鳰の浮巣

2016.06.30.Thu
2016年6月30日

DSCN2476_convert_20160630123405.jpg

ここは葛西臨海公園の海側の上の池です。冬はカモたちで賑わいました。
葦原の手前中央に鳰(カイツブリ)の浮巣があります。




DSCN2646_convert_20160630130348.jpg


ペアの最初の浮巣は葦原の奥に作り、これは2番目の新居です。
育ち盛りの2番子の育児と3回目の抱卵の最中だそうで、なんとも
アッパレな多産夫婦です。


DSCN2397_convert_20160630123128.jpg




DSCN2531_convert_20160630124421.jpg

抱卵と育児を抱える忙しいペアと、食欲旺盛な子どもたちの
いのち輝く家族にしばし見惚れてしまいました。




DSCN2536_convert_20160630124740.jpg


餌をねだる子に、水中に潜っては次々に与え続けます。


DSCN2629_convert_20160630131407.jpg




DSCN2533_convert_20160630124632.jpg

子どもは大きな餌を何度も水中に落としましたが、その度に親は
咥え直して与えます。




DSCN2685_convert_20160630131250.jpg




DSCN2468_convert_20160630123023.jpg 

アシに囲まれた池はシオカラトンボが群れで飛び回り
ウシガエルのドスの効いた声が響き渡っていました。



                ***



ウオッチングセンタ前の上の池にもカイツブリの浮巣があります。

DSCN2659_convert_20160630130735.jpg


この浮巣は風雨に流されましたが、目下修繕に専念しています。
浮巣には4個の卵があり、ペアは抱卵と浮巣作りに全力投球です。


DSC_8809_convert_20160630131622.jpg




DSC_8791_convert_20160630131531.jpg 

アシや水草をせっせと運んでいますが、傍らの卵から目を離さず
ちゃんと見守っています。


DSCN2568_convert_20160630124902.jpg




DSCN2672_convert_20160630125258.jpg


卵の天地返しでしょうか、丁寧に転がしていました。


DSCN2673_convert_20160630130928.jpg




やれやれと一息ついて再び抱卵です。

DSCN2675_convert_20160630131119.jpg




DSCN2671_convert_20160630125142.jpg


しばらくは横から卵が見えていましたが、やがてすっぽりと大事に抱き
かかえました。


DSCN2656_convert_20160630130543.jpg


カイツブリは抱卵と子育ての真最中で、ペアの渾身の姿には心を
打たれました。無事に元気に育ってほしいものです。


ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック