河川敷&秋の蝶

2015.10.23.Fri
2015年10月22日

DSC_3126 (640x384)

青空の下、河原でゆれるコスモスの情景には心が洗われるようです。




DSC_3183 (640x427)

ピンクのやさしい色合いは幸せな気分にひたらせてくれます。




DSC_3189 (640x426)

小さなイチモンジセセリにはコスモスがお似合いですね。




DSC_3361 (443x640)

コスモスにモンキチョウが登場すると俄かに華やぎました。




DSC_3234 (640x428)

黄色い蝶に紋があるのでモンキチョウ(紋黄蝶)と命名され
雄(右)は黄色地にオレンジ色の紋、雌(左)は白地に紋があります。

   装いの紋際立てて秋の蝶     コウコ




雌雄が出合うと求愛行動の始まりです。

DSC_3306 (426x640) DSC_3323 (427x640)


   秋の蝶翅ゆるやかに縺れゆく     コウコ


DSC_3354 (441x640) DSC_3332 (424x640)

雄は縺れながらも、雌の前へ前へと飛んでゆきます。
雌の行く手を阻み、着地させて交尾するのだそうです。
コスモスが引き合わせたカップルは、やがて視界から消えてゆきました。


               ***


マリーゴールドは春から晩秋まで咲き続けるので、蝶にとっては有難い
蜜源です。花壇には黄・橙・暗赤色の3種類が咲き競っています。

DSC_1125 (512x640)


吸蜜するモンシロチョウとツマグロヒョウモン。


DSC_1112 (640x428)




DSC_1381 (640x443)

イチモンジセセリは黄色のマリーゴールドにも来ています。


                *


DSC_1169 (640x427)

アオスジアゲハ(青条揚羽)が不意に飛来した時は歓喜しました。
今夏は街路樹や樹林で見かけたものの、高々と通り過ぎるのを見送る
ばかりでした。




DSC_1277 (640x427)

高く飛ぶアオスジアゲハを見ていただけに、身近な花壇での出合いは
意外でした。




DSC_1335 (640x444)

真上から見た表の翅です。




DSC_1177 (640x427)


マリーゴールドがアオスジアゲハの水色の帯を鮮やかに引き立てています。


DSC_1346 (640x442)




DSC_1188 (640x384)

ここにもイチモンジセセリ(右)がいました。
中型のアオスジアゲハと比較しても、イチモンジセセリは
ほんとうに小型です。
この時季はイチモンジセセリを何処でも見かけます。


               ***


原っぱでは、湧いて出るようなモンキチョウの乱舞と出合いました。
このような光景と出合うのは初めてです。

   原っぱに群舞のフィナーレ秋の蝶     コウコ

10月も下旬になると日だまりを好む蝶も見かけます。

DSC_3067 (426x640) DSC_3045 (427x640)

   終章や 翅かがやかす秋の蝶     コウコ




DSC_2857 (640x385)
         つま
   生涯の戦友は夫 草の花     コウコ
   

ご覧下さり有難うございました。
スポンサーサイト

トラックバック