里見公園のバラ&じゅん菜池

2016.05.25.Wed
2016年5月25日

DSCN0890_convert_20160524161813.jpg

里見公園(千葉県市川市)は街の中の身近な公園で、この時季の日常の
散歩には贅沢なローズガーデンです。




DSCN0923_convert_20160524162908.jpg

噴水の女性像を中心に銘花のバラたちが囲んでいます。一重咲きの
赤いつるバラは私が若き日に魅了された女優ロミー・シュナイダーに
捧げられたカクテルだと初めて知りました。
木々の新緑が日の光に輝く中、ひときわ美しいカクテルでした。




DSCN0895_convert_20160524162104.jpg

黄色から赤色に変化する色変わりのチャールストン。




DSCN0904_convert_20160524162458.jpg


花棚に零れんばかりのスパニッシュ・ビューティー。


DSCN0913_convert_20160524162608.jpg





DSCN0899_convert_20160524162229.jpg

黄色の房咲きのつるバラで人気のツル・ゴールドバニー。
このバラも前述のスパニッシュ・ビューティーもトゲが少ない品種
なので、その点を考慮して通路に植栽されたのかもしれません。




DSCN0892_convert_20160524161942.jpg

脇役のミニバラも目を引きます。




DSCN0917_convert_20160524162733.jpg

ピンク色系のバラが好きですがサーモンピンクも綺麗です。




DSCN0929_convert_20160524163143.jpg

訪れた時はまだ満開に至らず、これらは早咲きのバラたちでした。



               ***



何時も通り1km離れた隣のじゅん菜池にも寄ってみました。

DSCN0860_convert_20160524113532.jpg

予想していた通り池は見事にもぬけの殻で、黄菖蒲のみの景観です。
カモなどの水鳥たちで賑わったじゅん菜池ですが、繁殖地のシベリア
など北の国へ旅立ちました。
数千キロの旅を想うと、どうか無事に帰ってほしいと祈るばかりです。

   原発の荒野の空や 鳥帰る     コウコ




DSCN0872_convert_20160524160524.jpg

軽いドラミングの音につられて見上げると、コゲラが虫を捕食した
ところでした。




DSCN0861_convert_20160524160301.jpg

地上ではムクドリが営巣の素材を集めています。


                *


せっかく立ち寄ったじゅん菜池なので、何かないかと探していた
ところ、外来種のアカボシゴマダラに出合いました。

DSCN0880_convert_20160524161015.jpg

路上吸水に舞い降りた翅には赤班がないので、これは春型でした。
(左の翅の幅が広い方がメス)




DSCN0879_convert_20160524160834.jpg


オスはチャンスとばかりメスに接近して翅を掴みました。


DSCN0882_convert_20160524161135.jpg




DSCN0881_convert_20160524161220.jpg





DSCN0884_convert_20160524161323.jpg




DSCN0886_convert_20160524161627.jpg

遊歩道のど真ん中でしたが、歩行者が来ると少し移動しながらも
求愛行動は2分ほど。




            DSCN0876_convert_20160524160602.jpg

            風薫る5月のコンデジ散歩でした~♪


ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック