夢の島熱帯植物館

2013.02.03.Sun
2013年2月3日

鬼やらい時には鬼に慿かれたし     コウコ
             (今日は節分)

ここ数年、マンゴーの苗木を取り寄せ育てていますが、冬越しが
うまくいきません。
江東区内に「夢の島熱帯植物館」があるので夫と訪ねてみました。

熱帯館のドームが見える花畑には寒の菜の花が見ごろで、手前に
「越冬実験中」のパパイヤを3本見掛けました。

DSCN0457 (480x640)
熱帯植物館なので、毎年路地に熱帯のモノを植えるそうですが、
植え替えるのが勿体ないので、地植えのまま越冬を試みたそうです


受付でマンゴーの件を話したら職員の方が応対して下さいました。
大温室には地植えの大きなマンゴーがありますが、実がつかない
そうです。鉢植えのマンゴーはバックヤードにあるので見られませ
んが、実がついたら公開するそうです。(ウルシ科なので接触をさけるため)
冬越しのマンゴーの失敗例としては、室内のビニールハウスでは枠
が小さいため、温度と湿度の管理が難しいとのことでした。
バックヤードの2棟は繋がっているので、急激に温度と湿度が低く
なることはないそうです。
我家のマンゴーは湿度不足が原因でした。

DSCN0505 (640x480)
植物館正面のパンジーの壁

DSCN0504 (640x480)

大温室は熱帯植物の森林で、その自然な眺めは小旅行
の気分です。

DSCN0471 (640x480)

DSCN0489 (480x640)

緑のグラデーションに滝音が響き、
見ごろの花々と果実の芳香がただよい、
話し声が洞窟を感じさせる箇所もあって、
五感で楽しむことが出来ます。

見ごろの熱帯植物

DSCN0473 (640x480)
カカオの実

DSCN0460 (640x480)
スターフルーツ

DSCN0487 (480x640)
ウナズキヒメフヨウ (ハワイではレイの材料に)

DSCN0484 (640x480)
ドンベヤ・ウオリッキー アオギリ科

食虫植物室

食虫植物は葉などで虫を捕えて消化し養分とします。蛋白質しか吸収
しないので、カルシュームのカスが残るそうです。
自然界では根がほとんど無く、蛋白質を取ったモノだけが繁殖し、他
の植物が入って来ると遣られてしまうそうです。
競争相手が無い時のみ生存できる植物とか・・・。

DSCN0478 (640x480)

DSCN0475 (480x640)
ムシトリスミレ 葉を広げ、粘液と消化液を出す
2種類の毛で役割分担をし、補虫消化します


帰りは希望者にと、幸いにも残っていたコチョウラン2株を頂きました。

DSCN0531 (640x416)

帰宅してから、再度マンゴーを育てることに決め、奄美大島から
苗木2本を送って頂くことにしました。

我家の越冬植物たち

DSCN0532 (480x640)
ドラゴンフルーツ 6月~10月頃の夕方から月下美人に似た花を咲かせます

DSCN0525 (640x480)
パッションフルーツ(果物時計草)は夏場に差し芽をし、鉢植えで越冬
させて、暖かくなったら地植えにします


PICT0075 (640x599)
 盛夏のパッションフルーツ(昨年の地植え)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック