながら、顔がほころんでしまう一瞬です。


                ***



DSC_4074s.jpg

お隣「夢の島熱帯植物館」へ向かう途中、このまま成虫で越冬する
青紫色のムラサキシジミが、枯れかけた葛の葉に止まっていました。




DSC_4009s.jpg

植物館の庭では、蕾をつけた星形のブルーの花が咲き始めています。

DSC_4013s.jpg



身近に自然とふれ合える水辺には何時もささやかな出合いがあります。
夫の荒川散歩の日々等、互いに水辺での出合いの話題が多いこの頃です。


ご覧下さり有り難うございました。

スポンサーサイト

トラックバック