浅草のお酉さま

2014.11.25.Tue
2014年11月25日

入谷駅で降り国際通りに来ると、鷲神社まで長蛇の列でした。
参拝しないなら、横から入れると言われ、やっと境内に辿り着いたものの
出るも入るも一苦労の混雑ぶりです。

DSC_1811 (640x444) 

台東区千束の鷲(おおとり)神社は「浅草のお酉さま」と呼ばれ
江戸時代から庶民に親しまれてきました。
縁起物の熊手を買って幸運を掻き込もうとする人々で、毎年
すさまじい賑わいです。


               ***


DSC_1498 (640x444) 
熊手を買いに来た粋な和服姿の女性。やはり浅草ならではです。




境内に80店舗もあるという熊手屋さん。
DSC_1276 (640x443) 


DSC_1049 (640x442) 
煌々と極彩色の光を放つ熊手。


予約買いの大熊手。
DSC_1388 (640x444) 

DSC_1415 (640x443) 
棚から下ろして、丁寧に仕上げの飾りを施しました。



DSC_1441 (640x427) 
周りに振舞われる祝い酒。


商売繁盛、益々繁盛、大繁盛!!
DSC_1451 (640x444) 
ソレ、ソレ、ソレソレソレ!・・・ハイ! ハイ!・・・
大熊手だけに、手締めの音がひときわ大きく鳴り響きます。


DSC_1475 (640x444) 
熊手屋さんの掛け声に合わせて、手を打つ周りの人々。
やがて福を呼ぶかのように、あちこちで威勢のいい掛け声と手締めが
起こりました。


               ***


女性の熊手売り。
DSC_1939 (640x444) 
カメラを向けると、ポーズをとってくれたチャーミングなお嬢さん。
西藤さん、ありがとう!


DSC_1168 (640x443) 

DSC_1048 (640x445) 
商談が弾んでいるようです。



DSC_1928 (640x443) 
江戸情緒が漂う髪型がいいですね。


               ***


子どもの情景
 DSC_1875 (640x444)
おでこを撫でれば賢くなり、鼻を撫でれば金運がつき、右頬を撫でれば
恋愛が成就すると言われている、鷲神社の「なでおかめ」。


DSC_1616 (443x640) DSC_1629 (442x640)
酉の市の境内にある長国寺に参拝する家族。
延々と並び、辛抱強い子どもたちでした。


             ***


熊手屋さんの何倍も出店している、沢山の屋台。

DSC_1319 (640x427) 
書体は?  曰く「俺流」


DSC_1224 (640x443) 
「七色をあなた好みに調合しますよ~♪」
調合しながらの、リズムカルな口上。


               ***


DSC_1986 (640x443) 


DSC_1288 (640x443) 

DSC_1285 (445x640) 

DSC_1639 (640x443) 

熊さんも八っつぁんもいる 酉の市      コウコ


DSC_1988 (640x444) 
プラカードのように熊手を掲げて帰る人たち。




DSC_2019 (640x443) 
帰りがけ飲み屋に入るグループ。カメラを向けると快く応じてくれました。
来年も福を掻き込んで下さい、と思いを込めてシャッターを切りました。

最後までご覧くださり有難うございました。 
スポンサーサイト

根津神社の七五三

2014.11.14.Fri
2014年11月14日

DSC_8721 (640x443) 
根津神社の表参道。



DSC_8752 (640x444) 
DSC_8742 (640x444) 
表参道の向い側にある見事な南天の実。





神橋から見た楼門。
DSC_8354 (640x445) 
七五三のお参りをする家族連れが、あちこちで記念写真を撮っています。




「私だって出来るもん」
DSC_7973 (443x640) DSC_8000 (438x640)
祈祷申込書に名前を書き込んだり、おみくじを結んだり。




DSC_8185 (443x640) 





「ナニコレ!?」
DSC_8156 (440x640) DSC_8162 (441x640)
DSC_8165 (434x640) DSC_8167 (441x640)
獅子のレリーフに驚き、子犬に見立てて遊んでいます。




DSC_7877 (444x640) DSC_7883 (455x640)
DSC_7889 (443x640) DSC_7891 (444x640)
この日ばかりは、こまごまとお嬢さんの世話をやくお父さんたち。
金襴生地の窮屈な草履からスニーカーに履き替えると、切れた凧
のように飛んで帰って行きました。




DSC_8261 (443x640) DSC_7845 (443x640)





DSC_8435 (640x445) 
日が西に傾くと、拝殿の障子に映る木々の影は水墨画を想わせます。
微かに揺れるさまは、えも言われぬ風情を漂わせていました。


               ***



甲高い声が境内に響き、今シーズン初めてヒヨドリの群れを見掛けました。
DSC_8602 (640x434) 
DSC_8618 (319x472) 



ワカケホンセイインコ
DSC_8387 (640x443) 
逃げたペットが方々で野生化している話を聞いていますが、根津神社で
目撃しょうとは思いも寄りませんでした。

DSC_8388 (443x640) 
 DSC_7478 (441x640)
面白いことに、銀杏の葉が映ると迷彩柄になります。

この個体のあと、なんと10数羽が神社の空を舞い、去ってゆきました。


               ***


日中の華やかな七五三詣が引くと、やがて何時ものお社に戻っていました。
DSC_7331 (640x446) 
社殿を囲む透塀。

境内は子らの抜け道 冬茜      コウコ


最後までご覧下さり有難うございました。 

東京湾の夕暮れ

2014.11.07.Fri
2014年11日7日

芒野に風の写真を撮りに行く       コウコ


DSC_6785 (640x384) 
日差しを浴びて輝く花芒。

つぎつぎにゆれて総揺れ芒原       コウコ




DSC_6777 (640x444) 
金から銀に変わる芒の穂。

しろがねの尾をなびかせて花芒      コウコ


               ***


東京湾のランドマーク「東京ゲートブリッジ」
DSC_8815 (640x384) 

DSC_6734 (640x444) 

仰ぎ見る恐竜の橋 鳥渡る      コウコ



刻一刻と変化する夕空。
DSC_8936 (640x444) 

DSC_8979 (640x385) 

DSC_8973 (640x385) 

秋夕焼 一目散の翼かな      コウコ



DSC_8872 (640x444) 
太陽が山に落ちると、姿を見せる富士山のシルエット。
久々に見せたシルエットに、足を止めて見入る人達。

DSC_9011 (640x444) 

郷愁をさそう富士なり 秋夕焼       コウコ



DSC_8941 (640x427) 
夕焼けのなか引き揚げてゆく釣り人。


DSC_9038 (640x386) 
羽田空港から離陸した航空機が上空を飛び、橋を潜りゆく船。
まさに東京の空と海のゲートです。

DSC_9103 (640x399) 
LEDのカラー照明で浮かび上がるブリッジ。


DSC_9053 (640x384) 
釣瓶落しの夕暮れは、東京ゲートブリッジを取り巻く景色を
ドラマチックに演出しました。


DSC_9081 (640x403) 
ひときわ目立つライトアップの東京タワー。
馴染みの深い東京タワーは、スカイツリーより好まれて
いるようです。

秋深し 心にやどるタワーの灯      コウコ



DSC_9112 (640x444) 
東京湾を一望出来る、東京ゲートブリッジエレベーター塔。



DSC_9126 (640x445) 
帰路に見た葛西臨海公園の観覧車。
観覧車の右奥にディズニーランドの花火がちらりと見えました。

今宵またディズニーランドの遠花火      コウコ




DSC_8790 (471x328) 
DSC_4363 (640x425) 


ご覧下さり有難うございました。