バラの風に吹かれて

2016.06.05.Sun
2016年6月5日

DSC_6784_convert_20160604135357.jpg

谷津バラ園(千葉県習志野市)の周辺はマンションが建ち並び、バラ園に
一歩入ると多彩で香しいバラたちに圧倒されます。




ここのお気に入りは長さ50mのバラのトンネル。

DSCN0985_convert_20160604134535.jpg




DSCN0989_convert_20160604135211.jpg

初夏の陽光を浴びて赤、黄、ピンク、橙など色彩豊かに輝く蔓バラたち。




DSCN0988_convert_20160604134001.jpg

薫風の中、バラの花びらが降り注ぎ、足元に敷き詰められた花びら~。
バラの香に包まれた華やかな空間にしばし酔いしれていました。


                *


次なるお目当てはピエール・ドゥ・ロンサール。

DSC_7033_convert_20160604135456.jpg

好みは花弁が多いカツプ咲きで、当初ピエールの登場には目を見張り
ました。白からピンクのグラデーションと柔和な美貌に一目惚れです。



DSCN0978_convert_20160604134138.jpg


ピエールを撮っていると前方から、バラの花びらをひろい集める少女が
にこやかに飛び出して来ました。



        DSCN0979_convert_20160604134331.jpg



                  *



ミスターローズと呼ばれた鈴木省三コーナーがあります。

DSCN0834_convert_20160604134759.jpg




DSC_6997_convert_20160604135627.jpg

世界的なバラの育種家で作出のバラが集められていました。




DSCN0949_convert_20160604133824.jpg

金婚式に晴世夫人に贈られた淡いピンクの「晴世」に惹かれました。


                *


貴重な品種の中にアンネのバラ(スヴニール・ドゥ・アンネ)があります。

DSC_6976_convert_20160604135832.jpg




DSC_6986_convert_20160604135938.jpg

「アンネの日記」で知られる少女アンネ・フランクゆかりのバラで
目を引くのはオレンジ色から微妙に変化する色合いです。




DSC_6962_convert_20160604140046.jpg

切り花としても、若い女性に人気の茶色のバラ「カフェラテ」




DSC_6940_convert_20160604140205.jpg

ブラックローズコーナーでは代表的な黒バラの「パパメイアン」が
ビロード状の美しい光沢を見せています。




DSC_6991_convert_20160604140254.jpg





DSC_6911_convert_20160604140520.jpg

黄色ががったオレンジ色の「ソレイユビール」
野生種と現代バラの橋渡しをした記念碑的なバラだそうです。




DSCN0840_convert_20160604135028.jpg

ローズガーデンにはいくつもの白い女性の塑像が置かれていました。




DSC_6772_convert_20160604140744.jpg

長さ60mの大パーゴラは高台にあり、石柱の間からバラ園が一望出来
ます。バラのトンネル同様にベンチが置かれ、バラの風に吹かれながら
の休憩も贅沢なひと時でした。




            DSC_6811_convert_20160604140834.jpg



ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック