紫陽花の咲く頃

2016.06.11.Sat
2016年6月11日

梅雨の晴れ間は待ちに待った絶好の鳥見日和です。

DSCN1692_convert_20160611175011.jpg

荒川左岸を自転車で走り抜け、河口で道なりに左折すると葛西臨海公園
です。すると軽快なヒバリの囀りで迎えられ、それに誘われるかのよう
に海浜公園の西なぎさにやって来ました。
ヒバリの囀りに見上げてはみたものの姿はなく、空の青の中に溺れてし
まったのでしょうか。

   蒼天の深みに溺れ揚げひばり     コウコ




DSCN1646_convert_20160611171402.jpg

暫くして天上から降って来たヒバリを目がけてシャッターを押しました。




DSCN1647_convert_20160611174633.jpg


最初は冠羽を立てていたヒバリですが落ち着いたのでしょうか、冠羽を
寝かせてリラックスしています。(全長17cm、留鳥)


DSCN1649_convert_20160611171923.jpg




カラーコーンのロープの中はコアジサシのコロニーになっていました。

DSCN1694_convert_20160611174812.jpg

絶滅危惧種のコアジサシの営巣を助けようと
沢山のデコイ(模型)が置かれていました。




DSCN1662_convert_20160611175807.jpg

コアジサシのコロニーに入って羽繕いを始めたヒバリです。




DSCN1676_convert_20160611180009.jpg


かなり遠いのですが、気付かれたのでしょうか。


DSCN1678_convert_20160611183330.jpg

念願のヒバリを撮ったところで、渚橋を渡り臨海公園へ移動です。



               ***



紫陽花が見頃で、この先の下ノ池の観察窓へ自転車を走らせます。

DSCN1716_convert_20160611181334.jpg




DSCN1719_convert_20160611181509.jpg

池に着くと、ゴイサギが今まさに獲物を狙っていました。
(全長58~65cm、留鳥)




DSCN1727_convert_20160611181602.jpg

その場で我慢強く粘るゴイサギが、やっと射止めた獲物です。




DSCN1728_convert_20160611181648.jpg

カメラの方へ向きを変えて小魚を見せてくれました。




DSCN1746_convert_20160611181918.jpg


一方、コチドリはちょこちょこ動き回っての餌探しです。
カニと出合っても互いに無関心です。(全長16cm、夏鳥)


DSCN1747_convert_20160611182012.jpg




 DSCN1743_convert_20160611182112.jpg

コチドリの感でしょうか、嘴を差し込ん
でゴカイを引っ張り出して食べました。





DSCN1748_convert_20160611182206.jpg

彼らの捕食は、観察していて共に嬉しいシーンです。


                *



DSCN1773_convert_20160611182328.jpg

園内の所々で紫陽花を見ますが、この上の高台はバーベキュー広場で
何時も若者たちで大賑わいです。




DSCN1775_convert_20160611182456.jpg

少年たちの姿を見かけると、いよいよ彼らの夏がやって来たと懐かしい
思いに駆られます。




          DSCN1797_convert_20160611182544.jpg


ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック