珍しい水鳥たち

2015.05.06.Wed
2015年5月6日

GWの船橋三番瀬の干潟はネットで延々と仕切られ、有料の潮干狩場
になっていました。
入場したところで鳥は遠くに押しやられ、写真どころではありません。

DSC_3421 (640x385)

3月中旬に来た時は数株のハナダイコンが咲いていましたが
1ヵ月以上も見ない間、あちこちに広がっていました。


DSC_7130 (640x512)


何も撮らずに帰るのは惜しいので、砂浜をぶらぶらしていると・・・


DSC_3478 (440x609) DSC_3474 (415x577)

ムクドリ夫婦が嘴で巣材を咥え「ワタシはこんなもの、みっけ!」
「ボクは羽だよ!」などと見せ合っている光景に出会いました。


               ***


この日の三番瀬はムクドリを撮って引き揚げましたが、3月中旬に撮った
写真がありますので、遅ればせながら取り上げることに致します。

DSC_6520 (640x384)

東堤防の入口付近には、初めて見る水鳥たちが集まっていました。
青年が三脚を据えてパシャパシャ撮っています。
タイミングをみて訊ねるとウミアイサ、スズガモそしてクロガモだそう
です。「ここではクロガモが珍しいので撮った方が好いですよ」と
勧められました。

ウミアイサ (オス)
DSC_6523 (640x444)




DSC_6598 (640x445)

越冬のために日本に渡来したウミアイサは、パンダガモのミコアイサ
同様、その個性美に感嘆しました。


DSC_6529 (640x384)




スズガモ (オス)
DSC_7294 (640x450)

越冬のスズガモは葛西海浜公園の沖に数万羽の陣を敷きますが
遠方でゴマ粒にしか見えません。

三番瀬の眼前の姿には驚きました。
そして「如何でしょうか」と翼まで広げて見せてくれました。

DSC_6539 (640x441)





DSC_6690 (640x384)

クロガモ(左上)を交えての日向ぼっこ。
寛いだあとは、申し合わせたように海に入って行きました。



DSC_6591 (640x384)

雌雄異色のズズガモペアです。




DSC_6668 (640x384)


単身同士のウミアイサとクロガモ。
暫く一緒にいましたが、それぞれ分かれて泳ぎ始めました。


DSC_6705 (640x427)






ウミアイサ (オス) 魚を捕食しています。
DSC_6790 (640x444)




DSC_6799 (640x443)




クロガモ  嘴の基部が黄色く隆起したオス。
DSC_6547 (513x640)

クロガモも越冬のために日本に渡来した冬鳥です。
名前の通り真っ黒です。



DSC_6565 (640x384)




DSC_6559 (640x440)


盛んに翼を広げて・・・ストレッチでしょうか。


DSC_6561 (640x446)


翼開帳 79~90cm。


DSC_6576 (640x445)


               ***


西堤防に移動すると、初めて見るウミアイサのメスが数羽いました。
DSC_7179 (640x386) 

雌雄が東西に分かれていたとは・・・
東堤防の一羽のオスは知る由もありません。


               ***


帰りがけに再び東堤防に寄ってみましたが、ウミアイサのオス、
クロガモ、そしてスズガモの姿は見当たりませんでした。


ハジロカイツブリ (雌雄同色)
DSC_7288 (640x384)

広々とした海原には、赤い虹彩のハジロカイツブリが悠然と泳ぎ
右の個体の後頭部には夏羽の飾り羽(金色)が現れていました。

私にとってこの日は、初めて出会った珍鳥づくしの三番瀬でした。

ご覧くださり有難うございました。
スポンサーサイト

コメント

2015-05-09.Sat 23:01
ーArianeさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
鎌倉の浜辺のハナダイコンも綺麗でしょうね。
実は3月に来た時、ハナダイコンの名前は知っていたものの実物を
見たのは初めてでした。

三番瀬は潮干狩りが済んでから訪れたいと思っています。鳥見の
グループが諦めずに場外で三脚を立てていましたが、ベテランの方
たちかも知れません。

ムクドリは日常的に見かけますが、面白いシーンに出会ったことが
ありませんでした。この場面に出会えて好かったと思っています。

ミコアイサもウミアイサと同じモヒカンヘアーです。鳥見を始めた
時、最初に興味を抱いたのがモヒカンでした(笑)。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-05-09.Sat 10:47
コウコさん、こんにちは^^
ハナダイコンが綺麗な季節になりましたね。
鎌倉の浜辺にもたくさん咲いています。
GWの船橋三番瀬の干潟は、残念でしたね。
ムクドリが巣材を見つけて、目を輝かせている表情が、微笑ましいです。
ウミアイサの頭は特徴がありますね。
以前ご紹介くださったミコアイサも、こんなような頭ではありませんでしたっけ?
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

2015-05-07.Thu 22:08
ーハロゲンさんー

今晩は、コメント有難うございます。
三番瀬の鳥が、お隣の谷津干潟に移動してしまうのですね。
ハロゲンさんの先日のブログに、1000羽のハマシギの大群と
オオソリハシシギの編隊のお写真がありましたが、三番瀬が潮干狩り
のため谷津干潟に避難したらしいとありましたね。納得致しました。

ウミアイサ(オス)とクロガモを3月15日に見ましたが、東堤防で
撮影した人は青年と他1人、そして私共の計4人でした。
西堤防に移動中、千葉県の野鳥の会の方々と擦れ違い、西にウミアイサ
のメスが6羽来ていると聞きました。東堤防に向かわれた皆さんは
果たしてウミアイサとクロガモを見ることが出来たかどうか・・・。

野鳥との出会いは、ほんとうに一期一会ですね。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-05-07.Thu 21:50
ーWILD BOOKERSさんー

こんばんは、コメント有難うございます。
日本では約550種類の野鳥が見られるそうですが、それらが全て
個性的で驚くばかりです。
途方もない時間をかけて進化した色や模様なのだと、感嘆して見て
います。
ウミアイサの頭ですが、ほんとうにカッコイイです。
実は鳥見で最初に目につくのがヘアでモヒカンが好きです。
人が真似ていますが、そんな人を見かけると親しみさえ覚えます。

鳥の目を一番大切に撮っていますが、これが私には難しくて・・・
やはり、技術が必要ですね(笑)。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-05-07.Thu 21:32
ーぱふぱふさんー

今晩は、コメント有難うございます。
身近な情報を頂いて参考になりました。

こうして見ると、自然界はつくづく弱肉強食ですね。
人は情緒的に判官贔屓で、弱者を侵害して強者が栄えるなど許し難い
ですよね。一方、人間側の都合や好みや価値観で善し悪しを付けられ
ては、野鳥にとっては理不尽かも知れません。

野鳥の世界は、身近なスズメにしても謎の部分が多いそうですから
興味は果てしなく続きそうですね。
URL|コウコ #-[ 編集]

三番瀬

2015-05-07.Thu 18:11
コウコさん、今晩は
この時期の三番瀬、潮干狩りで人が沢山入るため、鳥さんは谷津干潟に移動するそうです。
3月には、ウミアイサ、クロガモ、スズガモ、ハジロカイツブリなどをすごく近くで見られましたね。
特に、ウミアイサとクロガモ、私は近くで見たことがなく、興味深く見させて頂きました。

URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

2015-05-07.Thu 16:39
コウコさん、こんにちは。

こうして拝見すると、水鳥もいろんな種類がいるんですね。
当然ですが、鳥によって色や模様が様々で……

その中でも……
ウミアイサのカッコイイ頭に目がいってしまいます(笑)
足もオレンジ色で、お洒落ですね(^_^;)

目の色も、赤・黒・黄色と鳥によっていろいろ……
カラフルですね~
(*^_^*)
URL|WILD BOOKERS #-[ 編集]

2015-05-07.Thu 09:21
わが家の前の電線の途中のカバーに雀が巣をかけて住んでますが
それをムクドリが横取りしたようで・・雀を追い出して巣を作り始めました
雀は仕方なく巣を別に作ってましたが・・
雀の餌を毎朝やってるところへ・ムクドリまで来て横取り・・
これは許されない仕方なく追い払って雀に食べさせてますが・・
居ない愛兄餌の横取りしてるようで・・
ベランダが糞ですごく汚れるようになって・・相方ご機嫌斜め(爆)
自然界の出来事だからと眺めてられなくてついに追い出し決行しました
また雀に平穏な日が来ましたが・・
ムクドリには少しかわいそう~我が家より数百メートル先に
ムクドリたちが(かなりの数)とある家の壁に巣を作って久しく
近所からクレームが出てるけど無視してるようですが
そこからの分派だったようですが~~我が家を追い払われて
近くの神社の森に移動したようです

海鳥たくさん写されましたね・・ウミアイサ・・素敵ですね
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック