水鳥の雛たち

2017.05.26.Fri
2017年5月22日

約1週間ぶりに訪れた手賀沼(千葉県我孫子市)でした。
コブハクチョウとオオバンの雛たちの成長ぶりが楽しみです。

DSC_7850s.jpg

池の木陰で寛ぐコブハクチョウの家族と出合いました。




DSC_7856s.jpg


手賀沼のコブハクチョウの家族は数ヵ所で見られるそうですが、この家
族は前回見たのと同じだそうです。夫曰く、毎日観察している現地の方
の話だそうで・・・私は記述しながら、いま知りました。


DSC_7685s.jpg




DSC_7940s.jpg

池には2羽のカルガモもいて、手賀沼の留鳥同士仲良しです。




DSC_7811s.jpg




DSC_7696s.jpg

野生のコブハクチョウですが、手賀沼で代々繁殖しているのでしょうか。
至近距離までやって来て自慢の子どもたちを見せてくれました。




DSC_7839s.jpg


愛らしい仕草で背伸びをします。


DSC_7824s.jpg




DSC_7895s.jpg

カメラを向けると左の雛は「私もちゃんと撮ってね!」と言わんばかり
です。




DSC_7691s.jpg


採餌の方法も親を見習いながら覚えました。


DSC_7737s.jpg




DSC_7724s.jpg

水しぶきを上げて頭から突っ込み、餌(マコモ等の植物)を採ります。




DSC_7890s.jpg


羽繕いらしきことも覚えました。下の子が見せた脚ですが雛ながら
かなり大きいです。


DSC_7693s.jpg 



DSC_7916s.jpg

いずれは翼になる部分でしょうか。可愛らしい仕草でバランスを取り
ながらよちよち歩いています。雛たちが沼から池に移動して行く光景
が目に浮かびます。




DSC_7828s.jpg

お父さんは少し離れて、コブハクチョウの母子を見守っていました。


               ***


オオバンの5羽の雛たちも無事でした。

DSC_8028s.jpg




DSCN5000s.jpg

なにやら元気な声を上げている様子です。




DSC_7616s.jpg


オオバンの家族はアシ原に入っての食事です。雛はまだ親から給餌され
ていました。


DSC_7610s.jpg




DSC_8031s.jpg

食性は植物食傾向の雑食だそうですが、雛にトンボを捕まえて来ました。




DSC_8033s.jpg


雛は羽ごとトンボを吞み込みました。


DSC_8034s.jpg


                *


DSCN5053s.jpg

何人かのバーダーさんと出会いましたが、皆さんは背中に雛を乗せた
カイツブリの親子を撮りにいらしたそうです。それならと私も暫し親
子を待つことにしました。現場で出会った方々のお陰でチャンス到来
です。もちろん初見・初撮りでした。


ご覧下さり有り難うございました。[全文表示]
[ 全文を読む ]
スポンサーサイト

トラフズクの雛&フクロウの雛

2017.05.23.Tue
2017年5月19日

DSCN4846s.jpg
「道の駅・きたかわべ」の展望デッキから眺望した渡良瀬遊水地

関東の4県(茨城・群馬・埼玉・栃木)にわたる広大な自然に魅了され
初春から通い始めるようになった渡良瀬遊水地です。




DSC_7542s.jpg

鳥友から「渡良瀬の運動場のトラフズクは、今年どうでしょうか」と問
われ、私共夫婦の師匠である真瀬勝見氏にお訊きしたところ、その日に
ご案内して下さいました。




DSC_7525s.jpg


雛は真上に止まり、ウォッチャ―が一斉に見上げる様子に不思議そう
な表情です。


DSCN4837s.jpg




DSCN4835s.jpg




DSC_7534s.jpg

雛ながら耳のように見える羽角があります。




DSC_7517s.jpg


ストレッチでしょうか、翼を伸ばしていました。虹彩はオレンジ色です。


DSC_7520s.jpg




DSC_7523s.jpg

雛の上にもう一羽の雛がいます。トラフズクは空き巣を利用するそうで
すが、左側の巣は小枝を集めたカラスの巣に似ています。




DSC_7538s.jpg

大樹の洞を利用するフクロウの巣はかなり高い位置にありますが、トラ
フズクは肉眼で確認出来ました。しかしその一方もろに枝葉が被るので
ピント合わせが大変でした。


               ***


トラフズクの後、雀神社のフクロウを観に行きました。

DSCN4893s.jpg


フクロウの雛はかなり高い位置にいるので探すのに一苦労です。若い女
性たちの会話を聞いていると、確認が出来ても枝が込み入っているので
仲間に説明するのは容易ではなさそうです。


DSCN4886s.jpg




DSCN4888s.jpg


超望遠コンデジに持ち替えて、どうにか雛を撮る事が出来ました。


DSCN4899s.jpg


               ***


全国の三県境の中でも、埼玉県、群馬県、栃木県を歩いて3歩で回れる
珍しい渡良瀬の三県境もご案内して下さいましたが、後日に記載出来た
らと思います。

DSCN4882s.jpg

最後に、ご親戚の真瀬邸で開催中のバラ園に立ち寄らせて頂きました。
個人のお庭とは思えないほどの広さに、多彩なバラの植え込みと多く
の鉢植えがあり感嘆しました。




DSC_7553s.jpg

アーチに絡まる蔓性のバラが満開です。




DSC_7565s.jpg

アーチの向こうに広がるローズガーデン。バラの香りも楽しめます。




DSC_7554s.jpg


真瀬邸ではブルーの矢車草がローズガーデンの雰囲気を見事に演出して
いました。


DSC_7561s.jpg




DSC_7582s.jpg

鉢植えに斑入りの葉のバラがありました。初めて見ましたが入手困難な
珍しい品種のようです。


                *


真瀬さんのご案内で、楽しい一日を過ごさせて頂き有難うございました。

自宅に帰ってからネットで調べると、渡良瀬遊水地野鳥観察会(遊鳥会)
(平成28年6月18日)の記述に、トラフズクは平成25年7月5日に遊鳥会
の真瀬さんが北川辺(加須市)の運動公園で5羽の家族群を写真に撮り
翌年には同所で巣の確認がされたとありました。
「渡良瀬遊水地 ガイドブック」には真瀬さんの野鳥写真が多く載って
います。


ご覧下さり有り難うございました。

コブハクチョウの雛&オオバンの雛

2017.05.17.Wed
2017年5月14日

DSCN4446s.jpg

千葉県我孫子市の恒例行事「~2017 Enjoy ! 多賀沼~」の手賀沼探鳥会
(我孫子市野鳥を守る会)に初参加しました。
集合時の9時頃は小さな雨粒でしたが「東の空が明るくなってきたので
実施します」との発表にほっとしました。




DSCN4435s.jpg

「水の館」前から手賀沼遊歩道2時間コースを散策します。
折よく姿を現してくれたのはコブハクチョウの家族連れでした。




DSCN4473s.jpg


アシ原から垣間見るコブハクチョウの母子ですが、よく見るとお母さん
の視線は片時も油断することなく雛たちを守っています。


DSCN4474s.jpg





DSCN4454s.jpg

「さぁ~こっちにいらっしゃい~♪」とお母さんが雛たちを引き連れて
出て来ました。




DSCN4461s.jpg

「私の5羽の可愛い子どもたちです」と言わんばかりに、誇らしげな
様子です。




DSCN4467s.jpg

お母さんが羽繕いをすれば、子どもたちもそれに習います。




DSCN4458s.jpg

少し離れて母と子を見守っていたお父さんも傍らにやって来ました。
コブハクチョウの家族の絆を見たようです。




DSCN4464s.jpg


子どもたちを真ん中に挟んで、夫婦はそれぞれに羽繕いをなどをして
いますが終始こちらを警戒していました。


DSCN4460s.jpg




DSCN4476s.jpg


今が一番愛らしいモコモコの産毛の雛たちです。


DSCN4471s.jpg



               ***


DSCN4581s.jpg

前方に見えるのはアシの浮島でしょうか。




DSCN4504s.jpg

一瞬「なんじゃこりゃ!」と思う生き物が現れましたが、何とこちら
はオオバンの雛だそうです。コブハクチョウの雛とは対照的で、派手
な産毛の奇っ怪な雛なので、これでは天敵もたじろぐかもしれません。




DSCN4518s.jpg

オオバンの親が雛に給餌をしています。




DSCN4505s.jpg

親が大きく開けた嘴に、雛は頭を突っ込んで餌を貰っていました。




DSCN4513s.jpg

食事にやって来たオオバン親子でしたが、カラスの飛翔を察知してアシ
原に消えました。私が見たのは数分間でしたが、観察するうちに可愛さ
が募りました。産毛の雛は初見・初撮りです。




DSCN4479s.jpg

遠方にオオバンの別の個体が見えますが、巣作りに勤しんでいる様子
です。ちなみにオオバンは一年中見られ、我孫子市の鳥になっている
そうです。




DSCN4557s.jpg

散策の帰り道で「モズの幼鳥がいます~!」との声が響いたので駆け
つけると、移動寸前のしんがりを辛うじて一羽撮ることが出来ました。




DSCN4578s.jpg

越冬のカモとして最後に帰るコガモですが、このペアはまだ残って
います。


この日確認した野鳥は25種類でした。守る会のリーダーさんや日本
野鳥の会の方々の案内のお陰で、コブハクチョウとオオバンの雛を
観察することが出来てラッキーでした。これを機に四季折々の手賀
沼の野鳥たちを観察に来たいと思います。



       DSCN4595s.jpg


ご覧下さり有り難うございました。

オオヨシキリ&フクロウの雛

2017.05.14.Sun
2017年5月12日

DSCN4419s.jpg


渡良瀬遊水地で大規模なヨシ焼きが行われてから1ヵ月半が経ちました。
ヨシ焼き後、あの広大な焼野原が今や緑のヨシに覆われています。


DSCN4424s.jpg




DSCN4364s.jpg

ヨシ原の主役は初夏を告げるオオヨシキリでしょうか。ギョギョシと鳴
くので「行々子」の異名があり、元気な囀りで賑やかです。南方で越冬
し、繁殖のために日本に飛来する夏鳥。18cm(スズメより大きい)




DSCN4407.jpg


嘴を大きく開け、鳴き止んでは再び囀るオオヨシキリ。


DSCN4408s.jpg




DSCN4409s.jpg

大きく開けた口の中は真っ赤です。


                *


DSCN4397s.jpg

散策中、ヨシ原を貫く舗装道路でキジを見かけました。




DSCN4392s.jpg


自転車や車が近づいても慌てて逃げる様子はありません。


DSCN4399s.jpg




DSCN4398s.jpg

何時もは立ち止まってキジを見守るのですが、車が近づく最中
ここぞとばかりに近づいてシャッターを切りました。
瑞々しい若葉の遊水地内で鮮やかなキジを何度も見かけました。



                ***



DSCN3932s.jpg

今回の一番の目的は野木神社(栃木県)のフクロウの雛です。渡良瀬
遊水地から車で10数キロほどの神社です。雛が樹洞から顔を出した初
日に知らせて頂いたので、翌朝に駆け付けることが出来ました。




DSCN4272s.jpg

樹齢650年の大欅の洞から顔を出した雛は、まん丸な瞳で下界の様子に
驚いているかもしれません。




DSCN4324s.jpg

雛が顔を出したことは地元の朝刊に掲載されたそうで、朝から多くの
ウォッチャーが集まりました。遅れて来た人は三脚を立てる余地はあり
ません。慣れていない目には、数10m先を見上げても雛が何処にいるか
サッパリ分かりません。幸い隣の方が丁寧に教えて下さったので助かり
ました。




DSCN4309s.jpg


雛のお父さんでしょうか、眠気を催しながらも雛を見守っています。


DSCN3950s.jpg




DSCN3935s.jpg

留鳥 全長50~60cm




DSCN3955s.jpg


時にはストレッチを取り入れて凝りを解しているのでしょうか。
翼を広げた長さは約100cmだそうです。


DSCN3954s.jpg


そのうち2番目3番目と洞から顔を出し、雛の成長に合わせて給餌も
多忙を極めることでしょう。


速報を頂いたことで早くも初見・初撮りが叶いました。鳥見では情報
を頂いたり現場で助けられたりして大変感謝しております。

ご覧下さり有り難うございました。

オオルリ&カケス (秋ヶ瀬公園/前編)

2017.05.01.Mon
2017年4月28日

DSCN3726s.jpg

新緑が眩しい秋ヶ瀬公園(埼玉県営)にやって来ました。管理事務で
パンフレットと案内図を頂きましたが、初めて来ただけに園内の広さ
に戸惑うばかりです。




DSC_5858s.jpg


広い園内は閑散としていましたが、野鳥園の案内板にほっとしました。


DSCN3729s.jpg

鳥見のカメラマンの姿が目立つようになったのは、10時過ぎです。
皆さんの後をそれとなく付いて行くと、先着を含めて30人程集まり
ました。お目当ては広場を囲む林に飛来するオオルリとカケスです。


                *



DSC_5952s.jpg


カケスは5羽の群れで来たものの、枝葉が被ってなかなか撮れません。


DSC_5950s.jpg




DSC_5958s.jpg


初撮りなので手当たり次第シャッターを切りました。高木の枝から枝へ
と移動するカケスを仰向けに撮っていると、首や肩が凝ってきました。


DSC_5998s.jpg




DSC_6100s.jpg

画像の多くを捨てましたが、残った中に飛び出しのシーンがありました。
期せずして撮れた一枚です。(留鳥 全長33cm)


                *


なかにはカケスには目もくれず、ひたすら三脚を構えてオオルリを待つ
バーダーさんもいて、オオルリ人気は想像以上です。

DSC_6160s.jpg


オオルリが移動すると、何処の木のどの枝かを皆さんに逐次教えて下さ
る親切な方がいたので助かりました。しかし、込み合う枝々の新緑の中
後ろ向きに止まるので撮るのは容易ではありません。


DSC_6140s.jpg




DSC_6136s.jpg

どうにか一枚だけ撮る事が出来ました。初見・初撮りです。
                オオルリ(夏鳥 全長16cm)
オオルリは青い鳥の一つ(オオルリ、コルリ、ルリビタキ)であり
日本三鳴鳥の一つ(オオルリ、ウグイス、コマドリ)だそうです。


               ***



DSC_5973s.jpg


同じ広場の林で、シメが昆虫を捕食しました。(冬鳥 全長18cm)


DSC_5978s.jpg




DSCN3772s.jpg

ビンズイは草むらでの採食です。(漂鳥 / 冬鳥 全長16cm)




DSC_6184s.jpg


この広場で薄紫色の小さな花を見つけました。黄褐色の上には毛が生え
ています。雑草と言うには忍びないムラサキサギゴケの群生を見たのは
初めてでした。


DSC_6183s.jpg



自然豊かな秋ヶ瀬公園では、思いがけずカケスとオオルリに出合い
初撮りが叶いました。
夏鳥が飛来する中、まだ残っている冬鳥がいる時季です。
次回の秋ヶ瀬公園(後編)も宜しくお願い致します。


ご覧下さり有り難うございました。