クロツラヘラサギ&ヘラサギ

2016.03.31.Thu
2016年3月31日

DSC_4393_convert_20160330210011.jpg

葛西海浜公園の西なぎさでクロツラヘラサギ(右)とヘラサギ(左)を
干潮時の干潟で観察しました。2種が同時に飛来したのは大変珍しいそう
です。一緒に採餌していました。




DSC_4228_convert_20160330210140.jpg

すでに2ヵ月間の逗留ですが三脚を立てたウォッチャーに大人気です。
人から遠ざかるように採餌するのでウォッチャーの一団もそのたびに
移動していました。




DSC_4276_convert_20160330210320.jpg 




DSC_4464_convert_20160330210706.jpg

クロツラヘラサギ(全長75cm、冬鳥、虹彩は赤、黒面の名のとおり
嘴と目の間は黒)




DSC_4458_convert_20160330210825.jpg




DSC_4319_convert_20160330185627.jpg

ヘラのような嘴では難しいと思いきや、丹念に羽繕いをしていました。




DSC_4324_convert_20160330225415.jpg

ヘラサギ (全長85cm、冬鳥、虹彩は赤、嘴の先はオレンジ色)
ユリカモメ(体長40cm、冬鳥)


                *



DSC_4523_convert_20160331144419.jpg

こぞって羽繕いに精を出すユリカモメ。




DSC_4386_convert_20160330185715.jpg

コチドリ(全長16cm、夏鳥、黄色のアイリング)
冬鳥が北国へ旅立つ頃、入れ替わって夏鳥がお目見えです。




DSC_4305_convert_20160330211102.jpg 

北帰行が近いスズガモの飛翔。




DSC_4501_convert_20160330185808.jpg

アケビの花を初めて海岸沿いで見ました。果実と同じ淡紫色です。
秋には甘党のメジロが啄みに来るかもしれません。



               ***




DSC_4223_convert_20160330185526.jpg

葛西臨海公園の蓮池に数十羽もいたカルガモが、ペアごとに園内に
分散して数組しかいませんでした。(全長53-63cm、留鳥)
このペアも他の場所で見掛けました。左がオスで右のメスより心持
大きく尾も黒っぽいです。




DSC_4211_convert_20160330185432.jpg

道端で見掛けたホトケノザです。よくみると紫色の小花が可愛くて
雑草扱いでは可哀そうな思いがします。春の七草とは違う種類でした。




DSC_4199_convert_20160331144145.jpg

観覧車のある広い花壇では菜の花は闌け、オオイヌフグリと園芸種の
ネモフィラの共演が目を引きます。小花の清らかなブルーが可憐です。




          DSC_4207_convert_20160330185240.jpg

       普段はカメラを向けることのないムクドリです。
    撮ってちょうだい!とばかりに花園から顔を出したのでした。



ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック