晩秋の蜆蝶&露

2015.11.23.Mon
2015年11月23日

DSC_7454 (640x384)

黄褐色に染まった野に、名残りの花を求めて蜆蝶が来ていました。
あたりは乾いた冷ややかな風が吹き、秋の終わりが近いことを感じ
させます。




DSC_7362 (441x640) DSC_7384 (443x640)

 ヤマトシジミ(大和蜆蝶)が淡紫色の小さなアレチハナガサ
(荒地花笠)の花を吸蜜しています。




DSC_7441 (461x640) 



晩秋には蝶の姿もめっきり減りましたが、小型の蜆蝶は残っていました。



DSC_7081 (640x385)

ベニシジミ(紅蜆蝶)はセイタカアワダチソウ(背高泡立草)に
来ていました。




DSC_7073 (640x427)



風に揺れ、草にしがみ付きながら長々と吸蜜をする蜆蝶たち。



DSC_7092 (640x430)



                *


アレチハナガサとセイタカアワダチソウは帰化植物で繁殖力は
凄まじく、在来種を追いたてる勢いです。

ススキ(芒)やノジギク(野路菊)を見かけるとほっとします。

DSC_7636 (428x640)

ススキ(芒)の穂に鮮やかな紅葉を添えるハゼノキ(櫨の木)。




DSC_7583 (640x427)

ノジギク(野路菊)


                ***





DSC_7528 (640x383)

気温差の激しい夜明けは、雨が降ったように草むらが濡れています。
冷え込んだことで、空気中の水蒸気が水滴となって草に付きました。
朝日が射すと露は反射して美しく輝きます。


   露の世に奇しくも出逢い夫婦かな     コウコ
   露の世や晩年にして見えるもの      コウコ


しかしそれも束の間、露は儚く消えてしまいます。
このような露に託して、折に触れ感慨を詠んできました。




DSC_7508 (640x384)



 稲畑汀子選 (朝日俳壇)
   子に残る親の面影露けしや     コウコ

   


ご覧下さり有難うございました。[全文表示]
スポンサーサイト

トラックバック