FC2ブログ

夏鳥&旅鳥

2019.09.10.Tue
2019年9月7日

春以来、久々に水元公園(東京都葛飾区)を訪れました。

DSCN1057s.jpg

この時季、小合溜に水鳥の姿は一切見られず、所々で見られる水連が
見頃です。




炎天下、水面を渡る風に吹かれながら橋の下の白い水連を眺めました。

DSCN1063s_201909100947590e0.jpg




                *



森へ行けば何かにきっと出合える・・・と思いながら先を急ぎます。

DSCN1443s_201909100947434f7.jpg

森では、先ずコサメビタキを発見!(夏鳥・全長13cm)




DSCN1444s.jpg

お尻しか撮らせて貰えず、枝被りながら漸くこちらを向きました。
しかしそれも束の間、次に少し離れた高木へ移動です。




DSCN1512s_2019091009470219a.jpg

豆が弾けるように2,3羽が飛び跳ねています。飛んでいる虫を飛翔
しながら捕食している様子です。




DSCN1490s.jpg

やっとカメラが捉えたもののズームした途端、飛び出すありさまです。




DSCN1452s_201909100946080ec.jpg

追いかけてみると、今度はエゾビタキでした。(旅鳥・15cm)
コサメビタキより大きい感じです。




DSCN1464s.jpg

先程のコサメビタキも撮ることが出来ました。コンデジは腕には軽い
ものの、見上げたままなので首が痛みだし、遂にギブアップです。



               ***



次は道なりに水生植物園へ向かいました。

DSCN1320s_20190910094520371.jpg

蓮の花は終わりかけていましたが、楽しみが残されていました。




        DSCN1264s.jpg




オニバスが見頃です。

DSCN1381s_20190910094501b97.jpg

数羽のカルガモが寛いでいたので、一羽でもオニバスに近づいて来る
のを待ってシャッターを切りました。



                *



そうこうしているうちに、カワセミを待っていたカメラマンに動きが
ありました。

DSCN1268s_20190910094442df7.jpg

ここのところ姿を見せなかったカワセミが久々に来たとのことです。




一見何処にいるか分からなかったのですが、日参している方が教えて
下さいました。

DSCN1279s_20190910094420a3e.jpg

水面に近い薄暗い茂みの中に、鮮やかなコバルトブルーが光ります。




DSCN1296s.jpg

カワセミ♂は間もなく狩りを披露してくれましたが、手持ちなので
画像はブレブレです。




DSCN1301s.jpg

小魚を呑み込む寸前です。




DSCN1304s_201909100943200f8.jpg

アッと言う間に喉元へ!



                *



アオサギの見慣れぬポーズを見かけました。

DSCN1042s_20190910094300846.jpg





DSCN1045s_20190910094245ae0.jpg

正面に回ってみると、アオサギ独特の胡坐のようです。暑いので嘴を
開けて喘いでいました。




         DSCN1540s.jpg




コサメビタキは繁殖のために日本に飛来する夏鳥です。エゾビタキは
北の繁殖地と南の越冬地を往復する途中に日本を通過する旅鳥です。
これから夏鳥と旅鳥は南へ渡って行きます。


                *


鳥については初心者なので調べながら観察して書いていますが、晩年
にして初めて学ぶ愉しさを覚えました。

最後までご覧下さり有難うございました。

スポンサーサイト



チュウシャクシギの群れ

2019.09.06.Fri
2019年9月3日

旅鳥のシギ・チドリを探しに、夢の島から2km先の新木場(東京都
江東区)へ鳥見に行って来ました。

 DSCN0502s_20190906113350bc6.jpg

葛西海浜公園の方角から8羽の群れがこちらに向かって来ます。




DSCN0514s.jpg

空いているスペースを狙って舞い降りたのは、群れのチュウシャクシギ
でした。(旅鳥 ハト大で全長42cm)




DSCN0539s.jpg





以前出合ったチュウシャクシギは1~3羽で、8羽の群れは初めてです。

DSCN0536s.jpg





DSCN0531s.jpg

着地すると2,3羽ずつ寄り添っていましたが・・・。




暫くすると、それぞれが好物の蟹を探し始めました。

DSCN0774s_20190906113148387.jpg





DSCN0821s_2019090611293914e.jpg





DSCN0822s.jpg





DSCN0823s.jpg

岩の間を縫いながら丹念に探しています。




DSCN0852s.jpg

長い嘴を利用して岩の隙間に隠れている蟹を捕らえました。




DSCN0854s.jpg

目にも留まらぬ速さで丸呑みです。




DSCN0744s_20190906112724ce8.jpg

カワウの隣で一緒に羽繕いをするチュウシャクシギ。




DSCN0905s_20190906112704da8.jpg

チュウシャクシギ(全長42cm) カワウ(全長81cm)



               ***



DSCN0148s.jpg

単独で採餌に来ていたキョウジョシギです、(旅鳥 全長22cm)




DSCN0149s.jpg





DSCN0253s.jpg

岩の間の小石をひっくり返しながらの採食で、忙しく動き回って
います。




DSCN0074s.jpg

単独行動のイソシギをあちこちで見かけました。




DSCN9844s_20190906112524e23.jpg

2羽で舞い降りたコチドリです。動物食ですが、この個体は岩の表面を
嘴で盛んに突き回っています。距離があるので詳しくは分かりません。
(夏鳥 全長16cm)



                *



ウミネコとカワウの群れは大雑把に二手に分かれていました。
カワウの群れにいた親子です。

DSCN9718s_20190906112504f16.jpg





DSCN9735s.jpg

親のストレッチを見習っている様子でした。




DSCN9933s.jpg

ウミネコ(留鳥 全長47cm)の群れに、2羽のセグロカモメ(冬鳥
全長61cm)を見かけました。




DSCN9629s.jpg

足がピンクで嘴が黄色のセグロカモメ。羽搏いているウミネコ。




ウミネコ同士の餌の争奪戦です。魚を咥えて逃げるウミネコは昨年
に生まれ、追い駆けるウミネコはそれ以前の生まれです。

DSCN0663s.jpg  DSCN0664s.jpg
 
DSCN0666s_201909061122080a4.jpg DSCN0668s.jpg

年長のウミネコが、年少の捕まえた魚を奪い取ろうと追いかけ回して
います。先月観察したバンの兄弟では、一番子が後から生まれた雛に
餌を与えていました。野鳥の世界もさまざまです。



                *



旅鳥ではチュウシャクシギの群れとキョウジョシギに出合うことが出来
ました。日本で繁殖を終えたコチドリが南へ向かい始め、北からは越冬
のセグロカモメが飛来し始めました。


最後までご覧下さり有難うございました。

葛西臨海・海浜公園 8月下旬②

2019.09.01.Sun
2019年8月29日

暑くなりそうなので、予定の谷津干潟を近場の葛西臨海・海浜公園
に変更しました。

繁殖を終えたオオバンが上の池に帰ってきました。(冬鳥/留鳥)

DSCN9350s.jpg

今季初見です。




DSCN9362s.jpg

水生植物の水草等を食べています。




DSCN9374s.jpg

オオバンの上をカワセミ嬢が飛んで来ましたが、久しぶりねと言わん
ばかりに通過して行きました。




葦の根元には小魚が集まります。

DSCN9230s_201909011058422ee.jpg

ダイサギ、カルガモ、カイツブリがやって来ました。
意外なことに植物食のカルガモも小魚を食べています。




コサギとダイサギは通年見られますが、珍しくチュウサギが
飛来しました。(夏鳥)

DSCN9176s.jpg

ヨシ原で涼んでいる様子です。



                *



カワセミの観察窓を覗くと、さっきのカワセミ嬢は見当たりませんが
幼鳥♂が1羽来ていました。

DSCN9509s.jpg





DSCN9510s.jpg

逢うたびに可愛さが増す美少年のカワセミ君です。



                *



下の池の擬岩ではアオサギ、ダイサギ、コサギが飛び回っていました。

DSCN9522s.jpg

アオサギとコサギ。




DSCN9590s.jpg

常連が寛いでいると、嘴が黄色のチュウサギ(冬羽)が飛んできました。
上の池にいた個体でしょうか。




DSCN9593s.jpg

日本では夏季に飛来する夏鳥のチュウサギですが、渡りの途中に
立ち寄ってくれました。




               ***




次に葛西渚橋を渡って、先ず東西なぎさ間水路へ移動します。
東なぎさは相変わらずカワウとウミネコの大群が占めています。

DSCN8458s_20190901105616dfe.jpg




憧れの、下に反った長い嘴のシギを探しましたが肉眼では見えません。

DSCN8273s.jpg

ダイシャクシギ? ホウロクシギ? (旅鳥/冬鳥)



                *



海水浴体験が終了した西なぎさは閑散としています。
干潟ではウミネコの幼鳥が採餌に励んでいました。

DSCN8347s.jpg

容易に蟹を捕りましたが鋏で抵抗され、イタタタタタ!




DSCN8339s.jpg

吸水に降りた蝶も食べちゃいました。




DSCN8409s.jpg

大潮の広い干潟を猛スピードで駆けて行くキアシシギです。
「暑くてやりきれないよ!」と言った表情です。(旅鳥)
今日は日中36.4度の猛暑でカメラマンもあまり見かけません。
肌に涼やかな海風に救われました。炎天下とは言え秋の風です。



                *



ウミネコの前方、波間を漂う鴨がいます。(冬鳥)

DSCN8532s.jpg





DSCN8519s.jpg

一瞬、ハイブリッド?と想いましたがマガモ♂のエクリプス
(繁殖期を過ぎた後の一時的な地味な羽色)でしょうか。
早くも北半球から渡って来たか、或いは越夏の個体でしょうか。




真ん中にいるのはオオセグロカモメの幼鳥でしょうか。(留鳥/冬鳥)

DSCN8981s.jpg





DSCN8987s.jpg

暫く休憩すると砂浜から飛び立ちました。




DSCN8992s.jpg





DSCN8671s.jpg

手前からウミネコの幼鳥、オオセグロカモメの幼鳥、そしてコサギ
です。脚の色はそれぞれです。




ウミネコの幼鳥が棒を拾い、向きを変えては楽しんでいる様子です。

DSCN8938s_201909011052359cc.jpg DSCN8943s.jpg

DSCN8945s.jpg DSCN8946s.jpg





DSCN8569s_20190901105049913.jpg

一方、こちらのウミネコの幼鳥は青いビニール袋を咥えています。
(右がオオセグロカモメの幼鳥で、比較するとかなり大きいです。)




DSCN8552s.jpg

ビニール袋から水が飛び散るのを面白がっている様子です。2羽
の幼鳥は、棒と袋を落としては繰り返すという執着ぶりでした。

「遊びをせんとや生まれけむ戯れせんとや生まれけん」は
生きとし生けるもの全てに通じることなのかもしれません。


                *


鳥に遊んで貰い、逢いたい一心で今夏も元気に乗り切りました。
最後までご覧下さり有難うございました。

葛西臨海・海浜公園 8月下旬

2019.08.27.Tue
2019年8月25日

シギチドリの秋の渡りを観ようと久々に、先ず葛西海浜公園へ向かい
ました。

DSCN7482s.jpg

コサギとダイサギの彼方は、立ち入り禁止になっている自然保護区の
東なぎさです。




DSCN7589s.jpg

カワウとウミネコの大群が見えます。




DSCN7888s.jpg

手前に見えるのはオオセグロカモメでしょうか。(留鳥/冬鳥)




DSCN7777s.jpg

左にウミネコがやって来ました。




DSCN7944s.jpg

オオセグロカモメは交互によく飛び回っています。




DSCN7841s.jpg





DSCN7523s.jpg

証拠写真にもなりませんが、識別出来ない距離に1羽の嘴
の長い旅鳥を見つけました。ダイシャクシギでしょうか。


   
                *



東西なぎさ間水路ではソリハシシギとキアシシギを観察しました。

DSCN7601s.jpg

ソリハシシギは嘴が長く反り上がり、足は短く橙黄色です。(旅鳥)




DSCN7686s.jpg

休息中のソリハシシギは20羽以上で、思い思いにストレッチや
羽繕い、そして熟睡する個体もいました。




DSCN7625s.jpg





DSCN7724s_20190827211745246.jpg

採餌中のキアシシギが、ソリハシシギの傍を通りがかりました。
似た者同士で短めの足です。黄色のキアシシギの足は、橙黄色
のソリハシシギより少し長めです。




DSCN8167s.jpg

数羽のキアシシギはカニを捕まえて食べています。(旅鳥)




西なぎさの海水浴体験は今日が最終日です。

DSCN7013s.jpg

遊泳区域はロープで仕切られ、その先には2羽のカンムリ
カイツブリが泳いでいます。越夏している個体で西なぎさ
ではよく見かけます。



               ***



次に葛西渚橋を渡って葛西臨海公園へ移動します。

DSCN7247s.jpg

下の池の擬岩の観察窓を覗くと3羽のコチドリが餌を探して
いました。(夏鳥)




DSCN7222s_201908272116258b9.jpg

コチドリとコサギ。




DSCN7273s.jpg

コチドリはコサギ、ダイサギ、アオサギの合間を縫って
の採餌で、接近すると羽搏いて譲らざるを得ません。



                 *



下の池の水門で、カワセミがボラの稚魚を狙っています。

DSCN7051s_2019082721152853b.jpg





DSCN7040s.jpg

成鳥の雌です。




DSCN7031s.jpg

警戒して時々空を仰いでいました。




DSCN7057s.jpg

やがてコサギが来て次にダイサギが現れると、カワセミ嬢は
狩りを諦めて飛んで行ってしまいました。




移動した先は上の池の田んぼです。

DSCN7355s.jpg

ここの小さな池の水面を睨み、周囲を見渡していました。




カワセミ嬢がこの場を離れると、入れ替わりに幼鳥♂が2羽
やって来ました。

DSCN7122s.jpg

他所で生まれたようですが、行動を共にする兄弟でしょうか。




DSCN7185s.jpg



                *



鳥見の最後に覗いた上の池では、カワセミ嬢を見かけること3回目。

DSCN7028s_201908272112010e8.jpg





DSCN7411s_20190827211147b66.jpg

葦に掴まって狩りに集中です。




DSCN7454s.jpg

漸く小魚を仕留めました。




上の池はダイサギ、コサギ、アオサギ、カイツブリ、そしてヨシ原で
涼むカルガモが目につきますが、暫く佇んでいると遠目にカイツブリ
の雛が泳ぎ回っています。

DSCN7404s.jpg

親離れした個体でしょうか。何番子なのでしょうか。



                *



北半球から南へと、秋の渡りの途中に立ち寄った旅鳥のソリハシシギ
キアシシギ、ダイシャクシギ、冬鳥のオオセグロカモメ、越夏のカン
ムリカイツブリ等を観察しました。


最後までご覧下さり有難うござました。

谷津干潟 8月中旬

2019.08.20.Tue
2019年8月18日

冷房の効いた部屋に閉じこもっていると体が鈍ってしまうので、炎天へ
打って出る思いで谷津干潟(千葉県習志野市)へ鳥見に出かけました。

DSCN6271s.jpg

谷津干潟の干潮は1時間半遅れなので、見計らって午後2時半に到着。




秋の渡りのシギチドリはぼちぼちで、当てが外れる日もあるようです。
ちょっと残念でしたが、今日は馴染みの顔ぶれを観て来ました。




DSCN6450s_20190820222911031.jpg

キアシシギは数羽ずつ、あちこちで見かけるようになりました。
口笛に似た一拍三連の鳴き声をよく耳にします。(旅鳥)




DSCN6466s.jpg

カニが豊富なので、容易に捕まえては食べています。




DSCN6386s.jpg





DSCN6267s.jpg

カイツブリは潜水を繰り返しながら、キアシシギの傍を通りました。




DSCN6231s.jpg

こちらの6羽のキアシシギは飛翔しながら舞い降りたので分かり
ましたが、かなり遠いです。




DSCN6227s.jpg

右の2番目が青い標識をつけています。判読は出来ませんが「C6」
と「J2」は8年連続で谷津干潟に飛来しているそうです。
青い標識のある個体は三角干潟で見つけました。



                *



DSCN6272s.jpg

アオサギが次々と舞い降りて来ました。




DSCN6328s.jpg

こちらは、ゴカイ類を捕まえたアオサギの幼鳥です。




DSCN6318s_20190820222647ef7.jpg

ウミネコは捕まえた獲物に逃げられてしまいました。




DSCN6314s_20190820222626ad3.jpg

ウミネコ、ダイサギ、カルガモ。




DSCN6302s_20190820222603607.jpg

干潟に降りるダイサギも次第に数を増しています。



                *



DSCN6674s.jpg

干潟の真ん中に、何時の間にか数十羽の鷺が集まりました。




DSCN6792s.jpg

ダイサギとカワウが数十羽ずつで、コサギとアオサギが混じっています。




DSCN6739s_201908202224553fc.jpg





DSCN6801s.jpg





DSCN6770s.jpg

上げ潮に乗ってボラの大群が一気に入ってきたのでしょうか。潜水上手
なカワウが断然有利です。




DSCN6696s.jpg

谷津干潟は水路で東京湾とつながっています。潮の干満とともに海水が
干潟に出入りするそうです。ボラ、ハゼ、カレイ、スズキ、アカエイ等
を見かけます。



                *



谷津干潟到着時は、蝉の合唱が大音量なので驚きました。やがて耳が
慣れ、気にならなくなりました。

透明な翅のミンミンゼミ。

DSCN6665s.jpg DSCN6673s.jpg




茶色の翅のアブラゼミ。

DSCN6505s.jpg



                *



今日はアオサギ、ダイサギ、コサギ、キアシシギ、ウミネコ、カルガモ
カイツブリ、カワウの8種類を観察しましたが、谷津干潟自然観察セン
ターの「本日のフィールドノート」では、他にオナガガモ、イソシギの
計10種類でした。シギチドリの渡りのピークは8月下旬頃でしょうか。
もう一度訪ねてみたいと思います。


最後までご覧下さり有難うございました。