春の園&実生の桜

2016.04.08.Fri

2016年4月9日

DSC_4662_convert_20160408184501.jpg

自宅から4キロ先の葛西臨海公園は自転車で20分余りです。
風のない晴れた朝を迎えると無性に出かけたい思いに駆られます。
園内の桜が一分咲きの頃は閑散としていましたが、来てみれば
あっという間に満開で、大勢の家族連れにも驚きました。




DSC_5180_convert_20160408184627.jpg

人込みは苦手なので静かな方へと向かってしまいがちです。




DSC_4712_convert_20160408185024.jpg

芝生広場の菜の花は闌けてしまいましたが、一所咲き残っていて
満開の桜とのコラボレーションが目を引きました。




DSC_4705_convert_20160408185206.jpg

菜の花のあとを彩るのはネモフィラ、矢車草そしてポピーでしょうか。
そんな一部端境期の花壇には、こぼれ種から咲いたと思われる
リナリア(姫金魚草)が可愛らしい花をつけていました。




DSC_4666_convert_20160408185359.jpg


蓮池からカルガモのペアがやって来ました。
カルガモの親子には目が無いのですがペアには関心の薄い私です。
しかし野原に近い野趣の花壇ではカルガモが映え、シャッターを
切っていました。


DSC_4673_convert_20160408185507.jpg

カルガモのペアは葛西の楽園で幸せそのものです。




DSC_4669_convert_20160408185654.jpg




DSC_4699_convert_20160408185955.jpg

赤、白、ピンク、黄、紫と色とりどりのリナリア。




DSC_4691_convert_20160408185745.jpg


ネモフィラにはモンシロチョウがひらひらと忙しそうです。
ようやく吸蜜を始めましたが花はほんとに小さいです。


DSC_4695_convert_20160408190042.jpg 



                *



DSC_4754_convert_20160408190222.jpg


鳥類園を巡ると、赤のクサボケと白のカジイチゴが目に入りました。
カジイチゴは大型の木いちごでオレンジ色の実をつけます。
実は小鳥のための甘くて美味しいご馳走なので、出合うと一粒だけ
失敬します。


DSC_4762_convert_20160408190534.jpg



                * 



DSC_4825_convert_20160408190717.jpg

ウォッチングセンターの周辺でよく見かけるジョウビタキ嬢です。
この辺りをテリトリーにしている個体でしょうか。




DSC_4833_convert_20160408190811.jpg

鳴きながら枝に止まったのでジョウビタキと気づき
カメラを向けました。すると直後に他の木に飛び移りました。




DSC_4834_convert_20160408190917.jpg


背伸びをしたりして周囲の様子を窺っています。
葛西臨海公園では数ヵ所でジョウビタキ嬢を見かけますが
私はここでオスに出合ったことがありません。


DSC_4836_convert_20160408191018.jpg



                *


これは実生の桜ですが、発芽して何年くらい経っているのでしょうか。

DSC_4796_convert_20160408191232.jpg


  咲いて知る実生のさくら鳥類園     コウコ




DSCN0187_convert_20160408184325.jpg

葛西臨海公園へは荒川左岸を自転車で通っています。




DSC_5299_convert_20160408191512.jpg


テトラポットの隙間から、ここでも実生の桜を目にしました。


DSC_5296_convert_20160408191914.jpg



 

          
          DSC_5182_convert_20160408192010.jpg

         帰りがけに早くも夏の使者を見かけました。



ご覧下さり有り難うございました。

スポンサーサイト

トラックバック