学童クラブの子どもたち

2012.12.24.Mon
2012年12月24日

ペコちやんに抱きつく小女クリスマス     コウコ

学童クラブの臨時職員として約1年間勤務したことがありました。
春夏秋冬、折に触れて子どもたちの笑顔や情景が浮かびます。
4月からの勤務でしたので、新1年生と同じように
期待と不安で胸がいっぱいでした。

             ***

初めて校庭に出た時に、A君(1年生男子)がしゃがんで
「アリくん!君に校庭はひろすぎるよ」と呼びかけたのです。
A君の発想に準じて、私も1句
<グランドの広さは知らず蟻走る  コウコ>と口ずさみました。

そのA君がクラスメイトと喧嘩して、
「あーあ、ぼく人間なんかに生まれてくるんじゃなかった」
と真顔で嘆いた時は、咄嗟に返す言葉が見つかりませんでした。

A君は感受性が強く、ビデオ鑑賞会のアニメーション
「モンスターズ・インク」を観ながら泣いていました。
同じ幼稚園を出たB君が私に、
「いま、A君はなんで泣いていると思う?
感激して泣いてるんだよ」と説明すると、
「勝手に出てくるだけだよ」と言って涙を拭っていました。

            ***

B君(1年生)はA君の理解者ですが、誰とも仲良く
遊びます。孤立していた自閉症のC君(仲よし学級
2年生)の唯一の理解者でもあったのです。

一緒にブロック遊びをしていて
「C君はイメージ通り組み立てている時も、どんどん新しい
イメージが湧いてくるんだ。スゴイいよ!」とB君が
称えました。そこで
「C君は本当に凄いね。それに気付いたB君も凄いよ!
イメージなんて、よく知っていたね」と褒めると、
「うん、お母さんに教わったの」とのことでした。

            ***

D君(1年生)は蒸気機関車の「トーマス」が大好きで
持ち物も絵本も話題も、トーマス一辺倒です。
「まだ、トーマスなの?」「そろそろ卒業したら」などと言われ
涙をいっぱい溜めて悔しがり、目で訴えてきました。
「言われっぱなしではなく、勇気を出して言い返してみたら」と
アドバイスしました。

数日後、
「D君が大声で向かって行くよ!進化したもんだ!」と、
傍観者の2,3年生を驚かせたのでした。

            ***

ダウン症のE君(仲よし学級 1年生)は
特に思い出の深い児童です。

新しく入荷したトランプの絵柄はE君の大好きな魚の「ニモ」で、
E君はそれを数珠つなぎにして、床に1枚1枚置いて行きます。
それを見た1年の男子が「何なの?変なの」と言い、
通りがかった子は「トランプはそうやって遊ぶもんじゃないよ」
と言ったのでした。
E君はそれらに囚われることなく熱中していました。
トランプは直線から大きな曲線に変化しました。
ニモたちは海から大空へ飛翔し、上昇気流に乗って
旋回したのです。
思わず拍手をすると、満面の笑顔を見せてくれました。

E君は言葉の遅れがありますが、そのぶん人一倍敏感で、
教室の電気の消し忘れに気付き、騒がしい中でも、机上の携帯電話の
音をいち早くキャッチしました。

私が愁いに沈んでいた時も、「大丈夫?」と言わんばかりに
肩に手を当てて顔を覗き込んできました。
そして頬を軽くつついたのです。

<浮かぬ顔子につつかれて梅雨明ける  コウコ>
E君の優しさには救われました。
教室に差し込む日差しに誘われて窓を見ると、
大らかな夏空が訪れていたのでした。

            *** 

夏休みの学童クラブは、午前8時半から午後5時(~6時)
までフル稼働です。
お弁当と水筒、夏休みの学習道具、着替え、
バスタオルなど持ち物が増えました。
授業がないので全員同時スタートで、
クラブ生活は規則正しく運ばれました。

宿題、水泳、工作、外遊び(校庭、公園、児童館)
昼食作り、昼寝、おやつ、誕生日会、観劇、遠足、
パーティー(お店屋さん、ゲームコーナー)など、
長い夏休みを元気に楽しく過ごすことが出来ました。

<夏帽子親の死角で育つ子ら  コウコ>

              ***

校庭で遊ぶ子ども達は伸び伸び手足を動かし、
歓声を上げています。

雲梯はベテランの女の子たちの見せ場で、21段の梯子をリズムカルに、
1段抜き2段抜きの、往復を遣って退けました。
テナガザルや子ども忍者のようです。
<雲梯の足ひらひらと秋の空  コウコ>

ジャングルジムは大人気で終了ぎりぎりまで遊んでいました。
<ジャングルジム降りて来ぬ子ら日脚伸ぶ  コウコ>

            ***

新1年生も1年が過ぎると、
心身の成長には目を見張るものがありました。

<たんぽぽの絮吹く子らの未来かな  コウコ>

            ***

学童クラブを辞めてから、子どもたちと街の中でばったり
再会することがあります。
「僕、ランニングホームランを打ったんだよ!」
A君が近況を話してくれました。



スポンサーサイト