婚姻色

2016.05.01.Sun
2016年5月1日

葛西臨海公園から見える三角形の「風の塔」です。

DSC_6354_convert_20160501212724.jpg

沖合は春霞で見えにくいのですが、雨後の快晴とあって三角の輪郭が
がハッキリしています。カメラを向けるとストライプ柄であることが
分かりました。東京湾アクアラインの換気口でした。




DSCN0649_convert_20160501212451.jpg

園内ではパークトレン「なのはな号」とロードバイクに出合います。
荒川に整備された荒川自転車道を走って、ロードバイクで公園を訪れる
方々です。

        
                *


鳥類園に来ると、水鳥は繁殖期に入り綺麗な婚姻色になっていました。

DSC_7243_convert_20160501213624.jpg

上の池の海側では中央にアオサギが佇んでいます。ここは越冬中の
ホシハジロで賑わった池でした。




DSC_7241_convert_20160501213715.jpg

アオサギの嘴は根元から先端にかけてグラデーションがかかり
目元は青紫色を帯びています。
つがい形成期のみに見られる婚姻色だそうです。




DSC_6856_convert_20160501214050.jpg


ダイサギの婚姻色は嘴が黒く目先は緑青色になっています。
1週間前に見た別の個体の嘴は黒いものの目先は黄色でした。


DSC_6132_convert_20160501212954.jpg




DSC_7147_convert_20160501213804.jpg 

コサギは前に取り上げたので重複しますが、この個体も目元が
ピンクの婚姻色です。



               ***



DSC_6868_convert_20160501214129.jpg

下の池の擬岩の観察窓を覗いているとヘラサギが降りて来ました。
へラサギとクロツラヘラサギは西なぎさで見てきたばかりなので
別の個体と思われます。




DSC_6866_convert_20160501213147.jpg

続いてダイサギも降りて来ました。




DSC_6872_convert_20160501213242.jpg

ヘラサギが来たので、園内の仲間同士が携帯で連絡し合っていましたが
ほんの5分程度しか居ませんでした。

西なぎさで食事するヘラサギとクロツラヘラサギの2種は何時も一緒
です。珍しいツーショットが撮れるのでウォッチャーには大人気です。

先日、この異種間のディスプレイの写真を現場で見せて頂きました。
羽繕いをしてあげたり、長い嘴を交叉したりと求愛行動そのものです。
ひとりぽっちの寂しい同士、お互いに頼り合っているのかもしれません。


                *



DSC_7293_convert_20160501214856.jpg

 
葦の中で暫く佇んでいたチュウシャクシギがようやく姿を現しました。
今季初撮りです。(体長約42cm 旅鳥として春と秋に飛来)


DSC_7297_convert_20160501215016.jpg 



           DSC_6853_convert_20160501213411.jpg


水鳥のシギ・チドリと山野の鳥キビタキ、センダイムシクイ、
オオルリなども見られるGWが始まりました。


ご覧下さり有り難うございました。[全文表示]
スポンサーサイト

トラックバック