初冬のじゅん菜池

2015.12.14.Mon
2015年12月14日

DSC_0590 (640x383)

冬のじゅん菜池には1月から2月まで何度も訪れましたが、この12月
に初めて冬鳥のユリカモメを見ました。




DSC_0448 (426x640)

毎日散歩に来ている方によると、水質が悪化した為に餌やりは禁止され
たそうですが、パンを千切って与えている人を見かけました。




DSC_0632 (640x385)

多数のカモと少数のユリカモメですが、空中でキャッチするユリカモメ
が断然有利です。
餌やりが行われた当時は多数のユリカモメが飛来したそうでした。




DSC_0499 (640x429)

食後は次々に水浴びをしていました。


               ***



DSC_0234 (640x386)




DSC_0553 (640x384) 
白いアイリングの愛しのヒドリガモ嬢を探すと、仲間と元気に
コミュニケーションを交わしている様子でした。
秋に渡って来た水鳥たちも、この頃になると個体数が増えて
ごった返していますが、ヒドリガモ嬢は早くから渡来していました。

   先陣に見知りの個体鴨わたる     コウコ




DSC_0412 (640x384)

ボートレースのように水面を疾走するヒドリガモ。




DSC_0624 (640x387)

一方、こちらは飛翔するヒドリガモです。




DSC_0907 (640x385)

対岸で餌を撒く様子に気付くと、他のカモたちも一斉にダッシュします。




DSC_0991 (640x384)

マイペースのアオサギは池の淵で小魚を捕食していました。


               ***


池を一周していると、三脚を立てている方に「ジョウビタキの雄が
来ていますよ」と声をかけられました。

DSC_0782 (440x640) DSC_0800 (442x640)
 
これまで撮ったのは雌のみで、今季は雄に出合うのが目標の一つ
でしたから最良のチャンスを頂きました。
ジョウビタキ(尉鶲 体長14cm、冬鳥として渡来、スズメより
わずかに小さい)




DSC_0793 (640x427)

実は餌付をしているそうです。
3日間はカメラを向けずにペットショップの餌を与え、何時も同じ
服装をし、充分な間合いを取って初めてカメラを向けるとの事でした。

<なつかせる>とは<きずなを作る>ことだと野崎歓訳の「ちいさな
王子」(「星の王子さま」)に登場するキツネの言葉を思い出しました。




DSC_0797 (640x431)

縄張り意識の強いジョウビタキは雌が強く、雄は負けて排斥されて
しまうため、見かける機会が少ないのだそうです。
雌には勝てない雄のジョウビタキですが、しばらく観察していると
苦み走った漢の顔を見せました。
本当は女子に優しい気性なのかもしれません。
彼をジョウビ太丸と名付けることにしました。




DSC_0724 (640x426)




DSC_0821 (640x425)

紅葉の中、幸いにも新郎新婦の撮影に出会いました。
花嫁の金襴緞子は紅葉より艶やかです。
どうぞ末永くお幸せに。


               ***



DSC_0884 (640x385)

この日は天気予報が外れて曇り空でした。しかし鳥見に出かけると
何かしら新しい出合いがあり、気分は晴れやかになります。

次に訪れる時は落葉し、すっかり冬景色になっていることでしょう。

ご覧下さり有難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック