夏の花&オシドリ

2016.07.12.Tue
2016年7月12日

DSCN2936_convert_20160712161007.jpg

梅雨の晴れ間に川村記念美術館(千葉県佐倉市)の庭園を訪れました。
4~5月のお花見には多くの人出でしたが7月は静かで、蝉声に夏鶯の
さえずりが園内に響いています。




DSCN2878_convert_20160712154724.jpg

庭園の池の蓮は身近に見ることが出来るので花の見頃を楽しみました。




DSC_8920_convert_20160712161122.jpg


淡いピンク色の大きな花びら、花托を取り巻く蕊、そして葉っぱなど
蓮の花は大らかで見ていると心が和みます。


DSC_8918_convert_20160712161212.jpg




DSC_8931_convert_20160712161303.jpg

ピンクの蓮の花、そして水連の池に目を移せば眩しいほどの純白さで
あらためて涼やかな水生植物に魅了されました。




DSC_8926_convert_20160712161407.jpg

水連の池には真っ赤なショウジョウトンボ(猩々蜻蛉)が数匹飛び
回っています。




DSC_8939_convert_20160712161505.jpg


成熟したオスだそうで、顔も脚も真っ赤です。(体長41~53mm)


DSC_8928_convert_20160712161552.jpg



                *



DSC_8876_convert_20160712161745.jpg

木漏れ日に咲く山百合は楚々とした美しさがある一方、誇り高き森の
女王といった風貌です。




DSC_8866_convert_20160712161937.jpg


黒揚羽は花から花へと慌ただしく巡ってじっとしていません。
追いかける暇もなく森の中へ消えて行きました。

DSC_8868_convert_20160712162110.jpg

山百合の清々しい芳香に包まれ、その場にしばし佇んでいました。


               *


DSC_8962_convert_20160712162345.jpg

山紫陽花は終わり、西洋紫陽花もピークは過ぎていたものの木立が
あるためか花期が長いようです。


               ***



オシドリが気になり、望遠で探すと居残ったグループがいました。
かなり遠くて画像が荒れていますがご容赦下さい。

DSCN2892_convert_20160712154847.jpg

冬は70羽も見られましたが、今は10羽ほどが仲良く一ヵ所にかた
まっています。北海道から九州までが繁殖地だそうで、他の大多数は
何処かに移動したのでしょう。ちなみに飼育はしていないそうですが
ドングリ以外の食べ物があるのかもしれません。




DSCN2902_convert_20160712155307.jpg

庭園で飼われているコブハクチョウが、池に下りたオシドリを見つめ
ています。




DSCN2904_convert_20160712155535.jpg




DSCN2905_convert_20160712155701.jpg

コブハクチョウ(全長125~155cm)は自分より極々小さいオシドリ
(全長45cm)を慈しんでいるかのようです。




DSCN2910_convert_20160712155852.jpg

しばらく泳いで岸に戻ってきました。




DSCN2912_convert_20160712160321.jpg


ヨイショと一息で上がると羽繕いです。


DSCN2918_convert_20160712160026.jpg




DSCN2897_convert_20160712155142.jpg

オシドリは座ったり、欠伸したり、昼寝をしたりと寛ぎ方は
様々です。




DSCN2929_convert_20160712160550.jpg




DSCN2959_convert_20160712160832.jpg

上下の2羽ですが、それぞれ左側の紅色の嘴がオスです。
それにしても色鮮やかだったオスが、地味なメスと区別が出来ない
ほどの変わりようでした。




         DSC_0962_convert_20160712154524.jpg   

          繁殖期の美しい羽に戻る冬に、再び
         オシドリに逢いに行きたいと思います。



最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック