FC2ブログ

葛西臨海・海浜公園 8月下旬

2019.08.27.Tue
2019年8月25日

シギチドリの秋の渡りを観ようと久々に、先ず葛西海浜公園へ向かい
ました。

DSCN7482s.jpg

コサギとダイサギの彼方は、立ち入り禁止になっている自然保護区の
東なぎさです。




DSCN7589s.jpg

カワウとウミネコの大群が見えます。




DSCN7888s.jpg

手前に見えるのはオオセグロカモメでしょうか。(留鳥/冬鳥)




DSCN7777s.jpg

左にウミネコがやって来ました。




DSCN7944s.jpg

オオセグロカモメは交互によく飛び回っています。




DSCN7841s.jpg





DSCN7523s.jpg

証拠写真にもなりませんが、識別出来ない距離に1羽の嘴
の長い旅鳥を見つけました。ダイシャクシギでしょうか。


   
                *



東西なぎさ間水路ではソリハシシギとキアシシギを観察しました。

DSCN7601s.jpg

ソリハシシギは嘴が長く反り上がり、足は短く橙黄色です。(旅鳥)




DSCN7686s.jpg

休息中のソリハシシギは20羽以上で、思い思いにストレッチや
羽繕い、そして熟睡する個体もいました。




DSCN7625s.jpg





DSCN7724s_20190827211745246.jpg

採餌中のキアシシギが、ソリハシシギの傍を通りがかりました。
似た者同士で短めの足です。黄色のキアシシギの足は、橙黄色
のソリハシシギより少し長めです。




DSCN8167s.jpg

数羽のキアシシギはカニを捕まえて食べています。(旅鳥)




西なぎさの海水浴体験は今日が最終日です。

DSCN7013s.jpg

遊泳区域はロープで仕切られ、その先には2羽のカンムリ
カイツブリが泳いでいます。越夏している個体で西なぎさ
ではよく見かけます。



               ***



次に葛西渚橋を渡って葛西臨海公園へ移動します。

DSCN7247s.jpg

下の池の擬岩の観察窓を覗くと3羽のコチドリが餌を探して
いました。(夏鳥)




DSCN7222s_201908272116258b9.jpg

コチドリとコサギ。




DSCN7273s.jpg

コチドリはコサギ、ダイサギ、アオサギの合間を縫って
の採餌で、接近すると羽搏いて譲らざるを得ません。



                 *



下の池の水門で、カワセミがボラの稚魚を狙っています。

DSCN7051s_2019082721152853b.jpg





DSCN7040s.jpg

成鳥の雌です。




DSCN7031s.jpg

警戒して時々空を仰いでいました。




DSCN7057s.jpg

やがてコサギが来て次にダイサギが現れると、カワセミ嬢は
狩りを諦めて飛んで行ってしまいました。




移動した先は上の池の田んぼです。

DSCN7355s.jpg

ここの小さな池の水面を睨み、周囲を見渡していました。




カワセミ嬢がこの場を離れると、入れ替わりに幼鳥♂が2羽
やって来ました。

DSCN7122s.jpg

他所で生まれたようですが、行動を共にする兄弟でしょうか。




DSCN7185s.jpg



                *



鳥見の最後に覗いた上の池では、カワセミ嬢を見かけること3回目。

DSCN7028s_201908272112010e8.jpg





DSCN7411s_20190827211147b66.jpg

葦に掴まって狩りに集中です。




DSCN7454s.jpg

漸く小魚を仕留めました。




上の池はダイサギ、コサギ、アオサギ、カイツブリ、そしてヨシ原で
涼むカルガモが目につきますが、暫く佇んでいると遠目にカイツブリ
の雛が泳ぎ回っています。

DSCN7404s.jpg

親離れした個体でしょうか。何番子なのでしょうか。



                *



北半球から南へと、秋の渡りの途中に立ち寄った旅鳥のソリハシシギ
キアシシギ、ダイシャクシギ、冬鳥のオオセグロカモメ、越夏のカン
ムリカイツブリ等を観察しました。


最後までご覧下さり有難うござました。
スポンサーサイト



谷津干潟 8月中旬

2019.08.20.Tue
2019年8月18日

冷房の効いた部屋に閉じこもっていると体が鈍ってしまうので、炎天へ
打って出る思いで谷津干潟(千葉県習志野市)へ鳥見に出かけました。

DSCN6271s.jpg

谷津干潟の干潮は1時間半遅れなので、見計らって午後2時半に到着。




秋の渡りのシギチドリはぼちぼちで、当てが外れる日もあるようです。
ちょっと残念でしたが、今日は馴染みの顔ぶれを観て来ました。




DSCN6450s_20190820222911031.jpg

キアシシギは数羽ずつ、あちこちで見かけるようになりました。
口笛に似た一拍三連の鳴き声をよく耳にします。(旅鳥)




DSCN6466s.jpg

カニが豊富なので、容易に捕まえては食べています。




DSCN6386s.jpg





DSCN6267s.jpg

カイツブリは潜水を繰り返しながら、キアシシギの傍を通りました。




DSCN6231s.jpg

こちらの6羽のキアシシギは飛翔しながら舞い降りたので分かり
ましたが、かなり遠いです。




DSCN6227s.jpg

右の2番目が青い標識をつけています。判読は出来ませんが「C6」
と「J2」は8年連続で谷津干潟に飛来しているそうです。
青い標識のある個体は三角干潟で見つけました。



                *



DSCN6272s.jpg

アオサギが次々と舞い降りて来ました。




DSCN6328s.jpg

こちらは、ゴカイ類を捕まえたアオサギの幼鳥です。




DSCN6318s_20190820222647ef7.jpg

ウミネコは捕まえた獲物に逃げられてしまいました。




DSCN6314s_20190820222626ad3.jpg

ウミネコ、ダイサギ、カルガモ。




DSCN6302s_20190820222603607.jpg

干潟に降りるダイサギも次第に数を増しています。



                *



DSCN6674s.jpg

干潟の真ん中に、何時の間にか数十羽の鷺が集まりました。




DSCN6792s.jpg

ダイサギとカワウが数十羽ずつで、コサギとアオサギが混じっています。




DSCN6739s_201908202224553fc.jpg





DSCN6801s.jpg





DSCN6770s.jpg

上げ潮に乗ってボラの大群が一気に入ってきたのでしょうか。潜水上手
なカワウが断然有利です。




DSCN6696s.jpg

谷津干潟は水路で東京湾とつながっています。潮の干満とともに海水が
干潟に出入りするそうです。ボラ、ハゼ、カレイ、スズキ、アカエイ等
を見かけます。



                *



谷津干潟到着時は、蝉の合唱が大音量なので驚きました。やがて耳が
慣れ、気にならなくなりました。

透明な翅のミンミンゼミ。

DSCN6665s.jpg DSCN6673s.jpg




茶色の翅のアブラゼミ。

DSCN6505s.jpg



                *



今日はアオサギ、ダイサギ、コサギ、キアシシギ、ウミネコ、カルガモ
カイツブリ、カワウの8種類を観察しましたが、谷津干潟自然観察セン
ターの「本日のフィールドノート」では、他にオナガガモ、イソシギの
計10種類でした。シギチドリの渡りのピークは8月下旬頃でしょうか。
もう一度訪ねてみたいと思います。


最後までご覧下さり有難うございました。

ハス田の親子

2019.08.13.Tue
2019年8月10日

国道16号線を走行中、長須賀(千葉県木更津市)のハス田に
一時間余り立ち寄りました。

ハス田の花の見頃は過ぎましたが、所々白やピンクに彩られています。

DSCN5989S.jpg

この田んぼは手付かずなので、水鳥がよく舞い降りて来ました。




長須賀のハス田はセイタカシギの繁殖地として知られています。

DSCN5786S.jpg

セイタカシギ♀夏羽。(旅鳥/留鳥)
子育ては終えたようですが、まだ残っている家族がいます。




DSCN5990S.jpg

2羽の幼鳥が競って餌探しです。(動物食)




DSCN6005S.jpg





DSCN5342S.jpg





DSCN5491S.jpg

なかなか見つからなかったセイタカシギの雄(真ん中)は、やや離れ
て家族を見守っていました。




DSCN5431S_20190813172101da5.jpg

セイタカシギ(体長37cm)。  ダイサギ(体長90cm)。



              *



DSCN5246S_20190813172033a3d.jpg

バンの親子を見かけたのは蓮の葉の中で、しかも逆光で撮れません。




少々諦め気味で双眼鏡を覗いていると、距離はあるもののバンの家族
を見つけました。(夏鳥/留鳥)

DSCN5632S_20190813172014c74.jpg

左からバンの幼鳥、成鳥、雛。




DSCN5579S_20190813171953df0.jpg

幼鳥(右)。




DSCN5616S.jpg

2羽の雛。




DSCN5647S_2019081317181707f.jpg

もう一羽の雛は少し離れて餌を探していますが、こちらは親の後を
追い駆けて餌をねだっています。(雑食性)



DSCN5666S.jpg

漸く餌にありつけました。




DSCN5682S.jpg

この幼鳥は最初に孵った子でしょうか。2度目に孵った雛に餌を与え
ています。上の子が子育てに協力するシーンは初めて観ました。




DSCN5540S_2019081317170911a.jpg

羽繕い中のバンの親がお尻を向けました・・・パチリ。




DSCN5461S.jpg

他の水鳥に交じって休息するバン。



               *



2羽の雛を連れて泳ぐカイツブリです。(留鳥/漂鳥)

DSCN5435S_20190813171632c5c.jpg

親はかなりのスピードなので、雛は遅れまいと全力でついて行きます。




DSCN5853S.jpg

2羽の雛は離れたり追いついたりしていますが、親は我が子を突いて
追い払う素振りをしました。親離れの自立を促す行為でしょうか。




DSCN5452S_20190813171551bb1.jpg

カイツブリ(左下)の小さなこと!




DSCN5458S_2019081317152734f.jpg

カイツブリ(体長26cm)。 セイタカシギ(脚の長さ25cm)。



                *




DSCN5399S_201908131715086b1.jpg

白鷺のダイサギ、チュウサギ、コサギ、そしてアオサギ(蒼鷺)が
集まっています。




DSCN5413S.jpg

餌を捕らえたダイサギ。(肉食性)




DSCN5967S_20190813171425a1b.jpg

飛ぶアオサギと、幼鳥のチュウサギ(夏鳥)。




DSCN5954S_20190813171406e3e.jpg

アオサギの親子。




DSCN5360S.jpg

コチドリ(夏鳥)の親子が採餌に何度も現れました。




DSCN5387S_20190813171323576.jpg

幼鳥のコチドリ。(動物食)



                *



長須賀のハス田はセイタカシギの繁殖地ですが、バン、カイツブリ
カルガモも繁殖しています。他にチュウサギ、アオサギの親子も観
察出来ました。バンの幼鳥が雛に餌を与え、子育てに協力するシー
ンに感動しました。


最後までご覧下さり有難うございました。

アオバズク&アオバト

2019.08.08.Thu
2019年8月6日

住宅街の小さな神社(神奈川県平塚市)にある古木のタブに、毎年
営巣するアオバズクの親子に逢って来ました。

DSCN4359s.jpg

朝6時40分、アオバズクの父親が黄色のアイリングの目をパッチリ
開けて出迎えてくれました。(青葉木菟 全長29cm ハト大)
日本には繁殖のために、青葉の萌える頃に渡来する夏鳥です。




DSCN4414s.jpg

右上の3羽は雛で右下が母親です。夜行性なので昼間は休んでいます。
父親は眠そうに片目を瞑りますが、時々かっと見開いて、母と子を見
守っている様子です。




DSCN4403s.jpg

雛の1羽が目を覚ましました。




DSCN4406s.jpg





DSCN4375s.jpg

丸い顔、もこもこの胸、親譲りのパッチリした目が愛らしい雛です。




DSCN4381s.jpg DSCN4382s.jpg

DSCN4386s.jpg DSCN4388s_20190808223454745.jpg

この子は好奇心旺盛であちこち見ています。カメラ目線は雛ながら
凛々しいです。

居合わせた方に次はアオバトを撮りに行くと話すと、周りの方達
からも「いま直ぐ言った方がいいですよ」と勧められました。
海岸での炎天下の撮影は厳しいそうです。



               ***



照ヶ崎海岸(神奈川県大磯町)へ車を走らせて約5km。駐車場から
堤防が見えます。

DSCN4428s_201908082234292c9.jpg

堤防の上からも少し観察して、浜辺へ下りて行きました。




DSCN4859s.jpg





DSCN5037s.jpg

高波が岩礁にぶつかり、ダイナミックな飛沫を上げています。




DSCN4480s_20190808223333e9e.jpg

アオバトは40羽前後の群れで上空に現れ、更に同じような群れが
続きました。




DSCN4507s.jpg

アオバトは丹沢山地(神奈川県北西部)から飛来するそうです。道理で
以前、宮ヶ瀬湖(東丹沢)へ向かう途中に低く飛翔する2羽を車窓から
眺め、湖畔の早戸川林道の2ヶ所では1羽ずつ撮ったことがありました。
今回、海で撮るのは初めてです。




DSCN4962s.jpg

徐々に岩礁に降りて来ます。




DSCN4611s.jpg

オリーブ色のアオバトです。(留鳥/漂鳥 全長33cm キジバト大)




DSCN4845s.jpg

頭を突っ込んで、岩礁の窪みに溜まった海水を飲んでいます。植物食
のアオバトは、海水でナトリュウムやカリウムを補うそうです。




白波を被るアオバトたち。

DSCN4600s.jpg





DSCN4601s.jpg





DSCN4602s.jpg

溺れて死ぬことがあり、命懸けです。




DSCN4737s.jpg

雌雄を撮りたいと思いつつ・・・右の個体が雄のようです。




アオバト♂が、やっと撮れました。

DSCN4589s.jpg

雌は全体がオリーブ色ですが、雄は翼の肩が赤褐色です。




     DSCN4435s_20190808222728657.jpg




アオバズクもアオバトも共に1時間足らずの観察で9時前に現地を
発ちました。鳥友さんから詳しく教えて頂いたお蔭で、スムーズに
運び、良い機会に恵まれたことを感謝いたします。


最後までご覧下さり有難うございました。[全文表示]
[ 全文を読む ]

森林散歩 夏

2019.08.03.Sat
2019年7月31日

東京の猛暑を抜け出し、涼を求めて一路信州へ向かいました。軽井沢
から戸隠へ立ち寄り、森林浴と鳥見を楽しんで来ました。

この時期は予想通り、鳥影は極端に薄く、カメラマンも見かけません。

DSCN3805s.jpg

「軽井沢野鳥の森」の「ケラ池」では映り込みが美しい水面をゆったり
と泳ぐオシドリに出合いました。




DSCN3713s.jpg

丁寧な羽繕い。




DSCN3722s_2019080310542589f.jpg





DSCN3772s_20190803105401a9b.jpg

嘴を見ると、基部の羽毛に白斑がないので幼鳥のようです。オシドリは
この池の近くで繁殖し、親子でやって来ることがあるそうです。
                      (漂鳥/留鳥)



               ***



「戸隠森林植物園」では、先ず「鏡池」へ足を運びました。

DSCN3980s.jpg





DSCN4036s.jpg

肉眼では識別出来ない距離ですが、ここでもオシドリと逢うことが出来
ました。




DSCN3988s.jpg

夏のオシドリ♂は非繁殖羽(エクリプス)なので綺麗ではありません。
この位置からアオサギと群れのカワウも見ました。



                *



DSCN4318s.jpg

「みどりが池」では、キセキレイが元気に飛び回っています。




DSCN4104s_20190803105214984.jpg

杭から杭へ、同じ行動を繰り返していました。




DSCN4119s.jpg





ここではカイツブリとカルガモが繁殖しているようです。

DSCN4177s.jpg

カイツブリの成鳥。




DSCN4266s_2019080310512465f.jpg

産毛の雛ですが、親とは別行動です。




DSCN4307s_20190803105106f54.jpg 

3羽の雛たちは夕方合流して対岸のヨシ原へ消え、1羽の
幼鳥を連れたカルガモ親子が残っていました。




DSCN4130s.jpg

橙色の翅が美しいニホンカワトンボでしょうか。水辺で見かけました。



                *



DSCN3892s.jpg

林道のあちこちで夏ウグイスの流暢な声を耳にしますが、森林の奥
から聴こえてくる鳥の名は、とんと分かりません。




鮮やかな蝶が目を惹きます。

DSCN3890s_20190803105000417.jpg

キアゲハ(夏型♂表)。




DSCN3877s.jpg

ヒメキマダラヒカゲでしょうか。




DSCN3976s.jpg

シロミスジ。




DSCN4351s_2019080310485167d.jpg



                *



DSCN4047s.jpg

赤い鳥居が並ぶ「天命稲荷」です。




DSCN3929s.jpg

境内では数羽のヒョウモンチョウが乱舞していました。



                *



戸隠神社の「随神門」を潜り、杉並木の先が奥社です。お参りを
した方に訊くと、かなり遠くだそうです。

DSCN4087s.jpg

帰りがけに参道を一目散に横切るリスを一瞥!
初見の野生のリスにカメラを向ける余裕はありませんでした。



                *



この時期は縄張り宣言や繁殖期の囀りは聴かれず、生い茂る木々
の葉に遮られて鳥見は難しいです。2本の杖を両手に持って足早
に通り過ぎて行く、ポールウォーキングの方々を見かけました。

森の奥から聴こえる鳥の声とせせらぎに耳を澄ませ、ひんやりと
肌に触れる空気は心地よく、何処までも歩いて行ける気分でした。
鳥見のシーズンには、再び信州に訪れたいと思います。


最後までご覧下さり有難うございました。