赤・白・青の冬鳥

2016.02.14.Sun
2016年2月14日

鳥見を始めた1年目は水鳥を撮り、2年目の今シーズンは山野の鳥も
撮るようになりました。
葛西臨海公園が近いので、穏やかな冬晴れの日に出掛けています。

DSC_5153_convert_20160214105420.jpg 

これはアカハラかと思いきや、ネイチャーガイドによると頭部が黒褐
色のオオアカハラでした。アカハラは頭部が暗褐色だそうです。
(本州中部以北で繁殖し中部以西で越冬する冬鳥 ムクドリくらい)




DSC_5156_convert_20160214105521.jpg

シャッター音に気付かれてしまったものの、そのまま採食を続けて
くれたので助かりました。右に足環が付いています。




DSC_5165_convert_20160214105635.jpg

嘴を泥だらけにして昆虫類を探しているのでしょうか。何やら
見つけたようです。

DSC_5162_convert_20160214105757.jpg




DSC_5177_convert_20160214105848.jpg

幼虫を捕えた瞬間、1秒で飲み込みました。

DSC_5180_convert_20160214105958.jpg

以上、アカハラとは1分足らずの初めての出合いでした。



                ***



DSC_5304.jpg

シロハラは北方の繁殖地から越冬のために日本に渡って来た冬鳥です。
(ムクドリよりやや大きい)




DSC_5337_convert_20160214110156.jpg

昆虫類を探していましたが、引っ張り出したのは草の根っこでした。
7~8分粘ったものの、アカハラのようには餌にありつけず、結局
私の方がこの場を離れました。

DSC_5359_convert_20160214110342.jpg




DSC_5317_convert_20160214110910.jpg  DSC_5333_convert_20160214111012.jpg

DSC_5336_convert_20160214111118.jpg  DSC_5371_convert_20160214110503.jpg

シロハラの仕草は愛らしく、しかも警戒心を見せず
快く撮らせてくれました。




DSC_8291_convert_20160214112341.jpg 
 
DSC_4616_convert_20160214111335.jpg

1羽のシロハラと再び水場で出合いました。同じ個体ではなく
とも嬉しいものです。ヒヨドリたちに混じり喉を潤しています。
かなり遠くでしたが、トリミングして様子が分かりました。


               ***



DSC_8113_convert_20160214111528.jpg

最後はアオジです。(メス)
アカハラとシロハラを見かけない日でも、アオジは園内のあちこちで
出合います。散策路の真ん中で採食していた時は通りがかりの人達が
立ち止まり、アオジ優先でした。
(日本の中部以北で繁殖し中部以西で越冬 スズメより大きい)




DSC_3470_convert_20160214112459.jpg

この時の食事は昆虫ではなく植物の種子でしょうか。(メス)



DSC_3638_convert_20160214112723.jpg 
2羽が階段にやって来て、右が相方を危なさそうに見つめています。

DSC_3639_convert_20160214112930.jpg

無事に階段を下りることが出来ました。

DSC_3640_convert_20160214113023.jpg



名前が体の色に由来する野鳥は覚えやすく親しみを感じます。
今シーズン、これから出合う冬鳥が楽しみになりました。


         *

DSCN0165_convert_20160214113232.jpg

ご覧くださり有難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック