季節の替わり目

2015.04.27.Mon
2015年4月27日

越冬のカモたちはほとんど旅立ったかもしれないと思いつつ
谷津干潟を訪ねてみました。


DSC_3562 (640x385)

観察小屋を覗くと、コガモが羽ばたきをしていました。
北帰行へ向けてのウォーミングアップでしょうか。
春、一番遅くまで見られるというコガモです。




DSC_3763 (640x387)

このカップルの雌は「わたし幸せ~」といった表情です。




DSC_4071 (640x385)

こちらのカップルは念入りに羽繕いです。




DSC_4172 (640x447)

オオバンや他のカモと同じように、アオサを食べているのでしょうか。

               ***

北帰行・最終便を控えたカモ類もいれば、この春飛来した旅鳥もいました。

DSC_4356 (640x444)

メダイチドリ




DSC_4446 (640x446)

キョウジョシギ
ばら撒かれたような巻貝のホソウミニナ、外来種の繁殖力は凄いですね。

               ***

冬鳥と春の旅鳥が入れ替わるこの時期、留鳥のサギ類は繁殖期に入って
特有の変化を見せていました。

アオサギの夏羽

DSC_3568 (440x640) DSC_3570 (448x640)

赤く染まった嘴と脚、そして後頭部にある飾り羽です。
杭に止まって寛ぐヒョウキンなポーズもあれば、捕食の行動は真剣そのものです。



DSC_3589 (640x443)

飾り羽をなびかせながら、魚を捕りに浅瀬にやって来ました。




DSC_3613 (640x416)

魚を狙う意気込みを見て下さい。微動すらしない迫力です。
見る側は待ち切れず・・・その後の獲物は確認出来ませんでした。




ダイサギの夏羽

DSC_3618 (640x445)

広大な干潟を眼下にダイサギがやって来ました。
嘴の黄色が黒に、目元は黄色から緑色に変わりました。




DSC_3626 (640x426)

舞い降りた直後の飾り羽が綺麗です。




DSC_3628 (463x640)

ダイサギ




DSC_3631 (510x640)

こちらはチュウサギの夏羽で、黄色の嘴が黒くなりました。




ダイゼンの夏羽

DSC_4482 (640x446)

全身灰色系のダイゼンですが、顔からお腹まで黒く換羽しています。
標識調査の金属リングが付いていますが、拡大しても三段に表示
された文字は判読出来ませんでした。




DSC_4464 (640x445)

一瞬、体を震わせて逆立てた羽根。




DSC_4412 (640x447)

ゴカイが好物のようです。


               ***


来月は隣接する谷津バラ園に寄る予定なので事前に歩いてみました。


DSC_4096 (382x640)

住宅街の藤の花。



バラ園の前の八重桜の広場に、ハナミズキが咲き始めました。

DSC_4123 (640x427)





DSC_4116 (640x444)

ハナミズキに来たムクドリ。


季節の替わり目に撮った鳥たちと花木でした。
ご覧下さり有難うございました。
スポンサーサイト

コメント

2015-05-02.Sat 23:18
ーぱふぱふさんー

退院早々にコメントを頂戴して恐縮です。
現状維持ということで、先ずはひと安心です。良かったですね。

病身でも健常でも生身の体ですから、何時何が起きても不思議では
ありませんね。
地雷を踏むという感覚、分かるような気が致します。
病は違いますが、私は体内の暴走を恐れ・・・慎重にと思いながら
反省ばかりしております。
私という自然に向き合いながら、花鳥の世界に元気を貰い癒されて
おります。

春は駆け足で過ぎてしまいました。
このところ初夏から一足飛びに真夏の陽気ですが、新緑が輝くこの
季節が好きです。
どうぞくれぐれもご自愛なさって下さい。


URL|コウコ #-[ 編集]

2015-05-01.Fri 09:25
御無沙汰してます・・やっと自宅に戻りました
うっかり体内の地雷を踏んでしまったようで
とりあえず広がりもなく現状維持で・・
薬の力で・・均衡を保っています

