6月の花

2015.06.21.Sun
2015年6月21日

車で10分ほどの、夢の島公園では四季折々の花が楽しめます。
今が見頃の紫陽花ですが、この路の先は何時もひと気がありません。

DSC_0471 (640x384)


喧噪をはるかに園の濃紫陽花      コウコ


DSC_0040 (640x428)

歩を進めると両側は山紫陽花が咲き、山深い森林の趣を
漂わせています。


山あじさい澄み渡りゆく 鳥の声      コウコ


DSC_0054 (640x424)




DSC_0550 (640x429)

花から花へと忙しそうなハナアブ。


               ***


DSC_0070 (640x383)


季節の花が咲き乱れている花壇があります。


DSC_0456 (640x385)




DSC_0417 (640x384)

キク科の白い花と青い花。



DSC_0435 (640x384)

白のコリアンダーに、青い小さな花はネモフィラでしょうか。



DSC_0082 (640x427)

ブルーデージーの背後は白銀色のシロタエギク。



DSC_0393 (640x444)

珍しい色合いのルドベキアは咲き始めたばかりです。



DSC_0457 (640x427)

ジギタリス


               ***



DSC_0276 (640x382)

夢の島熱帯植物館の庭でカルガモのカップルに再会しました。
実は入館前に公園の畑でブラブラしているのを見かけました。
彼等はフリーパスで館内に入り、睡蓮の池で悠々と水遊びをして・・・
なんだか羨ましいですね。




DSC_0328 (640x386)




DSC_0264 (640x384)




DSC_0261 (640x386)




DSC_0226 (640x443)

熱帯植物館に入ると、何時も咲いているフウリンブッソウゲ。
風にゆれる風鈴の風情が好きです。




DSC_0192 (640x385)

オーストラリアのクリスマス(夏)には赤くなると云う
クリスマスブッシュ。


               ***


帰りがけ、街で見かけた花にも惹かれました。

DSC_0399 (640x445)

ネムノハナ



DSC_9112 (640x427) 

若い頃は見向きもしなかったドクダミ(十薬)ですが、群生の十字の
花びら(苞葉)の風情には、味わい深いものがあります。

病得て見えてくるもの花十字     コウコ



梅雨の晴れ間の散歩ですが、この時期は特に白い花が目につきました。

心ほぐれる六月の白い花      コウコ


ご覧くださり有難うございました。
スポンサーサイト

コメント

2015-06-25.Thu 00:18
ーArianeさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
Arianeさんに今回の写真を褒めて頂いてとても嬉しいです。
と云いますのは、Arianeさんのお写真に感嘆し憧れるうちに・・・
何時しか感化され・・・撮れるようになりました。ほんとうに
心から感謝しております。

白いキク科の花はカモミールなんですね。他にジョソウギクや
フランスギク、マーガレットなどがあって迷いますね。
コリアンダーは先日教えて頂いたばかりなのですぐ分かりました。
ルドベキアとエキナセアはよく似ていますね。私はルドベキアを
育てているので、即ルドベキアと決めていまう癖があるようです。
今度、エキナセアをゆっくり見てみたいと思います。
お花の名前を教えて頂き有難うございました。

紫陽花の季節は鎌倉は大変な賑わいですね。懐かしいです。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-06-24.Wed 23:24
コウコさん、こんばんは^^
どれも、こんな風に撮れたら、と思うようなお写真ばかりです。

特に、花壇のハーブのようなお花のお写真が、すごく好みです。
白いキク科のお花は、カモミールでしょうか。
コリアンダーの花は小さいけれど、可憐で可愛いんですよね。
ピンクがかったルドべキアは、珍しいですね。
ちょっとエキナセアにも似ている気がします。

人気のない所に静かに咲いている紫陽花は、雨に似合って、風情がありますね。
鎌倉はすごい人です。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

2015-06-24.Wed 11:51
ーWILD BOOKERSさんー

こんにちは、コメント有難うございます。
ジギタリスには毒があるとは知っていましたが、猛毒だったんですね。
ネットで見ましたら「ジギタリス」という薬はジギタリスの花の成分
から採っていました。
ゴッホの絵が黄色いのはジギタリス中毒だったとの説もあるそうで・・
ゴッホ自身も「医師ガシェの肖像」の中でジギタリスを描いていると
云うのでネットで見ましたら、何かで見た記憶がありました。
頬杖をついた傍らには、ジギタリスの花が置かれてありますね。

薬は諸刃の剣で有益である一方副作用もあって、使い方は難しいです。
今はもっと良い薬が出来てあまり使っていないのでしょうか。
私も副作用では苦労して大変でした。自身に合った薬がみつかり
命拾いしました(笑)。
この地球上には未知の薬草があると云うので、効果を期待したいです。
URL|コウコ #-[ 編集]

レース鳩

2015-06-23.Tue 18:07
コウコさん、今晩は
レース鳩の件、調べて頂きありがとうございます。
やはり本能だけではなく、日々の訓練が必要なんですね。
URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

2015-06-23.Tue 17:15
コウコさん、こんにちは。

いろんな花が咲いてますね~~
なんて見てたら、一つの花に目が留まりました。

ジキタリス……ピンクの筒状で中に何ともいえない模様が……
気になって、ネットで見てみたら猛毒があるとの事。
コワイ花なんですね~~

確か薬にも、ジキタリスってあったような……
ん?……ジギタリスだったでしょうか。
この花の成分から採ってるんでしょうかね~~
(^_^;)
URL|WILD…… #-[ 編集]

2015-06-22.Mon 22:45
ーハロゲンさんー

今晩は、コメント有難うございます。
この頃は新しい草花が市場に出てきて覚え切れませんね。
流石に植物園の公園だと感心しました。
写真俳句ですが有難うございます。励みになりました。
四季の野鳥が詠めるようになりたいと思います。

カルガモは彼等ならではの入る道があるのでしょうか(笑)。

山口さんに先日の件をお訊き致しました。
レース鳩はレースに出場するまでの訓練が大変のようです。
日々の飛翔運動が大切で雨の日は鳩自身が嫌うので止めるそうですが
風の日は鍛えるチャンスで飛翔させるそうです。
先日は訓練のために、車で150㎞地点まで行って放鳩したそうです。
友人の方は100㎞地点で10羽放鳩し、3日後に3羽戻り7羽は
行方不明だそうです。そんなことはよくあるのだそうです。
時速70キロ以下は失格だそうで、厳しい世界ですね。
一口に帰巣本能と云いますが、日々の厳しい鍛錬が大切なんですね。
鳩は地磁気で戻ると云う説がありますが、実験結果では嗅覚で戻る説
もあるそうです。まだまだ謎があって興味津々のレース鳩ですね。
URL|コウコ #-[ 編集]

6月の花

2015-06-22.Mon 18:30
コウコさん、今晩は
色々な6月の花がアップされていますが、知っているのはアジサイ、スイレン、ネムの花くらいです (ノд`)。
写真俳句も素敵だと思います。
カルガモは確かにフリーパスなんですね(笑)。
URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

2015-06-22.Mon 12:33
ーぱふぱふさんー

こんにちは、コメント有難うございます。
仰る通り色々な花に出会えて・・素敵な一日でしたが・・・
なにせ花の名前が分からず、ネツトで調べると菊科の白い花は沢山
あるんですね。これからは花屋さんで実物と名札を見て覚えよう
かとも(笑)。

拙句を褒めて頂き有難うございます。
ぱふぱふさんのお句は現代俳句で素敵ですね。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-06-22.Mon 09:44
色々な花に出会えて・・素敵な一日でしたね・・
久しぶりに素敵な句にもあえて楽しく見せていただきました

「紫陽花に青盗まれて丸く生き」
「紫陽花に見られぬように二人傘」
「紫陽花や頬の熱りの七変わり」
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック