晩春の山野

2016.04.26.Tue
2016年4月26日

DSCN0684_convert_20160425193230.jpg


鹿野山九十九谷展望台公園(千葉県君津市)では、上総丘陵の山並が
幾重にも連なる景観を一望できます。


DSCN0687_convert_20160425193105.jpg




DSC_6608_convert_20160425192941.jpg

九十九谷を眼下に翼を広げて悠然と舞うトビ。




DSCN0696_convert_20160425192556.jpg

九十九谷展望広場には、落葉樹に寄生する常緑のヤドリギがあり
径50cm前後の丸い塊がたくさん付いています。ヤドリギと
言えばレンジャクで、淡黄色の実を啄む姿を撮りたいものです。



DSC_6621_convert_20160425192818.jpg





DSC_6632_convert_20160425192442.jpg

広場の八重桜は満開でした。昔は多くの桜があり一旦絶えた
そうです。まだ若い木ですが華やかに咲き誇っていました。




DSC_6636_convert_20160425192257.jpg



                *



DSCN0708_convert_20160425191448.jpg

鹿野山神野寺の枝垂れ桜はとうに満開を過ぎて葉桜の様相です。
春が過ぎ去ってゆく名残惜しさを覚えながら暫く佇んでいました。




DSC_6699_convert_20160425220710.jpg


お寺さんの近くで見た自生のクマガイソウです。花の形が熊谷直実の
背中の母衣に見立てて、この名前があるそうです。


DSC_6697_convert_20160425190029.jpg

この山野草は絶滅危惧種で田舎でもあまり見かけなくなりました。
山地の湿った樹下を好むので移植が難しく、我が家では数年続け
て芽が出たものの、一度も花を見ることなく絶えてしまいました。




DSC_6707_convert_20160425185707.jpg


鹿野山の古道を下りる途中、ホオジロが枝に止まったところを
咄嗟にシャッターを押しました。嬉しい初撮りです。


DSC_6706_convert_20160425185812.jpg



               ***



DSC_6532_convert_20160425185501.jpg

田園が若葉に染まると夏が近いことを実感します。
心地よいせせらぎに誘われて小川に近づいてみると、羽化したばかりの
トンボが羽を休めていました。




DSC_6529_convert_20160425185306.jpg

シオヤマトンボ:♀




DSC_6535_convert_20160425185220.jpg

ニホンカワトンボ(オオカワトンボ):♂ 橙色の羽が魅力的です。
新緑の水辺で、色とりどりのトンボが盛んに飛び交うのも間近です。




      モズが藪から不意に飛び出して来ました。


          DSC_6370_convert_20160425185134.jpg

      秋は高音のモズ、冬はモズの捕食や贄を見て来ました。
      私のフィールドは都内ですが、繁殖期に入りとんと
      姿が見えなくなりました。



ご覧下さり有り難うございました。
スポンサーサイト

田舎の冬紅葉&野鳥

2015.12.22.Tue
2015年12月22日

DSC_0034 (640x385)

夫のふる里(千葉県)には上総地方の最高峰「鹿野山」があります。
九十九谷の幾重にも連なる山々が展望出来ますが、天候不順で思うような
撮影が出来ず、今回は裏山道で出合った名残りの冬紅葉を見てきました。




DSC_0001 (640x386)

ほとんどが落葉の冬木の中、冬紅葉の艶やかさは最後の輝きを放って
います。




DSC_0020 (640x384)

紅葉のシーンに出合うと車を止めての撮影です。




DSC_9991 (640x384)

下を眺めると細い山路は一般道から外れているだけに、思いがけない
美しさがあります。




DSC_9983 (640x428)

自生するマユミ(真弓)はあちこちにあり、赤い実がびっしり付いて
いるので、今冬のヒヨドリやコゲラにとっては大助かりです。




DSC_9976 (640x388)

山の農家で見た皇帝ダリアの大きさには目を見張りました。




DSC_0008 (640x427)

薄暗い林から明るい方を望むと、見て下さいと言わんばかりに紅葉の
木々が艶やかに佇んでいました。




DSC_9956 (640x429)

斜面には冬薊がひっそりと咲いています。



               ***



DSC_9944 (640x384) 

夫の実家に戻る途中、季節外れの草花が今も咲き続けていましたが
山の紅葉も暖冬で遅くまで見ることが出来ました。




DSC_9930 (640x384)

ハッとする蔦紅葉の鮮やかさ。




DSC_9922 (640x385)

趣ある竹林からの紅葉。




DSC_9933 (640x384)

当地は竹林が点在し、筍は春の孟宗竹に始まり5月の淡竹、6月の真竹
と続き、宅急便で届く旬の味覚は楽しみです。




DSC_0036 (640x384)


稲刈りが終わった田んぼの空に獲物を探すトビを見かけました。

(ブロガーさんからのご指摘で「トビ」ではなく「ノリス」に
訂正します。ご連絡有難うございました。)

DSC_0037 (640x384)




DSC_0060 (640x429)


夫の実家の畑にはモズ嬢が来ていました。


DSC_0059 (640x427)




DSC_7556 (640x384)

屋敷内からは田舎ならではの景色が見られます。



               ***



DSC_7571 (640x384)

夫の実家では薔薇が好きだった義兄嫁が亡くなって久しいですが
甥のお嫁さんも大の薔薇好きです。


DSC_7561 (427x640) 




DSC_7630 (640x385)

野茨の小さな赤い実は自宅に近い河川敷で見かけますが、園芸の薔薇は
剪定するので、名花の薔薇の実は初めて見ました。




DSC_9912 (640x385)

お嫁さんも私も一番好きなピエール・ドゥ・ロンサール。
一季咲きなので帰り花になりますが、初夏に開く大輪のカップ咲きは
見事なまでに華麗です。

夫の母も花が好きでした。義兄嫁も甥のお嫁さんも、3代続いて花好き
とは嬉しいことです。
亡き義兄嫁にはお世話になりました。年末年始は田舎で過ごすのが恒例
だったので、懐かしい思い出が蘇ってきました。

   もてなしの日をあつめたる蒲団かな     コウコ

山里の自然が好きなのは夫の影響かもしれません。これからも田舎の
自然を撮り続けたいものです。
初夏には薔薇を撮りに訪れたいと思います。


ご覧下さり有難うございました。

晩秋の蜆蝶&露

2015.11.23.Mon
2015年11月23日

DSC_7454 (640x384)

黄褐色に染まった野に、名残りの花を求めて蜆蝶が来ていました。
あたりは乾いた冷ややかな風が吹き、秋の終わりが近いことを感じ
させます。




DSC_7362 (441x640) DSC_7384 (443x640)

 ヤマトシジミ(大和蜆蝶)が淡紫色の小さなアレチハナガサ
(荒地花笠)の花を吸蜜しています。




DSC_7441 (461x640) 



晩秋には蝶の姿もめっきり減りましたが、小型の蜆蝶は残っていました。



DSC_7081 (640x385)

ベニシジミ(紅蜆蝶)はセイタカアワダチソウ(背高泡立草)に
来ていました。




DSC_7073 (640x427)



風に揺れ、草にしがみ付きながら長々と吸蜜をする蜆蝶たち。



DSC_7092 (640x430)



                *


アレチハナガサとセイタカアワダチソウは帰化植物で繁殖力は
凄まじく、在来種を追いたてる勢いです。

ススキ(芒)やノジギク(野路菊)を見かけるとほっとします。

DSC_7636 (428x640)

ススキ(芒)の穂に鮮やかな紅葉を添えるハゼノキ(櫨の木)。




DSC_7583 (640x427)

ノジギク(野路菊)


                ***





DSC_7528 (640x383)

気温差の激しい夜明けは、雨が降ったように草むらが濡れています。
冷え込んだことで、空気中の水蒸気が水滴となって草に付きました。
朝日が射すと露は反射して美しく輝きます。


   露の世に奇しくも出逢い夫婦かな     コウコ
   露の世や晩年にして見えるもの      コウコ


しかしそれも束の間、露は儚く消えてしまいます。
このような露に託して、折に触れ感慨を詠んできました。




DSC_7508 (640x384)



 稲畑汀子選 (朝日俳壇)
   子に残る親の面影露けしや     コウコ

   


ご覧下さり有難うございました。[全文表示]

日常の光景

2015.07.20.Mon
2015年7月20日

野鳥の少ないこの時季、フォト散歩で出合ったスズメとドバト
そしてネコを撮りました。

まず、小路でのスズメの捕食シーンです。

DSC_3720 (640x443)

カマキリの足を咥えています。



DSC_3731 (640x446)

必死に抵抗するカマキリを、何度も地面に押し付けていました。



DSC_3739 (640x444)


やっと動かなくなったカマキリ・・・
と思いきや


DSC_3765 (640x442)


仮死状態から再び暴れ出したので、地面に叩きつけ
懸命に格闘しています。


DSC_3772 (640x443)



DSC_3775 (640x443)

通行人の足を止めての、約30秒間の長い捕食シーンでした。
カマキリの息を止めると、そのまま咥えて何処かに飛んで
行ってしまいました。

               ***


DSC_2199 (640x426)

河川敷にいたドバトが、なにやら下を眺めています。



DSC_2200 (640x445)

やおら下に降りると、慎重に歩き出しました。



DSC_2206 (640x385)

メスに積極的にアタックし始めたオス。



DSC_2230 (640x425)

初めはゆっくり接近し・・・



DSC_2216 (640x385)




DSC_2231 (640x426)

熱心に口説き始めてみたものの・・・



DSC_2224 (640x383)

スルリと通り抜けられ・・・


DSC_2208 (640x384)

トホホ・・・どの娘も振り向いてはくれませんでした。


               ***


ご近所のニャンコが小路を塞いでいます。

DSC_1477 (640x442)

「ちょっと、こんなところで無防備じゃないの」



DSC_1481 (640x445)

ネコ 「ストレッチなんで、お構いなく」



DSC_1483 (640x443)

ネコ 「久々の晴れ間、やっぱり外が一番よ」



DSC_1495 (640x443)

ネコ 「運動不足で首と肩が凝っちゃったの」



DSC_1503 (640x444)

ネコ 「青空が広がって気持いい~
    あなたも寝ころんでみたら」



DSC_1528 (640x443)

 ネコ 「ストレッチはこれでお終い・・・なんだかお腹が
     すいちゃった~」


カメラを持つと、目の前の光景にシャッターを切りたくなります。
ただ通り過ぎていた頃と違い、立ち止まることで、日常が生き
生きと見えてきました。


ご覧下さり有難うございました。

梅雨最中

2015.07.04.Sat
2015年7月4日

梅雨前線の停滞で晴れマークが消え、梅雨の晴れ間のフォト散歩が
出来ない日が続いています。
雨の日は関節の痛みで閉じ籠っていますが「止んだから出掛けるぞ!」
と夫の一声で、雨の合間の撮影に車を出してくれました。

DSC_3111 (640x427)

植栽されたハーブです。




DSC_3112 (443x640)

白とパープルのエキナセア(紫馬簾菊)




DSC_3115 (640x428)

エキナセアの背景には、たくさんの黄色い小花を咲かせたフェンネル
が・・・(茴香・ウイキョウ)




DSC_3119 (640x427)

フェンネルのパラソルを輝かす無数の雨粒。


               ***


ノウゼンカズラ(凌霄花)

DSC_3035 (640x427)




DSC_3318 (640x427)




DSC_3317 (640x384)

橙や赤のノウゼンカズラはよく見かけますが、ピンクは初めてでした。




DSC_3093 (640x424)

水晶のネックレスを想わせ、見事に繋がった雨粒。




DSC_3096 (640x429)

雨粒をまとったネムノハナ(合歓の花)が美しく、呉を滅ぼした傾国の
美女西施を想い浮かべました。

象潟や雨に西施がねぶの花      松尾芭蕉  「奥の細道」




DSC_3256 (424x640)

先端が黄色の苞から、青紫色の顔を出したアガパンサスの蕾。




DSC_3260 (640x428)



               ***



DSC_3233 (640x427)

雨粒に装飾された蜘蛛の巣。




DSC_2977 (640x428)




DSC_2987 (640x382)

ハート型の葉に、黄色い5弁の小さなカタバミ。




DSC_3054 (640x443)


梅雨時のキノコをあちこちで見かけました。


DSC_3298 (640x443)




DSC_3046 (640x427)

得たいの知れない物体?
一見、石鹸の泡のような感じで一抱えもありそうです。




DSC_3274 (640x428)

小さな池の可愛らしい睡蓮。




DSC_3279 (640x386)




DSC_3264 (640x422)

真っ赤な顔を見せたのは、ショウジョウトンボでしょうか。




     DSC_3302 (640x428)


梅雨時に出掛けてみれば、それなりの季節の美し
さに出会うことを知りました。
雨季の風情に感嘆しながらのフォト散歩でした。


ご覧下さり有難うございました。