FC2ブログ

囀りと子育て

2018.05.27.Sun
2018年5月25日

栃木県民の森(矢板市)に東京からはるばるやってきました。

DSCN6732s.jpg

森林展示館で野鳥情報をお訊きし、カメラマンが集まっているという
宮川渓谷の下流へ向かいました。




行き交う人と挨拶を交わしながら足を運ぶと、次々と鳥の情報を得る
ことが出来ます。

DSCN6962s.jpg

遊歩道で撮影中の方が営巣のアカゲラを教えて下さいました。親鳥は
今20分間隔で雛に給餌をしているそうです。




DSCN6977s.jpg

林立する一本の樹に昆虫を咥えて戻って来た親鳥は、巣の中に入って
雛に餌を与えました。お陰さまで初見・初撮りが叶いました。




DSCN6759s.jpg

ペアのコゲラが忙しそうに通り過ぎて行きましたが、捉えたのは後ろ
姿のみです。



                *



次にキビタキとオオルリの情報があり、期待しながら探索を続けて
いると・・・。

DSC_2316s.jpg

鳥のシルエットです!識別出来る距離ではありませんがズームアップ
するとキビタキでした。




DSCN6983s.jpg

枝で囀ることなく、羽繕いをしながらの休憩です。




DSC_2320s.jpg

オオルリは枝々を移動中で、逆光の後ろ姿を見かけました。




DSCN7014s.jpg




                *



宮川渓谷の上流へも行ってみましたが誰とも出会いませんでした。

DSCN6751s.jpg

下流は水溜まりがあるものの涸れた状態でしたが、上流は水量が
豊かです。




DSC_2000s.jpg

カワガラスのシルエットを発見!暗いので思うように撮れません。




DSCN6737s.jpg

餌捕りに夢中の様子です。その後カワガラスを数ヵ所で見かけましたが
距離が近いので直ぐに気づかれ、ことごとく逃げられました。




DSCN6746s.jpg

忙しそうに上流へ向かって行くキセキレイです。




森林から多くの囀りが聴こえたものの鳥の姿はなく、蝶を見かけました。

DSC_2333s.jpg

クロアゲハ♀




DSC_2306s.jpg

シャッターを切った途端に逃げられました。飛翔すると表翅は橙と黒
のヒョウ柄です。森林の林縁部を敏速に飛翔するクモガタヒョウモン♂
(雲形豹紋・中型)でした。




DSCN6726s.jpg

葉桜の中、初夏のウグイスが流麗に囀っています。




DSCN6729s.jpg




渓谷沿いは囀りの競演で、サンコウチョウの歌声も聴いたものの
出合えませんでした。



               ***



宮川渓谷で出会ったバーダーさんから営巣のハヤブサ情報を頂き、帰り
に塩谷町(栃木県塩谷郡)に寄ってみました。

DSCN6925s.jpg

移動中、畑でキジの雄叫びやホロ打ちを見かけました。




DSCN7116s.jpg

初夏の風にそよぐ青々した稲が涼やかです。車窓に次々映る水田を
見ていると、瑞穂の国であることをつくづく実感します。



                *



鬼怒川沿岸に聳え立つ60m程の大岩にハヤブサの巣があります。

DSCN7044s.jpg

初見のハヤブサの雛は白い産毛が抜け始めていました。
お腹を空かしているのか、元気にピューピュー鳴いています。




DSCN7039s.jpg

巣の外に糞をした際、産毛の下の黒い羽が見えました。




DSC_2349s.jpg

雛は孵化してから35~42日で巣立つそうですが、早いうちから
翼を広げて羽ばたきの仕草を見せました。




DSC_2134s.jpg

親鳥は雛の給餌を済ませ、再び狩りを目指して巣から出て行きます。




DSC_2084s.jpg

空中で糞をする親鳥。




DSC_2179s.jpg

戻って来た親鳥ですが、狩りは簡単ではなさそうです。




DSC_2142s.jpg

巣には行かずに・・




DSC_2233s.jpg

大岩の天辺で一休みでしょうか。




DSCN7102s.jpg

夕方、止まり木で長々と休憩中の親鳥を見かけました。雛は一羽しか
確認出来ませんでしたが食欲旺盛な子どもへの給餌は大変です。




DSCN7110s.jpg

羽繕いを始めました。

                *


栃木県民の森は都内の自宅から約150kmでこれまでの遠征地として
最も遠い距離でした。探索中に多くの方々と一期一会の出会いがあり
有難いことに貴重な情報を頂きました。


最後までご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

新緑の柳沢峠

2018.05.18.Fri
2018年5月15日

都内から青梅街道の最高地点、柳沢峠(山梨県甲州市・標高1,472m)
到着時(6:00)の気温は9度で、日中は27度まで上がりました。

DSCN6024s.jpg

新緑の峠に映える鮮やかな山つつじが目を惹きます。




目的のコマドリのスポットを探索したものの、姿を探し出すのは容易で
はありません。日本三鳴鳥(ウグイス、オオルリ、コマドリ)の一つと
される美声だけは何度か耳にしました。

DSC_1735s.jpg

一時は諦め気味でしたが、林道を更に登って行くとカメラマンを発見!
ようやく夏鳥のコマドリ♂と逢えました。初見初撮です。




DSCN6051s.jpg

水しぶきを浴びるコマドリ♀。




DSC_1681s.jpg

林道を下る途中、ヒガラのペアが営巣の巣材を探していました。




DSC_1549s.jpg

繁殖期のヒガラは落葉を掻き分けて羽毛を集めている様子です。



               ***



コマドリが高頻度で現れるというスポットでは多くのカメラマンが待ち
構えていました。本命は外れたようですがソウシチョウ、ゴジュウカラ
アカハラそしてクロジが姿を見せてくれました。

DSC_1617s.jpg

ソウシチョウ(相思鳥)




DSC_1614s.jpg

飼い鳥が野生化した外来種だそうです。




DSC_1472s.jpg





DSCN5985s.jpg

樹の幹を縦に下がりながら姿を見せるゴジュウカラ(五十雀)。




DSC_1630s.jpg





DSCN5997s.jpg





DSC_1505s.jpg

繁殖のために飛来した夏鳥のアカハラ(赤腹)。




DSC_1514s.jpg





DSC_1600s.jpg

高山で繁殖すると言う黒い体色のクロジ(黒鵐)、初見初撮です。



               ***



DSC_1788s.jpg

四方八方の囀りに耳を澄まし、若葉の輝きと薄い花びらの山つつじの
色彩を目にしながらの探索は疲れを知りません。




DSC_1789s.jpg





DSC_1721s.jpg

顔が黒い夏羽のアオジ♂を林道で見かけました。




DSC_1851s.jpg

ゲートに近い水場にも姿を見せています。




DSC_1806s.jpg

水場では夏鳥のキビタキ♂も登場です。




DSC_1811s.jpg





最後にコルリを撮ろうと居合わせた誰しもが忍耐深く待ち続けました。

DSC_1957.jpg

午後1時半過ぎ、ようやく夏鳥のコルリ登場です!水場に降り注ぐ午後
の日射しが強くて思うように撮れませんでした。




DSC_1881s.jpg





DSC_1964s.jpg




柳沢峠では繁殖期を迎えた山野の鳥♂たちが縄張りを主張して賑やかに
囀っています。そして南の国から繁殖のために日本に渡って来たコルリ
コマドリ、アカハラ、キビタキ等の夏鳥が元気な姿を見せてくれました。


                *


探鳥の8時間はアッと言う間に過ぎ、柳沢峠を後にしたのは午後2時頃
です。つづいて西湖野鳥の森公園(山梨県富士河口湖)方面へドライブ
して帰途に就きましたが、走行距離は更新の327kmでした。

DSCN6226s.jpg

初夏の富士山



最後までご覧下さり有り難うございました。

田植え時

2018.05.12.Sat
2018年5月10日

夫の郷里へ向かう道すがら今季も長須賀(千葉県木更津市)の蓮田
に立ち寄りました。
天気予報が外れ、曇り空と一時的な土砂降り、そして雨後の晴れ間
という天候不順の一日でした。

DSC_1204s_20180512155508b53.jpg

長須賀の蓮田はセイタカシギの繁殖地ですが、昨年は珍鳥のソリハシ
セイタカシギ(反嘴丈高鷸)が飛来して私共も駆けつけました。
先月は珍鳥のアカツクシガモ(赤筑紫鴨)が2日間姿を見せたと地元
の方からお聞きしました。




DSCN5710s.jpg





DSCN5721s.jpg

今季のセイタカシギは個体数が多く、蓮田の数ヶ所で抱卵中です。




DSCN5733s.jpg

この番は巣材を咥えていますが巣の補修のようでした。雨が続くと
営巣は大変なのではないでしょうか。




DSCN5740s.jpg

背後にある巣に戻った足元には4個ほどの卵が見えます。




DSCN5741s.jpg





DSCN5750s.jpg

何か捕食したようです。抱卵は雌雄交代ですが、身体が空くと食事に
精を出していました。





DSCN5723s_201805121553019f3.jpg

セイタカシギと同じ蓮田にストレッチ中のバンも見かけました。




DSCN5716s.jpg

蓮田の周りには葦が茂り、オオヨシキリの囀りが非常に賑やかです。




DSCN5785s.jpg

ヒバリの声はかき消されそうです。




DSCN5818s.jpg

水路にはイソシギが姿を見せましたが、こちらに気付きながらも
逃げようとはしませんでした。



             ***



夫の郷里では近年キジをよく見かけるようになりました。
ここ数年で急に増えたようです。

DSCN5838s.jpg

都会に暮らしていると、野草の花畑に佇むキジに出合っただけでも
嬉しくなり、癒されます。




DSCN5839s.jpg





DSC_1425s.jpg

野薊にはイチモンジセセリが吸蜜に訪れました。今季初見です。




DSCN5864s.jpg

距離はかなり離れていますが、キジのホロ打ちに目が止まりました。




DSCN5873s.jpg

これまで何度か見たもののシャッターチャンスがなく、今度こそと期待
しながら待つことにしました。




DSCN5874s.jpg

この日は待った甲斐があり、どうにか初撮りが叶いました。




都内ではあまり見かけなくなったツバメですが郊外では目にします。
田舎ではこの時季、田んぼの隅の泥を運ぶ姿をよく見かけます。

DSCN5911s.jpg

親ツバメの視線の先に子ツバメがいました。




DSCN5895s.jpg

今季、巣立った一番子でしょうか。


長須賀の蓮田と隣り合わせのヨシ原は広くはありませんが、セイタカ
シギとオオヨシキリが高密度で繁殖していることに驚きます。こらか
ら3週間もすれば雛が見られるので、また逢いに寄りたいと思います。



最後までご覧下さり有り難うございました。

巣立ちの日

2018.05.07.Mon
2018年5月5日

5月5日「子どもの日」に秋ヶ瀬公園(埼玉県さいたま市)のエナガ
と野木神社(栃木県野木町)のフクロウの雛がめでたく巣立ちました。

初夏の明るい光の下、新緑の林を歩くと心が洗われます。

DSCN5125s_20180507132732f3c.jpg

秋ヶ瀬公園では「子どもの日」とあって家族連れで大変な賑わいです。
「子供の森」の野鳥のスポットは広場から少し離れているもののバー
ベキューの煙がもうもうと伝わってきました。




DSCN5545s.jpg

営巣中のエナガですが、最初に巣から出た雛は朝7時過ぎだそうです。
3羽が出て来ると、親鳥は雛たちを連れて近くの樹に移動させました。




DSCN5552s.jpg

巣には何羽も残っており、餌を要求する雛の赤い
口が見えます。




DSCN5516s.jpg

巣立った3羽は風にそよぐ若葉に紛れているので、その姿は捉えにくく
撮るのに一苦労です。



                 *



DSCN5526s.jpg

暫くすると夏鳥のキビタキの美しい囀りが聴こえ、急きょエナガから
離れてこちらに集中です。




DSCN5534s.jpg

キビタキ♂は後ろ向きでしたが、ようやく前を向いて囀ったものの直ぐ
に飛び出してしまいました。




DSC_1025s.jpg

美声とは対照的に「ギィ―ギィー」と鳴くコゲラですが、林によく
響いています。



               ***



秋ヶ瀬公園から近い探鳥地に大久保農耕地があるそうで、ひとまず
立ち寄ることにしました。

DSCN5374s.jpg

大久保農耕地のサイクリングロードをロードレーサーの各グループが
軽快に突っ切って行きます。都会から田園にやって来ると、田んぼや
緑の草木を渡って来るさわやかな風に身心が癒される思いです。




DSC_1180s.jpg

広大な農耕地の土手では、ヒバリの囀りが
天地を賑わしています。




DSC_1186s.jpg





DSCN5485s.jpg

囀りの合間には草の種を採食していました。




DSCN5210s.jpg 

夏鳥のオオヨシキリも「ギョギョシ、ギョギョシ」と負けていません。
繁殖期の野鳥たちは盛んな囀りで縄張りを主張していました。




DSC_1108s.jpg

ひと目で見渡せる農耕地なので「ケン、ケン」と勇ましく鳴くキジの
姿は容易に見つけることが出来ます。




DSCN5389s.jpg

田んぼでは耕運機の後を追い駆け、掘り起こされた獲物をゲットする
夏鳥のチュウサギを見かけました。




DSCN5392s_20180507132119495.jpg

背と胸の羽毛が綺麗です。期待していたアマサギには逢えませんでした。



               ***



次に野木神社へ向かい、秋ヶ瀬公園を出たのは午後1時半過ぎでした。

DSCN5554s.jpg

巣から顔を見せた3羽の雛の中の1羽が今朝巣立ったそうです。新緑の
中の姿は捉えにくく、若葉風が小枝を揺らした隙に撮るつもりが、上手
くゆきませんでした。




DSCN5605s.jpg

巣に残る雛の1羽が、高い樹洞の縁から姿を見せました。




DSCN5626s.jpg

あどけない表情のなかにも、ちょっぴり不安な面持ちでしょうか。




DSCN5596s.jpg

親鳥♀は少し離れて見守っています。巣立ちを見届け、給餌もあるので
親は大変です。



                *



帰りに香取神社(茨城県古河市)にも寄ってみました。近くに来て地元
の方に道をお訊きすると「フクロウのいる神社ですね」とおっしゃって
快く教えて下さいました。一緒にいた可愛いお子さんには「頑張って下
さい」と励まされました。

DSCN5680s.jpg

撮影の時間帯はフクロウ営巣の保護の為に午前5時30分から午後6時
だそうです。制限時間ギリギリで1羽の雛を撮ることが出来ました。


今回は期せずしてエナガとフクロウの巣立ちの日に当たりました。期待
の鳥に逢えない日は、楽しみが先に延びたと思って鳥見に励んでいます。



最後までご覧下さり有り難うございました。