布に触れて

2012.11.29.Thu
2012年11月29日

一隅の襤褸を照らす冬日かな     コウコ
    (らんる)

浅草に出かけた折に<布文化>の美術館で知られている
「アミューズミュージアム」に立ち寄りました。
受付では「展示品を触れても撮っても構いません」と言われました。
なんと柔軟なミュージアムでしょう!

DSCN0114 (640x480)
  AMUSE MUSEUM  田中忠三郎
来館記念に頂いたポストカード

2階に黒澤明監督のオムニバス映画「夢」で使われた衣装等が
展示されていて、映画製作への情熱に胸を打たれました。
監督は農民の野良着を、民俗学者の田中忠三郎氏のコレクション
の中にある、本物の「ぼろ」で撮ることを望まれました。
「ぼろ」と呼ばれる農民の衣類は、江戸時代から昭和期の青森で
布を継ぎ当て、何代にもわたり使われてきたものです。
その「ぼろ」はすでに重要文化財に登録されていて使用出来ず、
氏はそれから奔走されて、監督に応えられたのでした。

提供された衣装と現場の写真が展示されていまいた。
野良着の継はぎの色彩が美しく、村人達のいきいきとした表情
が印象的でした。なかでも写真の笠智衆に会えて、
機会があったら是非、映画「夢」を観たいと思いました。

日本人の生活の知恵から生まれた布の文化ですが、「ぼろ」にも
「刺し子」にも思いがけない美があり、再発見させられました。

「もったいない」がこのミュージアムのコンセプトだそうです。


布といえば、Tさんからお姑さん手作りの巾着を見せられ、
「2つあるので好きな方を」と言われて頂戴いたしました。

DSCN0119 (480x640)
大切に使わせて頂いています。(22×16)
                  
                 
洋裁も手芸も苦手で、授業の家庭科以外に経験のない私ですが
20代に奮起して、市松人形の衣装を作りました。

市松人形は子供の頃から欲しかったのですが
親には言わず仕舞いでした。
社会人になってから裸の市松さんを浅草橋の「吉徳大光」で
買って、ようやく夢が叶いました。

DSCN0140 (480x640)
布切れを使ったパッチワークがそのまま着物の柄になり、
当時はマニュアルもなく、イメージで作りました。 (身長35センチ)

友人や肉親から、布切れや小物の協力を得て出来たのでした。
40数年が経ち、黒髪はいつしか今様になりました。
帯揚げは、亡き母が好きだった着物の切れ端で、
着用していた頃を憶い出します。

布の記憶はいろいろとありますが、
布をめぐる人と人とのつながりを
あらためて思い起こしたのでした。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック