潮干狩

2016.05.13.Fri
2016年5月13日

DSCN0742_convert_20160513173803.jpg

大型連休の葛西臨海公園と海浜公園は大変な人出でした。




DSCN0763_convert_20160513173505.jpg

東京ゲートブリッジと風車を背景に、ボートやヨットが走りぬけて
行きます。




DSCN0776_convert_20160513173359.jpg


海浜公園の西なぎさは潮干狩の子ども連れで溢れんばかりです。


DSCN0784_convert_20160513174109.jpg





DSC_7649_convert_20160513172852.jpg


海岸の砂地の一か所に浜昼顔の群生を見かけました。


DSC_7640_convert_20160513172346.jpg


淡い紅色の浜昼顔にハチたちが来ていました。


DSC_7644_convert_20160513172531.jpg



                *



DSC_6755_convert_20160513171829.jpg


高々と飛んで囀るヒバリを撮るのは難しくて諦めていましたが、砂浜に
降り立つのを偶然に目撃し、見える所まで駆け付けて撮りました。
(全長17cm、留鳥、スズメより大きい)


DSC_6758_convert_20160513171907.jpg




潮干狩で賑わう西なぎさでは水鳥がなかなか見当たりません。

DSC_7599_convert_20160513172231.jpg

双眼鏡で東なぎさを見ると被写体まではかなり遠いのですが
ここに全てが集まっている様子です。



              ***




DSC_7604_convert_20160513172142.jpg

夏鳥として繁殖のために日本に渡って来たコアジサシは婚活中で
忙しく、獲物を咥えて飛んで行きました。
(全長17cm、ヒヨドリと同大)




DSC_7572_convert_20160513172051.jpg

杭の上で休憩中のコアジサシはオレンジ色の足でカキカキしたり
羽繕いに勤しんでいます。一方メスにはオスが咥えて来た小魚を
プレゼントしたりします。




DSC_7872_convert_20160513173058.jpg

海上でコアジサシのディスプレイを見かけました。
カメラで遠くの2羽を追い駆け、トリミングしてどうにか
求愛給餌らしいシーンを捉えることが出来ました。
このペアには西なぎさの保護区で営巣してほしいものです。



                *



西なぎさを後にして海側の上の池に来ると、一見何も見当たりません。

DSC_7333_convert_20160513171427.jpg


双眼鏡でつぶさに見渡すと、葦原にツバメが来ていました。


DSC_7337_convert_20160513171506.jpg




DSC_7363_convert_20160513171539.jpg

休息中でも一旦羽繕いに取りかかると、丹念で感心させられます。



                *



DSCN0726_convert_20160513171254.jpg

葛西海浜公園の海水浴は昨年から顔付け(海面に顔をつける)が
解禁され、東京の海が戻ってきました。
昨年の海開きは7月18日(土)でした。

近場の葛西臨海公園はマイフィールドとして四季折々の自然
観察が出来き、晩年の楽しみの一つになりました。
スポンサーサイト

トラックバック