春の干潟

2015.05.19.Tue
2015年5月19日

谷津干潟の遊歩道に、青大将の抜け殻を見つけました。
夫が丁寧に引っ張り出すと2m近くあります。
青大将がいるとは聞いていましたが、完璧な抜け殻にはビックリです。

 DSC_5893 (640x385) 




DSC_7295 (640x443)

帰宅して長さを測ると190cmもありました。
頭部の下に脱皮時の穴が開いていますが、全身は筒状でした。

               ***


干潟はボラの稚魚やカニが豊富です。

DSC_6274 (640x440)




DSC_5671 (640x385)


カワウ(川鵜 全長82cm)の群れがバシャバシャと大音量で
捕食にやって来ました。



DSC_5688 (640x385)




DSC_5704 (640x382)

カニも魚もまさに鵜吞みです。


DSC_5675 (640x389)

「アララ、貝を落としちゃった!」


DSC_5693 (640x389)

食事は魚類のみならず、アオサも好物のようです。


凄まじい食事シーンは10分足らずで終了し、約40羽の群れはサッサと
引き揚げて行きました。

DSC_5757 (640x383)




DSC_5746 (640x385)




DSC_5758 (640x383)




杭の上で羽を乾かす2羽は、意外と若々しく愛らしいカワウでした。

DSC_6527 (640x443)




DSC_6509 (640x441)


               ***


春と秋の渡りの時期に滞在する旅鳥も多く観られます。

DSC_5568 (640x446)




DSC_5570 (640x441)

オーストラリア方面から飛来したキアシシギ(黄足鴫 全長25cm)は
ゴカイを捕えました。


DSC_6360 (640x447)

こちらはキョウジョシギ(京女鴫 全長24cm)で、小石を嘴で
ひっくり返して捕食する習性があります。


DSC_6384 (640x445)

キョウジョシギが小石を返す時、相伴にあずかろうとキアシシギが
付きまとっていました。


DSC_6354 (640x388)

「それ、ワタシにも頂戴!」


DSC_6400 (640x382)

個体にもよるでしょうが、このキアシシギはキョウジョシギに何処
までも付いて回っていました。




DSC_6563 (640x385)

ゴカイを捕食するハマシギ(浜鴫 全長21cm)


               ***


DSC_6084 (640x444)

スズガモ(鈴鴨 43cm)の雌の羽繕いが異様です。
矢に射られたかと思いましたが、羽根の一部でした。




DSC_6116 (640x443)


残る鴨 襤褸の羽を繕へり      コウコ


DSC_6184 (640x444)


羽ばたいた瞬間に見たのは、片方がボロボロになった翼です。
猛禽類にでも遣られたのでしょうか。


DSC_6094 (640x444)

冬鳥として日本に飛来したスズガモですが、この春に仲間は旅立って
しまいました。
愁いに沈んだ彼女の表情が、ずっと気掛かりで仕方ありません。


最後までご覧下さり有難うございました。[全文表示]


スポンサーサイト

コメント

2015-05-21.Thu 23:54
ーArianeさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
青大将を見かけられるとは、やはり自然豊かな鎌倉ですね。
マムシは近くの荒川河川敷でも出ることがあります。

カワウの群れの食事シーンは、初めて観て驚きました。
何時も観る個体のカワウでは想像出来ないほど、凄まじい迫力で
した。10分で引き揚げてしまったので好い出会いでした。

仲間と帰らない鴨には事情があることを、写真を撮ることで初めて
知ることが出来ました。痛々しい翼を撮ることは心が痛みました。
一方、現実を知ることで野鳥への思いが深まったようです。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-05-21.Thu 23:27
ーぱふぱふさんー

今晩は、コメント有難うございます。
今回の青大将の抜け殻は、珍しく完璧だったようですね。
人様から良いことがあると聞きましたが、財布に入れるとお金持ちに
なるとは嬉しいですね(笑)。

食うか食われるかの自然界ですが、目の当たりに観るとやはり心が
痛みますね。

残る鴨のことは知っていましたが、帰ることが出来ない現実を見た
のは初めてでショクでした。
このところ俳句モードに、なかなか切りかえられません(笑)。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-05-21.Thu 11:09
コウコさん、こんにちは^^
随分大きくてきれいな青大将の抜け殻を見つけられたのですね。
前にうちの近所でも、木の上に青大将がいるのを見たことがあります。
写真も撮ったのですが、結局ブログには載せませんでした。
稲村の職場では、一度マムシが出たこともあったようです。
ヘビは特別に苦手というわけではありませんが、やっぱり毒を持っていると怖いですね。

カワウの食事シーンは、随分迫力がありそうですね。

最後のスズガモさんの翼が痛々しいです。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

2015-05-21.Thu 09:17
おォう~素晴らしい・・きれいに残ってますね
大抵はそれだの長さだと半分にちぎれてますが
上手く抜け出せたんですね・・御守りに持ち帰って
財布に入れておく手お金持ちになると聞いて
わたくしも抜け殻持って持ってます(爆)

野鳥がカラスなどに襲われて羽を傷めてる・・・の
こちらでも今年は多く見かけます~~ちょっとこの先心配ですね・・
しかしながら自然界は公平で・・年中気温も高くなってきて
留鳥になるカモ類も増えています
上手く育って来シーズンにまた頑張って故郷に帰れるといいですね

そうそう~久しぶりの句・・素敵です
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

2015-05-20.Wed 23:43
ーハロゲンさんー

今晩は、コメント有難うございます。
谷津干潟にはこんなに大きな青大将が実際いるのですね。
朝の9時過ぎに発見したのですが、ジョギングや散歩の方たちと
行き交う時間帯でした。

カワウの団体行動は仰る通り見事な潔さで感心しました。
またキアシシギの巧妙な知恵にも感心しました。

スズガモは怪我を負ったまま、此処で過ごすことになるのですね。
秋の渡りに仲間と再会出来るよう頑張って欲しいです。
見守ってあげたいと思います。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-05-20.Wed 23:22
ーWILD BOOKERSさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
私も蛇は苦手で青大将をまともに見た事はありませんし、抜け殻も
初めて見ました。夫は田舎で子どもの頃からよく見ていたそうです
が、こんなに完璧な抜け殻は初めてだと言っていました。

鵜吞みにはビックリしました。短時間かつ大量に採餌すべく
進化したのでしょうか。
カワウの団体のお食事ツアーは、ものの10分で一斉に引き揚げ
見事に団結していました。
水鳥のこのようなシーンは、観ていて爽快でした。


URL|コウコ #-[ 編集]

春の干潟

2015-05-20.Wed 17:52
コウコさん、今晩は
谷津に、こんな大きな青大将がいるとは、ビックリです。よく見つけましたね。
カワウの群れ、突然現れ、あっという間に引き上げるのですね。見事な潔さでしょうか(笑)。
キアシシギがキョウジョシギが探した食べ物を狙うというのは巧妙ですね。
最後のけがをしたスズガモさん、この状態では飛べないので夏もここで過ごすことになるのだと思います。
かもやハクチョウではこういうケースがたまにあるようです。
URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

2015-05-20.Wed 17:20
コウコさん、こんにちは~

ビックリしました~~(゜o゜)
蛇……こんなにスッポリと綺麗に抜けるんですね……
私、蛇苦手なんで、こんなの見たら飛び上がります(笑)

カワウ、団体でお食事ですか~(^_^;)
カニなんてチクチクして痛そうだけど
丸のみするんですね~

同じ方向を向いてサッサと引き揚げ……
行動がハッキリしていて、笑いました。
(^_^;)
URL|WILD BOOKERS #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック