晩春の山野

2016.04.26.Tue
2016年4月26日

DSCN0684_convert_20160425193230.jpg


鹿野山九十九谷展望台公園(千葉県君津市)では、上総丘陵の山並が
幾重にも連なる景観を一望できます。


DSCN0687_convert_20160425193105.jpg




DSC_6608_convert_20160425192941.jpg

九十九谷を眼下に翼を広げて悠然と舞うトビ。




DSCN0696_convert_20160425192556.jpg

九十九谷展望広場には、落葉樹に寄生する常緑のヤドリギがあり
径50cm前後の丸い塊がたくさん付いています。ヤドリギと
言えばレンジャクで、淡黄色の実を啄む姿を撮りたいものです。



DSC_6621_convert_20160425192818.jpg





DSC_6632_convert_20160425192442.jpg

広場の八重桜は満開でした。昔は多くの桜があり一旦絶えた
そうです。まだ若い木ですが華やかに咲き誇っていました。




DSC_6636_convert_20160425192257.jpg



                *



DSCN0708_convert_20160425191448.jpg

鹿野山神野寺の枝垂れ桜はとうに満開を過ぎて葉桜の様相です。
春が過ぎ去ってゆく名残惜しさを覚えながら暫く佇んでいました。




DSC_6699_convert_20160425220710.jpg


お寺さんの近くで見た自生のクマガイソウです。花の形が熊谷直実の
背中の母衣に見立てて、この名前があるそうです。


DSC_6697_convert_20160425190029.jpg

この山野草は絶滅危惧種で田舎でもあまり見かけなくなりました。
山地の湿った樹下を好むので移植が難しく、我が家では数年続け
て芽が出たものの、一度も花を見ることなく絶えてしまいました。




DSC_6707_convert_20160425185707.jpg


鹿野山の古道を下りる途中、ホオジロが枝に止まったところを
咄嗟にシャッターを押しました。嬉しい初撮りです。


DSC_6706_convert_20160425185812.jpg



               ***



DSC_6532_convert_20160425185501.jpg

田園が若葉に染まると夏が近いことを実感します。
心地よいせせらぎに誘われて小川に近づいてみると、羽化したばかりの
トンボが羽を休めていました。




DSC_6529_convert_20160425185306.jpg

シオヤマトンボ:♀




DSC_6535_convert_20160425185220.jpg

ニホンカワトンボ(オオカワトンボ):♂ 橙色の羽が魅力的です。
新緑の水辺で、色とりどりのトンボが盛んに飛び交うのも間近です。




      モズが藪から不意に飛び出して来ました。


          DSC_6370_convert_20160425185134.jpg

      秋は高音のモズ、冬はモズの捕食や贄を見て来ました。
      私のフィールドは都内ですが、繁殖期に入りとんと
      姿が見えなくなりました。



ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック