カワセミの捕食

2016.10.28.Fri
 2016年10月28日

DSC_4027s.jpg

東京都内にはカワセミを見ることが出来る池が何ヵ所もあり、撮影
ポイントにはカメラマンやバードウォッチャーが集まっています。




DSC_4072s.jpg

三脚を立て一斉にカメラを向ける先にカワセミがいました。
水面を見つめて獲物を狙っています。




DSC_4063s.jpg




DSC_4103s.jpg

あっという間にのダイブには追いつけず、次の瞬間には小魚を咥えた
カワセミが同じ場所に戻っていました。




DSC_5858s.jpg

一ヵ月後、カエデが紅葉する頃には再び訪れてみたいと思います。


               ***


カワセミが一時姿を消したのは第一回(1964年)東京オリンピック
の開催で東京が大改造され、自然環境が破壊されたと考えられてい
るそうです。1970年代には行き過ぎた環境破壊にブレーキがかかり
少しずつ改善され、1990年代には東京全域で繁殖が記録され復活し
たそうです。     (「ユリカモメ」日本野鳥の会東京 2015年9月号)


マイフィールドではカワセミをよく見かけますが、一連の捕食行動
のシーンは難しくなかなか撮れません。

DSC_6657s.jpg


猛スピードで止まり木を目指し、てっぺんの着地点を外さずにピタリと
決めたカワセミ君です。


DSC_6658s.jpg




DSC_6661s.jpg

澄んだ秋空に目をやり、狩りへの意気込みを感じさせます。




DSC_6582s.jpg     DSC_6585s.jpg

魚影を狙い一直線に飛び出したかと思うと、小魚を咥えていました。
ダイブのシーンは外してしまいました。

DSC_6586s.jpg    DSC_6587s.jpg






DSC_6581s.jpg    DSC_6461s.jpg

止まり木から弾みをつけて飛び上がり、水中にダイブしたものの
獲物は取り逃がしてしまったようです。

DSC_6546s.jpg   DSC_6462s.jpg

一旦、止まり木に戻ったカワセミですが気分転換に水面すれすれに
池の中を移動です。



               ***




DSC_6466s.jpg

こちらは気の強そうなカワセミ嬢です。




DSC_6467s.jpg

止まり木から飛び出しました。




DSC_6492s.jpg

後ろ姿のコバルトブルーが美しいです。
今回はダイブして獲物を捕ることが出来ました。




DSC_6476s.jpg


小魚を一瞬に呑み込みました。


DSC_6477s.jpg




DSC_6884s.jpg

捕食行動は1時間ほど続き、満腹になると木立の中に消えてしまい
ました。


                 *



DSC_1719s.jpg

カワセミが水面から飛び出した一瞬です。
捕えたのは小魚ではなくて水草のようでした。カワセミも獲り損ねること
がありますが、渾身の狩りの意欲には励まされる思いでした。


ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック