梅雨の蝶

2015.07.12.Sun
2015年7月12日

ドイツの詩人シュナックは「ヒョウモンチョウなしに、ほんとうの夏の
風景は考えられないとすれば、ジジミチョウなしに花の咲き乱れた草原
など考えられない」と著書の中で語っています。
蝶の姿を見ない日でも、このヒョウモンチョウとシジミチョウだけは
よく見かけます。

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋・メス 前翅長38~45mm)

DSC_3431 (640x444)


高みより地を慕いくる豹紋蝶     コウコ

蝶のメスはどれも地味ですが、ツマグロヒョウモンの翅はオスよりも
綺麗です。地に降りるのは、なんと吸水行動(ネット検索)でした。




DSC_3434 (640x384)




ヤマトシジミ(大和蜆蝶・前翅長9~16mm 開翅長約20mm)

DSC_2683 (640x447)


シジミチョウ類は余りにも小さく、小刻みにチラチラと飛び回るので
撮る機会がなく、この日はモモイロシロツメクサに止まりました。


DSC_2686 (640x442)




DSC_2690 (640x439)

綺麗なブルーの翅の表面(オス)




DSC_2669 (640x451)

真っ黒な翅(メス)


               ***


ジャコウアゲハ(麝香揚羽・前翅長45~65mm 開翅長約10cm)

DSC_3183 (640x428)


淡い青紫色のクレベランドセージの花。


DSC_3186 (640x426)




DSC_3181 (640x426)

名前の由来はオスの腹端から麝香のような匂いをさせるからだそうです。
翅の表面には模様はありませんが、後翅は細長く橙色の斑点が
あります。黒い蝶が緩やかに羽ばたきながら飛ぶ姿は妖艶です。

梅雨の蝶ふわりと誰の精霊ぞ     コウコ




DSC_2666 (640x445)

蝶を追い駆けているとトンボにも出合いました。

羽化終えて光彩放つ蜻蛉かな     コウコ


               ***


モンシロチョウ(紋白蝶・前翅長約30mm)

DSC_3138 (640x425)

ブッドレアの甘い香りに誘われて来たモンシロチョウ。
蝶を集めるのでバタフライ・ブッシュの英名があります。




DSC_3622 (640x443)

モンシロチョウは多くの花を吸蜜しますが、ネジバナにも
来ていました。




DSC_3619 (640x461)

吸蜜の昇り階段ねじり花     コウコ




DSC_3878 (640x385)

白いネジバナを野原で見かけたのは初めてでした。


乱調の空や飛びたつ梅雨の蝶     コウコ


               ***


「蝶はちょうど産卵のためにいろいろやらなければならないとき以外は、
好きなように生きることが許されている。蝶は、アリのように戦争も
しないし、ミツバチのように働くこともないからである。蝶はいかなる
社会的な強制にもつながれておらず、いかなる国家にも隷属していな
い」。              シュナック著「蝶の生活」より


ご覧下さり有難うございました。 
スポンサーサイト

コメント

2015-07-20.Mon 17:47
ーぱふぱふさんー

こんにちは、コメント有難うございます。
7日に入院と伺っておりましたが、長かったですね。
退院と同時の梅雨明けで、本当に「うらしま太郎気分」かも(笑)。
私も入退院の経験は多いのですが、どうぞ無理なさらず、ゆっくり
ご休養なさって下さいませ。

ネジバナと蝶ですが、ぱふぱふさんも撮られたのですね。
一期一会のシーンには、いつも自然への感謝を覚えます。

真夏の花たちがぱふぱふさんを待っていますね。
素敵な今夏の花のお写真、楽しみにしております。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-07-20.Mon 10:34
ご無沙汰しています・・やっと退院
自分のPCの前にいます
いつの間にか梅雨も終わって?真夏になってますね~
うらしま太郎気分です・・
たった2週間なのに・・随分留守した気分です(笑)

わたくしも入院する前に少し写しましたが・・
梅雨の最中で種類は少なかったですが
梅雨も明けて・・これからまた見られそうですが・・
しばらくは外出禁止ですので・・カメラが泣いてます(笑)

また時間見つけて・出掛けられるようにリハビリです
ねじばなに蝶・私も一枚だけすが、
蝶が少ないから写すチャンスがないですが
すてきなシーンに出会えてよかったですね
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

2015-07-16.Thu 20:45
ーArinaeさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
ツマグロヒョウモンを撮られたことがあったんですね。
実は私も一度で撮れることは稀で、没がほとんどです(笑)。
ジャコウアゲハは行動が緩やかなので撮り易かったです。

Arianeさんはハーブの花がお好きでしたね。
私はハーブティーの方で・・・(笑)。
でもこの頃は、お陰様で花にも興味を持つようになりました。

ネジバナの白を見たときはビックリしました。
突然変異でしょうか。園芸種にはあるようですね。

ご主人が「遊びをせんとや生まれけん~」とおっしゃって・・・。
実は私も「~戯れせんとや生まれけん~」の精神をよりどころに
しています。
父が27年前に遺した言葉が「人生を楽しみなさい」でした。
蝶を見ると無心に追い駆けている自分がいます・・・(笑)。

URL|コウコ #-[ 編集]

2015-07-15.Wed 23:48
コウコさん、こんばんは^^
蝶を撮るのも、難しそうですね。
前にツマグロヒョウモンを撮ったことがありましたが、随分何枚も激写して、気に入ったのが一枚だけでした。

ジャコウアゲハの3枚は、いずれも素晴らしく綺麗ですね。
クレベランドセージという花は、今まで知りませんでした。
こういうハーブのお花はとても好きです。
ネジバナは、白もあるんですね。

蝶は産卵の時期以外は、好きなように生きるのが許されているのですね。
うちの夫は、わりと好きな事ばかりをして暮らしている人で、いつも、「遊びをせんとや生れけむ」と言っています。
生活は安定はしませんけれど、そういう生き方もあるんだなぁ、と思うようになりました・・笑
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

2015-07-14.Tue 21:27
ーWILD BOOKERSさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
飛んでいる蝶は見かけますが、いざ撮るとなると見送っていまう
羽目に・・・(笑)。これらは梅雨時に出会った蝶たちで、数ヵ所
で撮りました。カメラを持って蝶に出会うと目的を忘れて追い駆け
ています(笑)。

梅雨時は新緑が瑞々しく、蝶たちも目に美しく映ります。
被写体の背景の季節感ですが、四季折々に彩りがあるので次の季節
が楽しみになってきました。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-07-14.Tue 19:05
ーハロゲンさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
急激の猛暑で体調がすぐれませんが、花鳥も同じかもしれませんね。
ハロゲンさんが鳥見で出会った蝶をアップなさると、どうしたら
撮れるのか不思議でした。やはり蝶は撮るのが難しいのですね。
シジミチョウも種類が多いので今後も撮れたら楽しいと思います。
ジャコウアゲハの雌雄の区別が出来ませんが、色の薄い方がメス
なんですね。次はオスを狙います(笑)。

俳句ですが、蝶には珍しくゆっくりふわりと飛ぶジャコウアゲハの
姿と、東京の7月のお盆が重なって心象を詠みました。
ハロゲンさんに、ピッタリと想って頂いて嬉しいです。
ネジバナと吸蜜のモンシロチョーを見たのは初めてでした。
蝶は待ったがきかないですが、それだけにラッキーな出会いには
その日一日嬉しい気分に浸っています(笑)。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-07-14.Tue 12:40
コウコさん、こんにちは~

あ~蝶がたくさん~~♪
これだけ撮るのは大変だったんじゃないでしょうか……

蝶って動きがゆったりしてるイメージもありますが
かといって撮りやすいってわけでもなく……(^_^;)
私は、すぐあきらめてしまうんです(笑)

いろんな蝶がいるもんですね~
背景も明るい緑で、蝶が映えますし
とっても綺麗です~~(^_^)
URL|WILD BOOKERS #-[ 編集]

チョウ

2015-07-13.Mon 16:27
コウコさん、急激の暑さで大変ですね。
チョウもいろいろあってとまってくれると撮り易いですが、ひらひらと飛んで行ってしまうものもいて思うように来ません。
ツマグロヒョウモン、メスの方が派手ということで思いでがあります。
ヤマトシジミはシジミチョウの中ではよく見かけます。オスの表翅はきれいですね。
このジャコウアゲハ、色が薄いのでメスですね。俳句がピッタリと思います。
ネジバナとモンシロチョウのツーショットはいいですね。

URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック