彼岸花の咲く頃

2016.09.30.Fri
2016年9月30日

DSCN5247s.jpg

葛西臨海公園ではあちこちで彼岸花(曼珠沙華)に出合います。




DSCN5252s.jpg


赤、黄、白の鮮やかな彼岸花の植え込み。


DSCN5260s.jpg

秋のお彼岸の頃に咲くので、彼岸花と名付けられたと言われています。
彼岸花が開花し始めると、いよいよ秋の旅鳥が渡来するのではないか
とワクワクします。


              ***


秋の渡りは、夏に北の国で繁殖した鳥たちが南の国に渡り越冬します。

DSCN5272s.jpg


エゾビタキ(蝦夷鶲・全長15cm、旅鳥)が昆虫を捕食しては
お気に入りの枝に戻ることを繰り返していました。


DSCN5274s.jpg




DSCN5190s.jpg

キビタキの雌(黄鶲・延長13~14cm、旅鳥)
雄はチラと姿を見せただけで、林の奥に引っ込んでしまいました。




DSCN5872s.jpg


後日、同じ場所で待望の雄に出合いました。林の中をすばしっこく動き
回るキビタキを追いながら、やっと初撮りが叶った雄でした。


DSCN5866s.jpg

キビタキは夏鳥として山間部で繁殖し、秋の渡りの時期になると平地
に下り、冬は南の国へ渡って越冬します。


                *



DSCN5723s.jpg

モズ(鵙・全長19~20cm、留鳥又は漂鳥)公園で甲高い高鳴きを
耳にすると秋が巡ってきたと実感します。モズは一望できる高い木
の梢が好きです。(ウォッチングセンター2Fにて)




DSCN5720s.jpg    DSCN5713s.jpg

         目を通る筋状の過眼線が黒くて太い雄。




DSCN5314s.jpg

東なぎさでは留鳥のアオサギやカワウの中に、足がピンク色の冬鳥
セグロカモメ(又はオオセグロカモメ)が渡来していました。


               ***


9月は台風と秋雨による天候不順で晴れた日は僅かでした。
梅雨を思わせるような日々の中、晴れ間に出合った珍しい茸です。

DSCN5241s.jpg


ホウキタケの仲間でしょうか、純白でした。


DSCN5242s.jpg




DSCN5285s.jpg

メルヘンの小径を想わせるような可愛いピンク色の茸の登場です。


               ***


9月の水鳥は親と一緒の幼鳥もいれば、独り立ちした若鳥も見かけます。

DSCN5405s.jpg

ササゴイ(笹五位・全長40~52cm、夏鳥)
夏鳥として渡来して繁殖した今年生まれの若鳥です。




DSCN5399s.jpg

ヨシゴイ(葦五位・全長31~38cm、夏鳥)
名前の由来は葦原に生息するからだそうで、まさに葦の茎の
間で捕食のチャンスを狙っていました。




DSCN5639s.jpg


上の池の杭に止まったゴイサギ(五位鷺・全長58~65cm、留鳥)の
親子。幼鳥は黄褐色の斑点を星に見立て、ホシゴイの別名があります。


DSCN5644s.jpg 




DSCN5435s.jpg


擬岩の観察窓ではバン(鷭・体長35cm、夏鳥又は留鳥)の成鳥を
何度か見ましたが親子連れは初見でした。


DSCN5434s.jpg




DSCN5752s.jpg

上の池では今年、一組のカイツブリ夫婦が4回も抱卵をしてバード
ウォッチャーを驚かせました。雛の頭や首には縞模様がありましたが
無事に成長した右の幼鳥(嘴が黄色)を見ることが出来ました。

彼岸花の咲く9月は秋の渡りの旅鳥が渡来し始め、モズが高鳴きし
今年生まれの幼鳥たちの成長ぶりを見ることが出来ました。


ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック