ジョウビ太丸&冬鳥

2015.12.29.Tue
2015年12月29日

雄のジョウビタキを初見、初撮りしたのはじゅん菜池(千葉県市川市)
で今月の中旬でした。ジョウビタキ嬢しか知らないので、やっと逢え
た嬉しさに、この個体をジョウビ太丸と名付けました。

DSC_1886 (640x426)

前回は餌付中で、嫌われないように間合いを取ってカメラを向け
ましたが、普段の様子が知りたくて再び逢いに来ました。




DSC_1889 (640x429)

同じ場所に来てみると、追い駆けるまでもなく目の前のピラカンサに
止まりました。
餌付中はご馳走にありつけたジョウビ太丸でしたが、今日の食事は
ピラカンサです。街ではピラカンサの実は最後まで残り、野鳥の餌が
不足するとやって来るので、美味しい実という印象ではありません。




DSC_1896 (445x640) DSC_1897 (444x640)
DSC_1901 (447x640) DSC_1882 (443x640)

しかしオレンジ色のジョウビ太丸は、赤い実のピラカンサに映えて派手
やかです。童謡に「赤い鳥小鳥 なぜなぜ赤い 赤い実を食べた」の
フレーズがありました。




DSC_1802 (640x443)

じゅん菜池では必ずコサギに出合いますがダイサギ(体長90cm)は
久しぶりです。池の周囲の岩を跳んでは魚を探していました。




DSC_1821 (640x385) 
見ている限り捕食のシーンはなく、ダイサギは諦めて飛び立ちました。
飛翔する姿を追うと、下に白いアイリングの愛しのヒドリガモ嬢が見え
ます。



DSC_1772 (640x427)

ヒドリガモ嬢は、その後もカップルで池の畔で遊んでいました。


               ***


当日はじゅん菜池の前に八柱霊園(千葉県松戸市)に立ち寄りました。
前回ジョウビ太丸に餌付をした方から、八柱はじゅん菜池から近いので
是非にと勧められ(車で10数㎞)行き方まで詳しく教えて頂きました。

DSC_1718 (640x385)

園内は落葉した裸木ばかりですが、前方にちらりと紅葉が見えます。




DSC_1725 (640x386)

真っ青な晴天の下、一樹だけが真っ赤に燃えていました。


                *


野鳥を探すなら撮っている人を探した方が早いと言いますが、ほどなく
カメラマンの一群に出会いました。

DSC_1453 (640x427)

初見、初撮りのオジロビタキです。(全長12cm、旅鳥または冬鳥)
日本で越冬する個体は少なく、ほとんどが雌か若鳥だそうです。



DSC_1463 (443x640) DSC_1472 (444x640)






DSC_1627 (640x385)

初見、初撮りのシロハラ(体長25cm、日本に冬鳥として渡来)




DSC_1662 (640x427) 

地面に降り、木陰で木の実を採食していました。


DSC_1676 (444x640) DSC_1678 (443x640)


                *


DSC_1745 (640x384)

冬木立の中、白い花を咲かせた大きな木を見つけました。




DSC_1748 (640x427)

満開なので早春の趣ですが冬椿でした。




DSC_1755 (640x428)

緑の間から覗く白い花びらと蕊は凛として清らかです。




DSC_1727 (640x384)



今年のブログはこれをもって終了いたします。
ご覧下さり有難うございました。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。[全文表示]


スポンサーサイト

トラックバック