ウソのように普通の生活が出来ますが・・
地雷も時限爆弾も承知で自爆しない限り
また自然と共存できそうです

余分な話の前置き失礼しました

寝てる間に春が終わってしまってました
もうすっかり真夏になっていて・・
気分は浦島太郎~~今年は野鳥も
あまり見る機会がなくて・・心に少し空白が出きました
URL|ぱふぱふ #-[ 編集]

2015-04-29.Wed 11:58
ーWILD BOOKERSさんー

こんにちは、コメント有難うございます。
野生生物の生き抜くための捕食は凄いですね。
時に尊敬の念を込めてシャッターを切ることがあります(笑)。
餌の捕りっこなど・・・俗なところは親しみを覚えたりして(笑)。
彼らが最も生き生きしている場面だと何時も思います。

桜の街路樹に倣って、近年はハナミズキが多くなりましたね。
葉桜の頃にハナミズキがバトンタッチしてくれるので、目の保養に
なり、花木には癒されています。
今の私にとって、花鳥の世界はほんとうに有難いと思っております。
URL|コウコ #-[ 編集]

2015-04-28.Tue 23:14
コウコさん、こんばんは。

野生のものは、餌を獲る時の集中力は
凄いですね。
食べないと命に係わりますもんね。
厳しい世界です(・_・;)

ハナミズキは先日、ちょっと撮りました。
今まであまり気にしてなかったんですが
街路樹にハナミズキが多いんです(^_^;)
ピンクと白が綺麗ですよね~
(*^_^*)
URL|WILD BOOKERS #-[ 編集]

2015-04-28.Tue 21:59
ーハロゲンさんー

今晩は、コメント有難うございます。
前回初めてコガモを撮ることが出来、嬉しくてハマってしまいました。
メダイチドリ、キョウジョシギ、ダイゼンは初めて撮りました。
ダイゼンはムナグロと思ったのですが、アップ直前に分かりホッと
した次第です。
現場で鳥の名前を学んで確認したくなり、今後は探鳥会にも参加したい
と思うようになりました。
淡水池付近のオオルリですが、全く気付きませんでした。
谷津干潟でオオルリに会えることが出来るとは嬉しいですね。
希望が湧いてきました。

ところでキョウジョシギの画像ですが、検索してブログを開きました
が大丈夫でした。
そういえば、何人かのブロガーさんのところで私のパソコンに?画像
が表示されないことがありましたが・・・。


URL|コウコ #-[ 編集]

谷津干潟

2015-04-28.Tue 19:26
コウコさん、今晩は
再度谷津干潟へ行かれたのですね。
コガモのカップル、微笑ましいです。
メダイチドリはオレンジ色の夏羽に変わりましたね。
キョウジョシギの画像が表示されませんが、何かトラブルでしょうか。
それとも私の方がおかしいのかも。
アオサギ、ダイサギ共に婚姻色でとても鮮やかな色味ですね。
アオサギの餌を狙う迫力が伝わってきます。
ダイゼンは、冬羽と夏羽とでは別人?のように変わって面白いと思います。
なお、コウコさんが行かれた時、淡水池付近にオオルリはいませんでしたか?

URL|ハロゲンくん #-[ 編集]

2015-04-28.Tue 11:47
ーArianeさんー

こんにちは、コメント有難うございます。
2枚目のコガモの雌ですが、こんなシーンに出会うと嬉しくなります。
鳥にも喜怒哀楽の表情があって、面白く癒されます。
アオサギはあのポーズで狙っていました。狩りも辛抱なのでしょうね。
あの後、私も反省させられて・・・一緒に待つべきだったと(笑)。

藤の花は今が見頃ですね。近所の公園にもありますので見に行こうと
思います。
いよいよバラの季節ですね。我家のミニバラ(黄)が咲き始めました。

URL|コウコ #-[ 編集]

2015-04-27.Mon 22:41
コウコさん、こんばんは^^
2枚目にあるコガモのカップルの雌は、本当に幸せそうな顔をして、笑っているように見えますね。
微笑ましいです。

アオサギは、ずっとあのポーズで魚を狙っていたのですか? 笑

藤の花がもうこんなに綺麗なのですね。
そろそろ薔薇も咲いてくる季節になりましたね。
URL|Ariane #EW/CXf8k[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック