桜&オシドリ

2016.04.21.Thu
2016年4月21日

DSC_5597_convert_20160421111336.jpg

1ヵ月振りに訪れた先週の川村記念美術館です。庭園のなかにある
白鳥湖の桜と、桜の中のオシドリを想い描きながらやって来ました。




DSC_5672_convert_20160421103411.jpg

木陰の好きなオシドリは若葉の下で寛ぎ、はらはらと散る桜の花びらが
何とも言えない情景を醸し出していました。




DSC_5603_convert_20160421105027.jpg


3月には70羽いたオシドリがこの地を離れ、今は20羽程度で
しょうか。オシドリに混じってカワウとカルガモが遊びに来ています。


DSC_5614_convert_20160421105142.jpg




DSC_5606_convert_20160421105354.jpg




DSCN0572_convert_20160421102839.jpg

シナガチョウは2月の恋の季節に、水陸を活発に動き回っていましたが
先月も今月も、木陰でお休みモードを決め込んでいます。


                *


DSCN0580_convert_20160421102952.jpg

桜並木の奥は森林で、山野草を見に人の出入りが目に付きます。




DSC_5687_convert_20160421105445.jpg

遅れて来た来園者を慰めるかのように、可憐なカタクリの花が
一輪だけ咲き残っていました。
早春の妖精は桜に譲って一斉に姿を消してしまいました。




DSC_5694_convert_20160421105732.jpg


カタクリに代わって登場したのはウラシマソウ(浦島草)であちこち
に見られます。都内の庭園で1、2輪ほど見かけるものの自生地で
見たのは初めてでした。


DSC_5677_convert_20160421105912.jpg




         DSC_5643_convert_20160421110012.jpg





DSC_5651_convert_20160421104451.jpg

リラの花を最初に見たのは十代でした。当時は都内でも珍しい花木で
清浄な空気の下でしか咲かないと聞きました。メランコリーな色合いと
ハート型の葉っぱが印象的でした。
ほのかな香りの先に、青春時代のさまざまな事が思い出されます。


                *



こだまするウグイスの声に耳を澄ましながら春の散策を
楽しみました。
1週間前は蕾だった八重桜が今頃は満開のことでしょう。
地元の方に夏の山百合が見事なので是非見に来て下さい
と勧められました。


DSCN0568_convert_20160421102723.jpg

帰りの専用ゲートを見返ると、華やかながらも静かな佇まいで
桜が見送ってくれました。



ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック