旅鳥のシギ・チドリ

2016.05.30.Mon
2016年5月30日

帰りがけに夫が「ちょっと三番瀬に寄ってみようか」と言い出し
折よくコンデジを持っていたので、すぐさま鳥見と相成りました。

DSCN1154_convert_20160529184038.jpg

この日の三番瀬は有料の潮干狩りが休みとあって閑散としています。




DSCN1253_convert_20160529184221.jpg

沖には多くの水鳥が見え、中でも圧倒的に多いのがアジサシです。




DSCN1014_convert_20160529181625.jpg


アジサシの群れにコアジサシがいます。
頭の黒いアジサシ・ハト位。黄色い嘴のコアジサシ・ヒヨドリ位


DSCN1129_convert_20160529181957.jpg





DSCN1094_convert_20160529182117.jpg

コアジサシに目を凝らしていると、一瞬の交尾行動を撮る事が出来
ました。正面のフォルムが美しく、自然の光景に惹きつけられました。




DSCN1135_convert_20160529182344.jpg

日本には繁殖のために渡って来たコアジサシです。


               ***


DSCN1016_convert_20160529182452.jpg

この鳥たちは渡りの途中に立ち寄った旅鳥で、左右の2羽がキアシシギ
大きめの2羽がダイゼン、手前の3羽のハマシギの中に1羽のキョウ
ジョシギがいます。(ダイゼンとハマシギは日本でも越冬します)


                *


カメラを向けて個々の行動を追ってみました。

DSCN1256_convert_20160529184611.jpg

キアシシギ・全長約25cm、左足に青と黄色のフラッグ、右足に足環




DSCN1023_convert_20160529182652.jpg

キョウジョシギ・体長約24cm




DSCN1146_convert_20160529184831.jpg


大型のチドリのダイゼンは全長約29cmでハト位、左足に足環


DSCN1132_convert_20160529182841.jpg




DSCN1097_convert_20160529182958.jpg

圧倒的な飛来数は翼が赤っぽくお腹が黒い夏羽のハマシギと
前述のアジサシです。




DSCN1218_convert_20160529185200.jpg

ハマシギ・体長21cm、、左足に青と白のフラッグ、右足に
足環(右はコアジサシ)




DSCN1081_convert_20160529183238.jpg

ハマシギの羽繕い




DSCN1071_convert_20160529183319.jpg

ハマシギの飛翔


               ***



オオソリハシシギとトウネンも旅鳥で渡りの途中で立ち寄りました。

DSCN1113_convert_20160529183506.jpg

赤褐色の夏羽になったオオソリハシシギ・全長39cm




DSCN1114_convert_20160529183619.jpg

嘴を砂に差し込んで採食しますが、時には頭まで水に入れていました。




DSCN1205_convert_20160529185351.jpg

オオソリハシシギの右足に付けられた足環(右はハマシギ)




DSCN1061_convert_20160529183739.jpg

着地したオオソリハシシギの濃い赤褐色の腹部(左はキアシシギ)




DSCN1028_convert_20160529183856.jpg

トウネンの夏羽は頭と胸が赤褐色で、ジギ類ではスズメ大の小型
全長14~15cm。群れで干潟をつついての忙しい採食です。

                *

これらのシギ・チドリは南の越冬地から北の繁殖地へ渡る途中に
日本に立ち寄りました。渡りは数千~約1万㎞の長距離で、中継
地では休憩とエネルギーの補給をするそうです。

足に標識を付けた個体が多く見られましたが、渡りの詳しいルート
等が一層明らかにされる日が楽しみになりました。


ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

里見公園のバラ&じゅん菜池

2016.05.25.Wed
2016年5月25日

DSCN0890_convert_20160524161813.jpg

里見公園(千葉県市川市)は街の中の身近な公園で、この時季の日常の
散歩には贅沢なローズガーデンです。




DSCN0923_convert_20160524162908.jpg

噴水の女性像を中心に銘花のバラたちが囲んでいます。一重咲きの
赤いつるバラは私が若き日に魅了された女優ロミー・シュナイダーに
捧げられたカクテルだと初めて知りました。
木々の新緑が日の光に輝く中、ひときわ美しいカクテルでした。




DSCN0895_convert_20160524162104.jpg

黄色から赤色に変化する色変わりのチャールストン。




DSCN0904_convert_20160524162458.jpg


花棚に零れんばかりのスパニッシュ・ビューティー。


DSCN0913_convert_20160524162608.jpg





DSCN0899_convert_20160524162229.jpg

黄色の房咲きのつるバラで人気のツル・ゴールドバニー。
このバラも前述のスパニッシュ・ビューティーもトゲが少ない品種
なので、その点を考慮して通路に植栽されたのかもしれません。




DSCN0892_convert_20160524161942.jpg

脇役のミニバラも目を引きます。




DSCN0917_convert_20160524162733.jpg

ピンク色系のバラが好きですがサーモンピンクも綺麗です。




DSCN0929_convert_20160524163143.jpg

訪れた時はまだ満開に至らず、これらは早咲きのバラたちでした。



               ***



何時も通り1km離れた隣のじゅん菜池にも寄ってみました。

DSCN0860_convert_20160524113532.jpg

予想していた通り池は見事にもぬけの殻で、黄菖蒲のみの景観です。
カモなどの水鳥たちで賑わったじゅん菜池ですが、繁殖地のシベリア
など北の国へ旅立ちました。
数千キロの旅を想うと、どうか無事に帰ってほしいと祈るばかりです。

   原発の荒野の空や 鳥帰る     コウコ




DSCN0872_convert_20160524160524.jpg

軽いドラミングの音につられて見上げると、コゲラが虫を捕食した
ところでした。




DSCN0861_convert_20160524160301.jpg

地上ではムクドリが営巣の素材を集めています。


                *


せっかく立ち寄ったじゅん菜池なので、何かないかと探していた
ところ、外来種のアカボシゴマダラに出合いました。

DSCN0880_convert_20160524161015.jpg

路上吸水に舞い降りた翅には赤班がないので、これは春型でした。
(左の翅の幅が広い方がメス)




DSCN0879_convert_20160524160834.jpg


オスはチャンスとばかりメスに接近して翅を掴みました。


DSCN0882_convert_20160524161135.jpg




DSCN0881_convert_20160524161220.jpg





DSCN0884_convert_20160524161323.jpg




DSCN0886_convert_20160524161627.jpg

遊歩道のど真ん中でしたが、歩行者が来ると少し移動しながらも
求愛行動は2分ほど。




            DSCN0876_convert_20160524160602.jpg

            風薫る5月のコンデジ散歩でした~♪


ご覧下さり有り難うございました。

水鳥の食事&東京タヌキ

2016.05.18.Wed
2016年5月17日

DSC_7917_convert_20160517160836.jpg

風の強い日の葛西臨海公園では、風を避けて鳥も人も下ノ池の擬岩に
集まりがちです。
道すがら水門を覗くとゴイサギがいましたが、なかなか獲物にあり
つけず、カメラを構える方が痺れを切らして去って行きました。




DSC_7922_convert_20160517160952.jpg

諦めて立ち去ろうとした時にゴイサギがゲットしたのは、お腹を
満たすには程遠い小さなボラでした。(体長58-65cm、留鳥)


                *



DSC_8045_convert_20160517160125.jpg

擬岩の観察窓ではチュウシャクシギが大きなカニをゲットして奮闘中で
です。




DSC_7968_convert_20160517160214.jpg

なるほどここはカニの宝庫です。後方にはキアシシギが見えます。




DSC_8077_convert_20160517160306.jpg

カニを嘴に挟んでは落とす動作を何度となく繰り返し、すでにカニの
足はちぎれてありません。




DSC_8108_convert_20160517160404.jpg

チラリと見せた舌は長めのピンク色です。




DSC_8110_convert_20160517160505.jpg

奮闘すること10分経過、大き過ぎるカニに休憩タイムを取りました。


                *


チュウシャクシギの奮闘に気を取られ過ぎたので撮影を中断し、他に
カメラを向けました。

DSC_7464_convert_20160517161623.jpg

1羽のタシギが泥の中に長い嘴を入れて採餌中です。




DSC_7488_convert_20160517161806.jpg DSC_7487_convert_20160517161843.jpg

時々可愛い仕草を見せてくれます。




DSC_7455_convert_20160517162005.jpg

ようやく獲物をゲットしました。(体長27cm、旅鳥)




DSC_7420_convert_20160517162111.jpg

足が黄色いキアシシギ(全長25cm、旅鳥)と、背中がレンガ色で
お腹が黒いハマシギ(全長21cm、旅鳥または冬鳥)の群れ。




DSC_7494_convert_20160517162232.jpg

ハマシギとキアシシギの中に、翼がオレンジ色模様のキョウジョシギ
(全長24cm、旅鳥)が何時の間にか加わりました。(右から2番目)



                ***



DSC_7526_convert_20160517162400.jpg

左から留鳥のコサギ、チュウサギ、ダイサギの三役揃い踏みです。
   (全長60cm、68cm、90cm)




DSC_7536_convert_20160517162457.jpg


ダイサギ同士が一瞥しただけでそっぽを向いてすれ違いました。


DSC_7538_convert_20160517162535.jpg

黒い嘴は夏羽で黄色は冬羽ですが、雌雄同色なので2羽の性別は
分かりません。




DSC_7519_convert_20160517162623.jpg


サギ類が仲間同士でゲットした獲物を奪おうとするシーンをよく
見かけますが、ここでは池の隅まで追い詰めていました。


DSC_7501_convert_20160517162815.jpg

ダイサギの全長は90cmで翼を広げると130cm。
日本ではアオサギと並ぶ最大級のサギでした。




DSC_6175_convert_20160517155342.jpg

嘴が黒い夏羽のチュウサギです。強風に吹かれてファー付きの
お洒落なロングコートを羽織っているように見えます。



               ***


この日のトピックスはタネキです。

DSC_7998_convert_20160517161238.jpg


観察窓の我々の方を眺めています。


DSC_7994_convert_20160517161349.jpg

葛西臨海公園のタヌキも毛がなく、水元公園とじゅん菜池のタヌキと
同じ症状です。「捕まえて動物病院に連れて行ってあげたいね!」
と声を挙げた男性がいました。




DSC_8002_convert_20160517161457.jpg

2匹のタヌキはカラスに干渉され数分で退却してしまいました。
自然が残る身近な公園で出合った野生のタヌキですが、生物の
多様性が失われつつある現在、自然環境の大切さを痛感しました。


最後までご覧下さり有り難うございました。 

潮干狩

2016.05.13.Fri
2016年5月13日

DSCN0742_convert_20160513173803.jpg

大型連休の葛西臨海公園と海浜公園は大変な人出でした。




DSCN0763_convert_20160513173505.jpg

東京ゲートブリッジと風車を背景に、ボートやヨットが走りぬけて
行きます。




DSCN0776_convert_20160513173359.jpg


海浜公園の西なぎさは潮干狩の子ども連れで溢れんばかりです。


DSCN0784_convert_20160513174109.jpg





DSC_7649_convert_20160513172852.jpg


海岸の砂地の一か所に浜昼顔の群生を見かけました。


DSC_7640_convert_20160513172346.jpg


淡い紅色の浜昼顔にハチたちが来ていました。


DSC_7644_convert_20160513172531.jpg



                *



DSC_6755_convert_20160513171829.jpg


高々と飛んで囀るヒバリを撮るのは難しくて諦めていましたが、砂浜に
降り立つのを偶然に目撃し、見える所まで駆け付けて撮りました。
(全長17cm、留鳥、スズメより大きい)


DSC_6758_convert_20160513171907.jpg




潮干狩で賑わう西なぎさでは水鳥がなかなか見当たりません。

DSC_7599_convert_20160513172231.jpg

双眼鏡で東なぎさを見ると被写体まではかなり遠いのですが
ここに全てが集まっている様子です。



              ***




DSC_7604_convert_20160513172142.jpg

夏鳥として繁殖のために日本に渡って来たコアジサシは婚活中で
忙しく、獲物を咥えて飛んで行きました。
(全長17cm、ヒヨドリと同大)




DSC_7572_convert_20160513172051.jpg

杭の上で休憩中のコアジサシはオレンジ色の足でカキカキしたり
羽繕いに勤しんでいます。一方メスにはオスが咥えて来た小魚を
プレゼントしたりします。




DSC_7872_convert_20160513173058.jpg

海上でコアジサシのディスプレイを見かけました。
カメラで遠くの2羽を追い駆け、トリミングしてどうにか
求愛給餌らしいシーンを捉えることが出来ました。
このペアには西なぎさの保護区で営巣してほしいものです。



                *



西なぎさを後にして海側の上の池に来ると、一見何も見当たりません。

DSC_7333_convert_20160513171427.jpg


双眼鏡でつぶさに見渡すと、葦原にツバメが来ていました。


DSC_7337_convert_20160513171506.jpg




DSC_7363_convert_20160513171539.jpg

休息中でも一旦羽繕いに取りかかると、丹念で感心させられます。



                *



DSCN0726_convert_20160513171254.jpg

葛西海浜公園の海水浴は昨年から顔付け(海面に顔をつける)が
解禁され、東京の海が戻ってきました。
昨年の海開きは7月18日(土)でした。

近場の葛西臨海公園はマイフィールドとして四季折々の自然
観察が出来き、晩年の楽しみの一つになりました。

初夏の蝶

2016.05.09.Mon
2016年5月9日

DSC_7845_convert_20160509160509.jpg

甘い香りを放つ高木のニセアカシアを仰ぐと、黒の衣装をまとった
大型のクロアゲハがお目見えで、ふわりと白い花房に舞い降りました。


   飛翔する林間の道 黒揚羽     コウコ



DSC_7851_convert_20160509160657.jpg




          DSC_7844_convert_20160509160732.jpg

           赤い斑紋が♂より発達しているのは
           ♀だそうです。




DSC_7854_convert_20160509160831.jpg



                *



こちらは低木のツツジで吸蜜するジャコウアゲハです。

DSC_6580_convert_20160509161043.jpg



食事に専念するあまり接近しても気にかけません。
腹部の横の赤い模様は怪しげですが、ジャコウアゲハは
体内に毒を持ち、捕食者から身を守っているのでした。



DSC_6600_convert_20160509161155.jpg

前述のクロアゲハはこのジャコウアゲハに容姿が似ていますが
擬態することで己の身を守る方法を得たとは驚くばかりです。




DSC_6501_convert_20160509161318.jpg



                *



DSC_7553_convert_20160509161740.jpg

ひとところで何匹ものアオスジアゲハを見かけることがあります。
中型のアオスジアゲハは小回りが利いてすばしっこく、花から花へ
飛び回っています。




DSC_7554_convert_20160509161834.jpg

水色の帯が美しいアオスジアゲハが立ち寄ると、道端のハルジオンが
嬉しさのあまり頬を赤らめ、鮮やかさを増したかのようです。




DSC_6956_convert_20160509162009.jpg

花壇のリムナンテスには相当ご執心のようで、花から花へ飛び回る
アオスジアゲハでした。




DSC_6915_convert_20160509162054.jpg




モンシロチョウも吸蜜に訪れ、リムナンテスは花壇で一番人気です。

DSC_6714_convert_20160509162735.jpg

別名はフライドエッグフラワー、まさに目玉焼きです。
花は花粉を運んでくれる昆虫のために進化して独特の模様や色彩を得
たそうです。目玉焼きのアピールは効いているかもしれません。




DSC_7067_convert_20160509162155.jpg

モンショチョウはさなぎで越冬し、3月下旬には初蝶としてお目見え
しますが、その新鮮なイメージとは裏腹に傷んだ翅を背負った姿を見
かけました。捕食されることなく、ここまで生き抜いたのでした。



                *



DSC_7084_convert_20160509162242.jpg

花壇では青、赤紫、ピンク、白の矢車菊も見頃を迎え
モンシロチョウが行き来しています。




DSC_6722_convert_20160509162651.jpg





DSC_6435_convert_20160509161441.jpg

白い蝶はどれもモンシロチョウと思っていましたが、翅に黒い筋が
あるのはスジグロチョウ(画面下)でした。




DSC_6437_convert_20160509161528.jpg

スジグロチョウ




大型、中型そして小型のベニシジミ等もそれぞれ個性的で美し
く、その舞姿と翅を見ただけで心を陽気にしてくれる彼らです。

DSC_6516_convert_20160509161612.jpg

「かわいい かくれんぼ」♪



ご覧下さり有り難うございました。           

婚姻色

2016.05.01.Sun
2016年5月1日

葛西臨海公園から見える三角形の「風の塔」です。

DSC_6354_convert_20160501212724.jpg

沖合は春霞で見えにくいのですが、雨後の快晴とあって三角の輪郭が
がハッキリしています。カメラを向けるとストライプ柄であることが
分かりました。東京湾アクアラインの換気口でした。




DSCN0649_convert_20160501212451.jpg

園内ではパークトレン「なのはな号」とロードバイクに出合います。
荒川に整備された荒川自転車道を走って、ロードバイクで公園を訪れる
方々です。

        
                *


鳥類園に来ると、水鳥は繁殖期に入り綺麗な婚姻色になっていました。

DSC_7243_convert_20160501213624.jpg

上の池の海側では中央にアオサギが佇んでいます。ここは越冬中の
ホシハジロで賑わった池でした。




DSC_7241_convert_20160501213715.jpg

アオサギの嘴は根元から先端にかけてグラデーションがかかり
目元は青紫色を帯びています。
つがい形成期のみに見られる婚姻色だそうです。




DSC_6856_convert_20160501214050.jpg


ダイサギの婚姻色は嘴が黒く目先は緑青色になっています。
1週間前に見た別の個体の嘴は黒いものの目先は黄色でした。


DSC_6132_convert_20160501212954.jpg




DSC_7147_convert_20160501213804.jpg 

コサギは前に取り上げたので重複しますが、この個体も目元が
ピンクの婚姻色です。



               ***



DSC_6868_convert_20160501214129.jpg

下の池の擬岩の観察窓を覗いているとヘラサギが降りて来ました。
へラサギとクロツラヘラサギは西なぎさで見てきたばかりなので
別の個体と思われます。




DSC_6866_convert_20160501213147.jpg

続いてダイサギも降りて来ました。




DSC_6872_convert_20160501213242.jpg

ヘラサギが来たので、園内の仲間同士が携帯で連絡し合っていましたが
ほんの5分程度しか居ませんでした。

西なぎさで食事するヘラサギとクロツラヘラサギの2種は何時も一緒
です。珍しいツーショットが撮れるのでウォッチャーには大人気です。

先日、この異種間のディスプレイの写真を現場で見せて頂きました。
羽繕いをしてあげたり、長い嘴を交叉したりと求愛行動そのものです。
ひとりぽっちの寂しい同士、お互いに頼り合っているのかもしれません。


                *



DSC_7293_convert_20160501214856.jpg

 
葦の中で暫く佇んでいたチュウシャクシギがようやく姿を現しました。
今季初撮りです。(体長約42cm 旅鳥として春と秋に飛来)


DSC_7297_convert_20160501215016.jpg 



           DSC_6853_convert_20160501213411.jpg


水鳥のシギ・チドリと山野の鳥キビタキ、センダイムシクイ、
オオルリなども見られるGWが始まりました。


ご覧下さり有り難うございました。[全文表示]