安野光雅が描いた「御所の花展」

2013.09.19.Thu
2013年9月19日 

 IMG (2) (640x319) DSC_5709 (640x451)

天皇・皇后がお住いの御所に咲く、四季折々の花の水彩画
130点 を観てきました。
安野光雅(あんの みつまさ)氏は大正15年(1926)島根県
津和野町に生まれ、画家、絵本作家、装丁家そしてエッセイストで
あります。

両陛下の本を装丁されたご縁で平成23年(2011)1月から翌年
4月まで、両陛下のお住いに植えられている草木を写生しました。

御所の庭は皇太子の頃に交配して作った蓮や、贈られた種から育て
られた草木など、両陛下の思いが込められています。

             ***

安野光雅氏の美しい水彩画に添えられた瑞々しい言葉には、心を惹
きつけられました。展覧会ではメモを取りましたので氏のコメント
はそのまま記述致します。


◎サクラのつぼみは、希望という言葉をおもわせる。今年は友人に送って
もらったレンゲを庭にまいて毎日見ている。少しだけ芽をだしたので
大丈夫だとおもうが、花を見るまでは安心できない。レンゲも希望に
似ている。
  
  
 「ヤマゴボウ」      IMG_0006 (640x429)
 ◎わたしの田舎の、青野山の山裾に咲い
 ておりました。昔から知っていたのに、
 名前は知りませんでした。植物の名前 
 は誰がいいはじめたのか、どれもいい
 名前をもっています
。 




◎田舎の城山へ上るなりリストの上で、しばらくぶりに草いきれという
言葉をおもいだした。何の草が匂うのかわからないが、草葉が暑さに
耐えているのがみんな混ざっている


 「ネムノキ」
IMG_0004 (634x422) ◎ 夜になると花を閉じてねむるので、
 ネムノキというそうです。
 木のくせに、どういう感覚があるのか、
 さわるとちゃんと閉じます






 「エンプレスミチコ」
IMG (4) (640x472)      エンプレスミチコ (250x165)
駐日イギリス大使から贈られたバラです。
(四季咲き大輪、淡いクリーム色、高い芳香性)


 「ホタルソウ」
IMG_0002 (2) (640x430)


 「舞妃蓮(まいひれん)」 
 IMG_0003 (640x434)       舞妃蓮 (366x323)          
天皇が皇太子の頃に、交配して作った天皇家ゆかりの蓮で、御所の其処
此処に咲くそうです。


 「ユウスゲ」
IMG_0001 (640x423)  薄暗くなると明るいレモン色の花が
 開きます。「レモン色の花は、ホタル
 の光のような気がした」と安野氏は
 語ったそうです。軽井沢町から
 贈られた種を両陛下が咲かせ、
 増やされたそうです。




◎ワレモコウは葉のある時期も秋が深まると葉はどこかにいって枯れた
花だけがまだついている。そのころの惜別の感じが好きだ。吾亦紅、
「わたしもまた、若いときがあった」といえなくもない。



「ヒツジグサ」
IMG_0008 (617x423) ◎羊の刻(午後2時ごろ)に咲く
 ことからヒツジグサと呼ばれている
 のですが、それはおよその話で
 きちんと2時に咲くということでは
 ありません。小さなスイレンで紀宮
 さまのお印のお花だということです





IMG_0005 (640x430)


 「キキョウ」
IMG (640x446)
那須御用邸から持って来られ、南庭と御所正門で咲いているそうです。


カラスウリの絵にハッといました。赤い実は4個で葉は10枚。鉛筆
の下書きには、ありありと数十枚もの葉があるのに彩色されていません。
未完成のような途中で止めたような感じです。安野氏の創作の秘密を
垣間見せて頂いた気がしました。



◎「雪が深くて大変でしょうといったのはわたしの負け惜しみなのだ
が、雪はお布団です。四季を通じて働かせた草や木に雪のお布団をかけ
てねむらせているのです」とターシャ・チューダーは、いった。



安野氏がターシャ・チューダー女史の言葉を添えられたことに、深く
共感しました。四季を通して咲いた草木もやがて枯れてゆきます。
それゆえ花は美しく輝きます。庭の草木は人間が好きなように手を添
えたもので、ほんとうによく咲いてくれましたと感謝したくなります。
「雪のお布団をかけてねむらせているのです」は心に沁みました。


 「イイギリ」(部分)
IMG_0007 (632x427) ◎背の高い木で、草むらに咲く花とは
 ちがいます。赤い実はタヌキが
 好んで食べるそうです。イイギリ
 の「イイ」はたぶん「飯」の字を
 あてるのではないでしょうか。
 昔はこの木の葉でごはんを
 包んだと聞きました。



イイギリは両陛下が種から育てられた10mの木で、色のない冬に赤い
実をつけました。
フユイチゴは夏に白い花を咲かせ、冬の赤い実は野鳥のご馳走になります。
クリスマスローズは花の少ない時季、ひときわ輝きを増します。

              ***

皇居

DSC_6267 (640x462)
〒100-0001 東京都千代田区千代田1番1号


皇居の「東御苑」は時間を決めて公開されています。

宮殿は新年の一般参賀で宮殿東庭の会場まで参入出来ます。

「吹上御苑」は昭和天皇・皇后の御所であった「吹上大宮御所」と今
の天皇の御所の間にあります。「吹上御苑」の様子はテレビの放映で
何度か見ました。「できるだけ自然のままで」との昭和天皇のお言葉
通り、原生林に近い豊かな森です。

「御所」にある天皇家のプライベートのお庭は、立ち入ることが
出来ません。安野光雅氏の「御所の花展」で初めて、自然豊かな
景色をうかがい知ることが出来ました。

DSC_6264 (640x514)
 

             ***

「巡回
2014年1月 8日~1月20日  京都高島屋
2014年3月12日~3月31日  大阪高島屋


DSC_5718 (427x640)    DSC_5722 (640x564)

 

スポンサーサイト