FC2ブログ

冬隣

2019.10.30.Wed
2019年10月28日

狭山湖のノゴマとノビタキが心残りで、5日後に再び訪れました。

DSCN7611s.jpg 

しかし期待のノゴマとノビタキには外れたものの、期せずしてホオアカ
とセッカに出合いました。




DSCN7616s.jpg

堤防の斜面は今、芒と背高泡立草などの秋草に彩られています。




DSCN7344s.jpg

遊歩道を横切って茂みの中に入ったのはホオアカでした。




DSCN7337s.jpg

頬の赤みが名前の由来とは覚えやすく、頬紅が愛らしいです。




DSC_0137s.jpg

遠くの芒に何かが止まりました。




DSCN7412s_20191030155629115.jpg

セッカです。都道府県の多くで絶滅の恐れがあるレッドリストの
指定を受けています。(雌雄同色、スズメより小さい)




DSCN7432s.jpg





DSCN7323s_20191030155526b6a.jpg

背高泡立草にホオジロ嬢です。ちょっと美人に見えます。




DSCN7385s.jpg

ホオジロ♂




DSCN7362s_20191030155439067.jpg

ホオジロのペア。先ほどまで遊歩道に出て揃って採餌中でした。




堤防の階段にタヒバリが降りました。

DSCN7457s_20191030155413e3b.jpg





DSCN7478s.jpg

脇の草むらに入って採餌です。





DSCN7481s.jpg




ノゴマのカメラマンが少ないので堤で暫し休息するジョウビタキ♂。
                        (訂正)
DSC_0104s.jpg



               ***



ビデオ撮影の夫から、ガビチョウの群れが降りてきたとの連絡が入り
ました。

DSCN7589s_20191030155205c59.jpg

駆け付けたものの既に群れは消え、暫くして1羽が藪から出て来ました。
落葉をひっくり返しては餌を探しています。




DSCN7600s.jpg

ガビチョウの後にやって来たのはアオジ♀です。渡来したばかりなので
しょうか警戒心が強いようです。藪からチラッと顔を覗かせながら漸く
出て来ました。(冬鳥/旅鳥)




DSCN7627s.jpg

近くの木立に入ったアオジ♀は先ほどの個体でしょうか。



                *



DSCN7509s.jpg

展望デッキから湖面を見渡すと5日前は数十羽の水鳥(ヒドリガモ
ホシハジロ、コガモ、キンクロハジロ、マガモ、カンムリカイツブ
リ、ハジロカイツブリ、ユリカモメ)でしたが、今回は百羽単位の
群れが幾つか見えます。




DSCN7494s.jpg

狭山湖で数多く越冬するマガモが一挙に数を増しました。




DSCN7582s.jpg

前回見られなかったオオバンが忽然と飛来したようで、数は一番多い
ようです。



                *



狭山湖で見られる殆どのカモ類がこれで出揃いました。そして山野
の夏鳥と旅鳥が次第に見られなくなり、冬鳥が増えて来ました。晩
秋の狭山湖に冬が近づいています。


最後までご覧下さり有難うございました。

スポンサーサイト



見えぬけれどもいるんだよ

2019.10.26.Sat
 2019年10月23日

約一年ぶりの狭山湖です。(埼玉県所沢市)

DSCN6400s.jpg

甲府気象台によると富士山は昨日(10/22)今季の初冠雪を観測した
と発表しました。




DSCN6404s.jpg

雪化粧は7合目までだそうです。朝日に照り輝く冠雪の富士山の美しさ
は格別です。




DSCN6997s_201910252353302bb.jpg

かなり遠くに水鳥の群れが現れました。冬のカモ類のヒドリガモ
ホシハジロ、コガモ、キンクロハジロ、マガモ、そしてカンムリ
カイツブリです。




DSCN7006s.jpg

更に奥に見えるのはカンムリカイツブリの群れで、冬本番には
数百羽にも膨れ上がり大集団になります。(冬鳥)




DSCN7112s_20191025235250a99.jpg





DSCN7150s_2019102523515931a.jpg

ユリカモメが1羽着水しました。(冬鳥)




DSCN7044s_201910252351343b9.jpg

目が赤いハジロカイツブリは離れ離れに3羽です。(冬鳥)




DSC_0086s.jpg

堤防にヒバリが1羽やって来ました。(冬鳥)




DSCN6426s.jpg

お腹が空いているらしく餌探しに熱中です。




 DSCN6429s_20191025235029887.jpg

草の種も食んでいました。




DSCN7178s_201910252350126ad.jpg

水際で採餌するのは冬羽のハマシギです。(旅鳥/冬鳥)



               ***



今日の狙いは渡りの途中のノゴマです。ギャラリーはすでに50名以上
で撮影ポイントは入る隙間もありません。堤防下の植え込みに現れるの
で日がな一日待ち続けますが、出た、出ないと情報が飛び交っています。
地元のバーダーさん曰く、全く居ないわけではないそうです。




植え込みにちょくちょく現れるのはホオジロでした。

DSCN7265s_20191025234947022.jpg

ノゴマは一瞬姿を見せて植え込みに引っ込んでしまいます。チャンスは
何度もあったわけではありませんが数名の方がノゴマ♂を撮られました。
一方、大勢の方が撮らずに帰って行かれました。




DSCN6903s.jpg

ノゴマを待ちながらノビタキにカメラを向けました。この位置では逆光
で、しかも遠方では思うように撮れません。(夏鳥/旅鳥)




一斉にカメラが並ぶ前方には遊歩道がありますが、遠慮して人は通らず
鳥たちも気軽に降りて餌を探しています。

DSCN7070s.jpg

その中にタヒバリがいました。(冬鳥)



               *



東屋の近辺でモズとジョウビタキに出合いました。

DSCN6983s_201910252347550de.jpg

モズ♂




DSCN6993s.jpg

ジョウビタキ♀(冬鳥)



                *



期待のノゴマを撮ることは叶いませんでした。見えないけれども植え
込みの中にいることは確かでした。野鳥撮影は体力と根気でしょうか。
鳥運もあるかもしれません。そして一番は情熱かもしれません。先輩
のバーダーさんを拝見して思ったことでした。



最後までご覧下さり有難うございました。

新木場 10月中旬

2019.10.22.Tue
2019年10月20日

約1ヶ月半ぶりの新木場(東京都江東区)です。前回は秋の渡りの途中
日本に立ち寄る旅鳥のチュウシャクシギの群れとキョウジョシギ、今回
は冬鳥のジョウビタキとヒドリガモの群れに出合いました。

DSCN6175s.jpg

野鳥たちは新木場と荒川対岸の葛西臨海・海浜公園を行ったり来たり
している様子です。




荒川に沿った緑道を散策中、羽がオレンジ色の小鳥が眼前を過りました。
ジョウビタキ♂かもしれません。

DSCN6342s.jpg

藪の中に入ったので屈んで辺りを見て回ると・・・居ました、いました!




DSCN6360s.jpg

休憩でしょうか、このまま7分ほどじっとしています。その後、木立や
有刺鉄線でも姿を見かけましたが瞬時なので撮るには至りません。飛来
したばかりなのでしょうか。あちこち飛び回り、警戒心が強いようです。



               ***



緑道から崖下の遊歩道に降りるとダイサギ、コサギ、アオサギ、カワウ
ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ等の水鳥が集まっています。

DSCN5762s.jpg

中でも50羽前後のヒドリガモの群れは今季初見なので、カメラを向け
ました。それぞれ10羽前後の群れが一ヶ所に集まっています。




DSCN5811s.jpg

観察を始めて間もなく隣の夢の島マリーナから繰り出したプレジャー
ボートの音と波しぶきに驚いて、ヒドリガモが一斉に飛び立ちました。




DSCN5812s.jpg

すると他の群れも次々に葛西へ飛び去って行きます。



                *



DSCN5752s_20191022212804456.jpg

幸い、群れの一つが残ったので中断せずに済みました。




DSCN5774s.jpg

ヒドリガモ(左♂、右♀)




DSCN6030s.jpg

ヒドリガモ♂




地味な羽の色です。

DSCN6029s.jpg

エクリプス(非繁殖羽)の雄がいるので識別は難しいです。




ヒドリガモの雄は翼を広げると緑色の模様があります。

DSCN5963s.jpg

この個体は雄のヒドリガモです。




DSCN5965s.jpg





DSCN5975s.jpg



                *



ヒドリガモを観察しているとイソシギが現れました。

DSCN6044s.jpg





DSCN5835s.jpg

イソシギは餌場を飛んで移動するので着地時に見つけます。新木場
ではあちこちで見かけるので個体数が多いのでしょうか。




DSCN5822s.jpg

餌のカニが豊富なのは確かです。



                *



緑道の上空で「ピーヒョロロ」の鳴き声を耳にしましたが、並木
からは見上げられません。

DSCN6185s.jpg

ところが何と!帰りがけにトビが遊歩道の手すりに降りていました。




DSCN6187s.jpg

トビを撮ることは滅多にありませんが、これも出合いと思ってカメラ
を向けました。




DSCN6190s.jpg

前方から人が近づく僅か数十秒のことでした。



                *



サイクリングがてら気軽に行ける新木場です。四季折々の野鳥との
出合いが楽しみで、しかも東京湾を一望する気分は爽快です。

DSCN6257s.jpg




最後までご覧下さり有難うございました。

嵐の前のサンクチュアリ

2019.10.12.Sat
2019年10月10日

今年最強勢力といわれる台風19号が週末にかけて都内に接近する
ので、急ぎ葛西臨海公園(東京都江戸川区)へ鳥見に出かけました。

10/5はタシギとアカゲラ。今回はキセキレイとキビタキ♂に出合
いました。

DSC_0569s.jpg

キセキレイは田んぼの観察窓を何度も覗いて漸く捉えました。微かな
動きに目を凝らさないと見つからず、双眼鏡で確認します。最後に覗
いた時は誰もおらず、幾分近づいて来ました。




DSC_0576s.jpg

尾羽を上下に振りながら忙しく昆虫類を探しています。(留鳥/漂鳥)




DSC_0579s.jpg

夏季に渓流で出合ったキセキレイとの再会は格別です。



                *



カワセミの狩りの撮影は避けてきましたが、初心者ならば難しいのは
当然と開き直って、手持ちでしたが挑戦してみることにしました。

DSC_0160s.jpg

これでは、やはり三脚は必須です。




DSC_0105s.jpg





DSC_0197s_20191012192414a6b.jpg

カワセミ君が捕まえた小魚です。



                *



擬岩の観察窓でもアオアシシギが捕食に励んでいます。

DSC_0262s.jpg DSC_0264s_2019101219233835d.jpg

捕らえたのは赤トンボでした。



DSCN5383s.jpg

バレリーナを想わせるポーズです。



                *



上の池では越冬のためにカモたちが渡来しました。(冬鳥)

DSC_0087s_20191012192253477.jpg

遠くに見えるのはヒドリガモです。




DSCN5311s_201910121922341d5.jpg

少し近くなりましたが、まだ識別出来ない距離です。




DSCN5262s.jpg

ヒドリガモに続くのはオナガガモ(左)とコガモ(右)です。
オナガガモはエクリプス(非繁殖羽)で本来の冬羽とは全く
異なります。




DSCN5263s_201910121921553d0.jpg

コガモ。




DSCN5243s_2019101219213424f.jpg

カイツブリ、オナガガモ、ヒドリガモ。




DSCN5236s_20191012192034c9b.jpg

カイツブリは毎年繁殖し、通年見られるので、この個体は生え抜きで
しょうか。北からのお客さんが珍しくてカモ類に付きまとっています。
ヒドリガモに疎まれて嘴で突かれましたが懲りない様子です。




DSC_0393s.jpg

奥の対岸近くで泳いでいたエクリプス(非繁殖羽)の
ハシビロガモで、やっと見つけました。





5日前に水門付近で見かけたホシゴイです。(ゴイサギの幼鳥)

DSC_0295s.jpg





DSC_0303s.jpg

前回はなかなか餌にありつけない様子でしたが、今回は立て続けに
捕食しました。




DSC_0305s.jpg





DSC_0310s.jpg

捕ったよ!と言わんばかりに真後ろに向き、獲物を見せてくれました。
                               


                *



園内のカメラマンの多くはキビタキ♂を撮影していました。

DSC_0340s.jpg

通りがかった際に急きょ割り込んで撮らせて頂いた一枚で
束の間の証拠写真です。



              *



先月(9/9)首都圏を直撃した台風15号は観察史上最強のクラスだ
そうです。埼玉県内ではスズメやムクドリが路上で約3千羽も大量死
しました。今回の鳥見では園内のサンクチュアリはいつも通り穏やか
です。しかし台風19号の接近を想うと嵐の前の静けさで、野鳥たち
の明日の身が心配でなりません。


最後までご覧下さり有難うございました。

秋晴れの葛西臨海公園

2019.10.07.Mon
2019年10月5日

約3週間ぶりの葛西臨海公園です。今回は常連のバーダーさんの方々
から、あちこちで鳥の情報を頂いて観察することが出来ました。

鳥類園ウォッチングセンターの2階から下の池を眺めると・・・。

DSCN4963s.jpg

2羽のタシギが食事に来ているとのことです。(旅鳥/冬鳥)




DSCN4850s.jpg

もう1羽は岩の付近にいました。




DSCN4878s.jpg

このカニにとってタシギは天敵ではなさそうです。




DSCN4888s_2019100716171023c.jpg

タシギは長い嘴でゴカイ類などを引っ張り出して食べます。




DSCN4910s.jpg

春と秋、渡りの途中に飛来する旅鳥ですが、本州中部以南では
越冬する冬鳥です。葛西臨海公園では秋から春まで観られます。



               *



ホシゴイは水門付近でよく見かけます。(ゴイサギの幼鳥)
DSCN4619s.jpg

ボラの幼魚を狙っていますが、水中にダイブするカワセミには敵い
ません。




DSCN4828s_20191007161553808.jpg  DSCN4829s.jpg

1時間半後に再び覗いてみると羽繕いをしていました。果たしてボラに
ありつくことは出来たのでしょうか。




DSCN4670s.jpg  DSCN4671s.jpg

カワセミの観察窓では、お嬢さんが立て続けに狩りに成功していました。
3羽(♀2、♂1)のカワセミはそれぞれ水門♀、下の池♂などで活発
に挑んでいます。



                *



擬岩の観察窓ではアオサギで賑わっていますが、アオアシシギが1羽
休憩中です。ちょっと眠そうでした。(旅鳥)

DSCN4654s.jpg

ようやく立ち上がりましたが、食事に取り掛かる様子もありません。




DSCN4647s_2019100716140621c.jpg

聖母マリアの静かな祈りを想わせるような・・・アオアシシギの表情に
見惚れてしまいました。




アカゲラの情報が入ったので駆け付けましたが、一足違いで奥へ移動し
た直後でした。人が入って行けない雑木林の藪を覗き込んでも鳴かない
と全く手掛りがありません。

DSCN4980s.jpg


DSCN4981s.jpg

居合わせたベテランの方が居場所を教えて下さったものの
写真にならない証拠写真になってしまいました。



               ***



次に渚橋を渡って葛西海浜公園へ向かいます。いつも通りの東西なぎさ
間水路での観察です。

DSCN5109s.jpg

3羽のイソシギが餌を探しています。単独行動のイソシギを見てきたの
で意外でした。互いに接近すると喧嘩腰です。偶然に居合わせた3羽で
しょうか。




DSCN5134s.jpg





西なぎさには3週間前と同じように19羽のスズガモがいます。沖から
かなり近づいて来ました。

DSCN4294s.jpg





DSCN4298s.jpg

前回と同じく殆ど雌です。




渚橋から海浜公園を見渡していると、カワウがエイを捕まえました。

DSCN4328s.jpg





DSCN4356s.jpg

魚なら頭から呑み込みますが、エイはどのように食べるのでしょうか。




DSCN4397s_2019100716095769f.jpg

宙に投げ・・・。




DSCN4369s.jpg

一気に呑み込むつもりですが、顎が外れんばかりです。




DSCN4402s.jpg

何度も繰り返しますが失敗の連続です。渚橋に近づいて来たので観察し
易かったのですが、橋を潜り始めたところで中断を余儀なくされました。




夕日に寛ぐイソヒヨドリ♂です。

DSCN5171s.jpg  DSCN5173s.jpg


  
                *



みっともないアカゲラの証拠写真ですが、敢えて没にはしませんでした。
アカゲラが訪れたことで、葛西臨海公園での鳥見が今後ますます楽しみ
になりました。


最後までご覧下さり有難うございました。[全文表示]



ミサゴ&オオタカ

2019.10.01.Tue
2019年9月30日

6日前(9/24)に訪れた水元公園ですが、様子が気になって
再びやって来ました。

DSCN3844s.jpg

前回、彼岸花は咲き始めたばかりでしたが満開の見頃を迎えて
います。今季は何処も一週間以上遅れているそうです。




朝7時に到着し、散策しながら第4観察舎へ向かいました。

DSCN3882s.jpg

先着のバーダーさんが開口一番「ミサゴが来ていますよ」と
教えて下さいました。




DSCN3876s.jpg

小合溜ではボラが盛んに飛び跳ねているので餌には恵まれています。




DSCN3911s.jpg

ミサゴの上ではカワウが休憩し・・・。




DSCN3914s.jpg

ミサゴの下ではカワセミが餌を狙うという珍しい光景でした。




DSCN3989s_201910012235427c2.jpg

1時間後に再度覗いて見ると、食後の表情は寛いだ様子です。



               *


森の散策路を歩きながら耳を澄まし、目を凝らしていると・・・。
なんと!オオタカの若鳥です。

DSCN3977s.jpg





DSCN3978s.jpg

慌てて連写しましたが、たった7秒の出合いでした。



                *



DSCN4019s.jpg

森では課題のムシクイを探しましたが、高木の梢を飛び回っているので
枝被りが多く、やっと撮れた一枚はお腹だけです。センダイムシクイと
メボソムシクイが混ざっているそうです。識別は出来ませんでした。




DSCN3953s.jpg

お腹に縦縞があるのでエゾビタキです。




DSCN4026s.jpg

数羽の群れでやって来ました。




DSCN4059s.jpg

今、一番人気のキビタキ♂です。




DSCN4057s.jpg

肉眼では見えないほど遠いので、写真はトリミングしました。




離れ離れですが同じ散策路で、同時に雌雄のキビタキが観られます。

DSCN4039s.jpg

ここでは3羽のキビタキ嬢が一緒に採食に来ました。




DSCN4035s.jpg

雌がいる所には雄が近づけないようです。




DSCN4034s.jpg

どうやら雌のほうが雄より強いようで「どの世界も同じだね」と殿方が
呟いていました。



                *



釣り人の傍らには、ダイサギやアオサギがよく来ています。

DSCN3852s_20191001223107a88.jpg  DSCN3850s.jpg

DSCN3854s_20191001223032747.jpg DSCN3858s_20191001223008f69.jpg

餌を貰いたい様子です。小魚が釣り上がると「待っていました!」と
ばかりのリアクションでしたが、釣り人にストップされるとあっさり
その場を去って行きました。



                *



自然も生き物も一週間で変わることがあれば、代り映えしないことも
あります。その日その刻は私にとって2度と訪れることはありません。


最後までご覧下さり有難うございました。